ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか石野純也のMobile Eye(1/3 ページ)

» 2024年05月25日 06時00分 公開
[石野純也ITmedia]

 Xiaomiは、サブブランド的に展開しているPOCOの新モデル「POCO F6 Pro」を5月23日に海外で発表した。グローバル発表と同時に、日本での展開も明かされ、その価格も公表された。POCO F6 Proは、いわゆる「N-1」と呼ばれる1年前のプロセッサを搭載したハイエンドモデルで、処理能力などの性能は高い一方で価格は6万9980円(税込み、以下同)からに抑えている。円安の為替相場が続く中、ハイエンドモデルでわずかながら7万円を下回る価格は破格の安さと言っていいだろう。

POCO
POCO 激安ハイエンドモデルとして登場したPOCO F6 Pro。グローバルと同日に、日本での展開も発表された

 日本では、2022年に「POCO F4 GT」を発売したXiaomiだが、2023年は後継の投入を見送っていた。一方で、そのコストパフォーマンスの高さから発売を望む声は多く、晴れてPOCO F6 ProでPOCOブランドが復活する形になった。POCOは、オンラインでの販売を重視したブランドでXiaomiとのすみ分けを図っている。とはいえ、日本ではまだまだECでスマホを購入する割合が低い。こうした壁を、Xiaomiはどう打破していくのか。その戦略を解説していく。

ゲーミングの要素は抑えつつも、ハイエンドスマホに迫る完成度

 側面にポップアップで出現するキーを備えるなど、“ゲーミングスマホ”要素の強かったPOCO F4 GTだが、新たに発売するPOCO F6 Proは、冷却機構やソフトウェアに要素を残しつつも、よりスタンダードなスマホとして仕上げられている。プロセッサにはハイエンドモデル向けの「Snapdragon 8 Gen 2」を採用。ディスプレイも1440×3200ピクセルと高解像度な有機ELで、1Hzから120Hzにリフレッシュレートが可変する機能も盛り込まれている。

POCO 側面にゲーム用のキーを備えていたPOCO F4 GTとは異なり、POCO F6 Proは比較的シンプルなスマホに仕上げられている

 カメラは、Xiaomiの独自設計を入れた「Light Fusion 800イメージセンサー」を搭載しており、同社がこれまで培ってきた画像処理技術を実現する「Xiaomi Imaging Engine」も内蔵する。Snapdragon 8 Gen 2の高い処理能力を生かし、AIもフル活用している。Pixelシリーズでおなじみの「消しゴムマジック」に近い、被写体の写り込みを消すことが可能な「AI Magic Erase Pro」に対応している他、周囲を描き足すことで写真を拡大できる「AI Expansion」も利用できる。

POCO メインカメラはLight Fusion 800を採用。暗所での画質が高い
POCO AI ExpansionなどのAIを生かした機能も備える

 Xiaomiといえば、ソフトバンクとタッグを組んでアピールした充電技術も有名だが、POCO F6 Proも、最大120WのHyperChargeに対応する。専用の充電器は必要になるが、バッテリー切れの状態から、わずか19分で100%まで充電できるスピードは驚異的だ。その一方で、バッテリー寿命を延ばしたり、充電時の安全性を高めたりする機能も搭載されている。こうした充電をつかさどる「smart charging engine」を搭載しているのも、POCO F6 Proの特徴だ。

POCO 120WのHyperChargeに対応。その充電速度は同じXiaomiのフラグシップモデルより速く、わずか19分で100%まで充電できる

 プロセッサこそ、2023年のフラグシップモデル向けのSnapdragon 8 Gen 2で、最新モデルに搭載される「Snapdragon 8 Gen 3」よりやや性能は劣るものの、それでもここ数カ月の間に発売されたミッドレンジモデルより、パフォーマンスは高い。AnTuTuベンチーマークでのスコアは160万点を超えており、使用感に関しては、ハイエンドモデルに勝るとも劣らない。

【訂正:2024年5月25日10時10分 初出時、AnTuTuベンチマークのスコアに誤りがありました。おわびして訂正いたします。】

POCO プロセッサは1年前のフラグシップモデルと同じで、処理能力は高い

 にもかかわらず、POCO F6 Proは6万9980円からと安い。POCO F6 Proが属するPOCOブランドの最上位ラインは「フラグシップキラー」をキャッチフレーズにしているが、まさにフラグシップモデルの市場を破壊しかねない価格設定だ。実際に触ってみると端末の質感は高く、チープさは感じられない。月面をイメージしたという背面の模様はやや人を選ぶ印象も受けたが、端末の完成度は高いといえる。

POCO
POCO 価格は6万9980円から。ストレージを512GBに増やしたバリエーションでも、7万9980円だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  7. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
  10. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー