ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ロボット掃除機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ライブラリーをクラウド上に構築:
SMK、IRデータの無償トライアルサービスを開始
SMKは、家電製品のリモコンより送信される赤外線(IR)データを「SMK IRライブラリー」としてクラウド上に構築し、無償でIRデータを取得できる「トライアルサービス」を始めた。ライブラリーを活用すれば、スマートフォンなどから既存の家電機器を操作するシステムの開発が容易になる。(2022/6/14)

PR:Amazonタイムセール祭りで“コスパ抜群"な水拭き対応ロボット掃除機「DEEBOT」シリーズが割引
(2022/6/13)

「ルンバ」の動きをプログラミングで再現 教育用ロボット「Root」に新カリキュラム
ロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」で知られるアイロボットが、6月8日の「ルンバの日」に合わせてプログラミングロボット「Root(ルート)」の新しい教育カリキュラムを発表した。合わせて、ルンバをベースに開発された新型ロボット「Create 3」を教育市場向けに販売することも明らかにした。(2022/6/9)

「ルンバ」の動き再現するプログラミング教材、アイロボットが無償公開 日本未発売ロボットの貸し出しも
アイロボットジャパンは8日、小中学生向けのプログラミング教材「ルンバ エンジニアリングコース」を自社サイトで無料公開した。(2022/6/8)

知らないと損?業界最前線:
「ルンバ」を中国勢が猛追、日本メーカーの今後は? 最新ロボット掃除機市場
ロボット掃除機の代表的な製品といえば「ルンバ」。2002年の初代モデル発売以降、約20年間、国内シェアは1位。これを猛追するのが中国メーカーで、一方、日本メーカーは急速に存在感を失っている。今後さらに普及が進むだろうロボット掃除機について、市場動向を見ていく。(2022/6/2)

将来の労働力不足解消を目指す:
JR西、エレベーターを自動乗降する掃除ロボット導入へ 実証実験を開始
JR西日本メンテック(大阪市)と大阪ターミナルビルは5月31日、掃除ロボットがエレベーターを自動で乗降し、複数のフロアを清掃する実証試験を開始した。(2022/6/1)

PR:世の中のもの全部猫でいいよ……! 猫モデルにしたらかわいいもの4選
猫モデルのウォーターサーバー、なんと実在します!!!(2022/6/8)

知らないと損?業界最前線:
もはや1兆円規模のサブスク市場、パナ参入で家電も本格化
コロナ禍の巣ごもり需要でさまざまな家電が注目を集めたが、アフターコロナ、ウィズコロナの気運が高まる中、家電市場に訪れている大きな変化の1つがサブスクの広がりだ。22年度以降の市場規模は1兆円を超えるとされ、いろいろな家電製品がサブスクで利用できるようになっている。(2022/4/27)

PR:水拭きモップの自動洗浄にも対応 エコバックスの“本気”ハイエンドロボット掃除機「DEEBOT X1 TURBO」を試す
(2022/4/21)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向 ―― 電子版2022年4月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2022年4月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)は、『特許ポートフォリオを分析:TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向』です。(2022/4/15)

Appleの「探す」と連携予定 Ankerから忘れ物防止タグ2機種 AirTagにはないカード型も
アンカー・ジャパンは、財布に最適なカード型スマートトラッカー「Eufy SmartTrack Card」と、鍵などに取り付けるタグ型スマートトラッカー「Eufy SmartTrack Link」を発表した。(2022/4/13)

猫ちゃんにロボット掃除機がゴツゴツぶつかってくるけど…… まったく気にせず絶対に動かない姿に爆笑 【マレーシア】
頑固たる意思。(2022/4/13)

ルンバ、Siriでの音声操作に対応 アイロボットが大規模アップデート実施
アイロボットジャパンは4月6日、ロボット掃除機「ルンバ」と、床ふきロボット「ブラーバ」(無線LAN対応製品)の大規模なソフトウェアアップデートを行うと発表した。「iRobot Geniusホームインテリジェンス」のバージョンが4.0になった。Siriによる音声操作などに対応した。(2022/4/6)

「ルンバ」大規模アプデ 「Siri」による音声操作など追加へ
アイロボットジャパンは6日、お掃除ロボット「ルンバ」と床ふきロボット「ブラーバ」(Wi-Fi対応モデル)の大規模なソフトウェアアップデートを発表した。(2022/4/6)

これぞほぼ全自動で手間いらず:
メンテ作業不要のロボット掃除機で在宅ワークが快適に! エコバックス「DEEBOT X1」シリーズが狙うもの
エコバックスジャパンが、10万円台半ばから20万円前後の高機能ロボット掃除機の「DEEBOT X1」シリーズを発表した。日本市場はまだまだロボット掃除機の伸び代があるという、同社の狙いを聞いた。(2022/3/30)

PR:モップ自動洗浄も スペック重視派が喜ぶ最新ロボット掃除機登場
(2022/3/25)

オフィスも「ルーロ」でお掃除 パナソニック、ロボ掃除機の業務用サブスク開始
パナソニックが業務用小型ロボット掃除機「RULO Biz」開発。月額定額制の清掃プラットフォームサービスを販売する。(2022/3/22)

日本電気硝子がデモ:
全固体Naイオン二次電池でロボット掃除機を駆動
日本電気硝子は「第13回 国際二次電池展(春)」(2022年3月16〜18日、東京ビッグサイト)にて、開発中のオール酸化物全固体Na(ナトリウム)イオン二次電池を展示した。(2022/3/24)

ロボット:
東京港区の複合施設でEVと連携するロボの実証実験を実施、三菱地所とパナソニック
パナソニックは、経済産業省の補助事業「令和3年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業(ロボットフレンドリーな環境構築支援事業)」を受託した三菱地所に、ロボットメーカーとして協力し、東京都千代田区の複合施設で搬送ロボットとロボット掃除機の実証実験を行った。(2022/3/14)

ロボット開発ニュース:
パナソニックが工場など3領域でロボティクス推進、緩くつながる「共在感覚」も
パナソニックは2022年3月1日、同社が展開するロボティクス関連事業の技術や取り組みを紹介するオンライン技術セミナーを開催した。同セミナーでは、2022国際ロボット展で同社が展示する内容を紹介した。(2022/3/8)

賃貸住宅に先進家具を:
パナソニックの「家電サブスク」に想定以上の問い合わせ、新サービスの狙いは?
クルマに自転車、家具に洋服まで、“持たない暮らし”への需要が急増しつつある。そんな背景を踏まえ、パナソニックが物件オーナー向けの家電サブスク「noiful」(ノイフル)を開始した。どんなサービスなのかというと……。(2022/3/3)

外出中でも声だけで自宅の家電を操作できる「Echo Buds」(第2世代)を試して分かったこと
群雄割拠状態の完全ワイヤレスイヤフォンだが、ついにAmazonの「Echo Buds」の最新世代が日本で発売される。実機を試して分かったこととは何か。(2022/2/28)

PR:2022年、「ローカル5G」を簡単に導入できる時が来た NECの一体型基地局で実現
(2022/2/28)

ロボットセキュリティ最前線(1):
増えるロボットの活用領域、同時に高まるセキュリティの問題
人手不足やコロナ禍などにより、産業用ロボットやサービスロボットなど、ロボットの利用領域は急速に拡大している。一方でネットワーク化が進むこれらのロボットのセキュリティ対策については十分に検討されているとはいえない状況が続く。こうしたロボットセキュリティの最前線を取り上げる本連載。第1回となる今回は、ロボット市場全般の動向とセキュリティへの意識について解説する。(2022/2/28)

EC・キャッシュレス動向ウォッチ:
Amazonタイムセールが28日まで Apple製品やロボット掃除機など2ケタ割引
Amazon.co.jpが2月26〜28日までタイムセールを実施。ポイントアップキャンペーンも。(2022/2/27)

【Amazonタイムセール祭り】Ankerのワイヤレスヘッドホンが38%オフ! USBケーブルやモバイルバッテリーなどもお買い得に
スピーカーやロボット掃除機などもお買い得。(2022/2/26)

ロボット開発ニュース:
検知範囲を7倍に、自動走行地図作成も可能なパナの業務用ロボット掃除機
パナソニックは2022年2月22日、同年3月から同社が量産化予定の業務用ロボット掃除機「RULO Pro MC-GRS2M」の説明会を開催した。センサーレーダーの検知範囲を拡大した他、自動走行地図作成機能を持たせた。(2022/2/24)

ロボットの活用事例:
しゃぶ葉やガストが導入する「配膳ロボ」の実力は?  最先端、中国のロボット事情
2021年10月、すかいらーくグループは、全国2000店舗に中国製の配膳ロボットを導入すると発表。中国では、配膳ロボットのほか、レベル4の自動運転技術を備えた業務用掃除ロボットも導入が進む。中国ロボットの総合代理店を務める日本のテクトレ社と、すかいらーくグループにロボット活用事例を聞いた。(2022/2/23)

3歳息子の斬新な“カーリングごっこ”がかわいい 子どもの豊かな発想力に「感動した」「天才か」の声
未来のオリンピック選手かな?(2022/2/22)

エンジニアが知っておくべきAI倫理(1):
なぜ今AI倫理なのか? AIがもたらす「意図しない結果」を防ぐために開発者ができること
正しくAIを作り、活用するために必要な「AI倫理」について、エンジニアが知っておくべき事項を解説する連載。初回は、AIの普及により浮き彫りになった課題と、AI開発プロセスに内在するリスクについて。(2022/2/16)

Alexa対応で何が変わる? スマートスピーカー付きメッシュルーター「Deco Voice X20」で在宅勤務の環境を改善!
TP-LinkのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応メッシュWi-Fiルーター「Deco Voice X20」は、Amazon Alexa対応のスマートスピーカー機能を統合していることが特徴だ。メッシュWi-Fiルーターにスマートスピーカーが統合されると、どのようなメリットがあるのだろうか。実際に試してみよう。(2022/2/10)

サブスクプラン3カ月無料キャンペーンも:
広角カメラを使って障害物を効率的に回避――ロボット掃除機「ルンバ j7/j7+」が日本上陸 2月10日発売
米iRobotのロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」の新モデルが日本でも登場する。本体に搭載した広角カメラによって障害物をより効率的に避けられるようになった他、クリーンベース(ゴミ収集機)付きモデルではベースのデザインを横長とすることで、外観をスッキリとさせている。(2022/2/2)

ペットのうんち、吸い込んだら新品交換 新しいルンバはAIに自信
アイロボットジャパンは2日、床に散らばった靴下や電源コード、ペットの排泄物などを正確に避けて掃除するというロボット掃除機「ルンバ j7+」を発表した。(2022/2/2)

パナソニック調べ:
30〜40代既婚男女に聞いた「令和のしない家事、三種の神器」 3位は「洗濯乾燥機」、2位と1位は?
パナソニックが実施した「30・40代夫婦の家事に関するライフスタイル調査」で、家事負担軽減、家事時間削減のために購入したい家電1位は「食洗機」であることが分かった。他に共働き夫婦がお互いに思う家事分担比率などを比較した。(2022/1/27)

エアロバイクを漕ごうとすると→猫「抱っこ」 負荷が自らやってきて疲れるけどうれしい飼い主の漫画
猫「この振動が気持ちええんや……」(2022/1/24)

コロナ禍でも増加:
パワーカップル世帯の動向 夫の年収1500万円以上でも妻の約6割は就労
近年、共働き世帯が増え、妻が夫並みに稼ぐ「パワーカップル」の存在感が増している。年収分布、世帯数の推移、夫の収入別に見た妻の就労状況はどうなっているのか。ニッセイ基礎研究所の久我尚子氏が解説する。(2022/1/23)

赤い彗星も地に落ちたものだな…… シャアザクのプラモをボコったルンバに「丸い悪魔」「ルンバ・ラル」の声
認めたくないやつ。(2022/1/22)

ams オスラム TMF8820、TMF8821、TMF8828:
マルチゾーン検出機能搭載のdToFモジュール
ams オスラムは、マルチゾーン検出機能を搭載したdToFモジュール「TMF8820」「TMF8821」「TMF8828」を発表した。分割したゾーンごとに複数の障害物を5mの範囲まで検出できるため、LDAFや自動化システムのLiDARセンシングなどに適する。(2022/1/18)

22年の展望:
アイリスオーヤマ大山晃弘社長を直撃 売上高1兆円の目標にはこだわらず安定成長へ
アイリスオーヤマが、足元を固める安定成長に方向転換しようとしている。コロナ禍の影響などにより、部品の調達が当初予定した通りにいかなくなっていることなどが要因のようだ。22年以降の事業展開についてアイリスオーヤマの大山晃弘社長に聞いた。(2022/1/7)

【Amazon 初売り】コスパ最強モデル「ルンバ e5」が福袋で登場! 他にもブリタの浄水器、シャープの加湿空気清浄機など“家電の福袋”セールまとめ
ルンバの福袋が4万円!(2022/1/3)

【Amazon 初売り】レイコップの水拭きロボット掃除機が5000円OFFで登場! パワフルな清掃力で人気のモデル
アレル物質・細菌除去率90%以上。(2022/1/3)

【Amazon 初売り】アイリスオーヤマの福袋がお買い得 電気圧力鍋・食洗器・ロボットクリーナーの3点セットが年初来最安など
なくなる前に急げ!(2022/1/3)

+Style、61点が最大52%オフの「クリスマスセール 2021」開催 抽選でIoT商品が当たる
+Styleは、12月17日〜12月26日に61点が最大52%オフになる「+Style クリスマスセール 2021」を開催。セール対象商品の購入者の中から抽選でIoT商品など11アイテムが当たる「+Styleからのクリスマスプレゼント」も行う。(2021/12/17)

『大人の科学マガジン』から「自分で作る卓上ロボット掃除機」登場 2012年の名作ふろくを令和に復刻
部品や説明書と一緒に、機構を解説したガイドブックも同封しています。(2021/12/11)

Amazonがブラックフライデーの人気商品第2弾を発表 Ankerの小型プロジェクターやECOVACSのロボット掃除機が売れ筋
残りあと2日!(2021/12/1)

渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
イメージ通りです。(2021/12/1)

Amazonブラックフライデーでアンカー180製品以上が最大50%オフ
アンカー・ジャパンは、11月26日〜12月2日に開催されている「Amazonブラックフライデー」で180製品以上を最大50%オフで販売。ラインアップはUSB急速充電器や完全ワイヤレスイヤフォン、ポータブル電源など。(2021/11/26)

【Amazonブラックフライデー】コスパ最強モデル! ロボット掃除機「ルンバ e5」が初セールで8000円OFF
エントリーモデルの「ルンバ 692」も安くなってます。(2021/11/26)

【Amazonブラックフライデー】Ankerグループ180製品以上が最大50% 急速充電器「Anker Nano II 45W」がセール初登場
コンパクトな充電器もセールに。(2021/11/26)

ちょっと寝ようとしたときに限って、猫が…… 突然の“ロボット掃除機ハプニング”を描いた漫画があるある
めっちゃわかる。(2021/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。