Xiaomiの「POCO F5/Pro」発表 冷却構造やメモリ拡張機能搭載で約4万4000円から

» 2023年05月10日 02時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 中国Xiaomiが展開するスマートフォンブランド「POCO」が、「POCO F5」「POCO F5 Pro」の2機種をグローバル発表した。価格はPOCO F5が329ドル(約4万4000円)から、POCO F5 Proが429ドル(約5万8000円)からとなる。

POCO Xiaomi ゲーミング スマホ POCO F5
POCO Xiaomi ゲーミング スマホ POCO F5 Pro

 POCO Fシリーズはフラグシップ級のパフォーマンスを発揮し、低価格ながらゲーミングなどの用途にも十分活用できるとアピールされるシリーズだ。

 プロセッサはF5がQualcommの「Snapdragon 7+ Gen 2」、F5 Proが「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載。省電力性とパフォーマンスの両立を図るという。特にSnapdragon 7+ Gen 2は「Snapdragon Elite Gaming」のハイエンドゲーミング機能の自動可変レートシェーディング(VRS)などで、コンテンツをフル解像度かつ焦点を合わせたレンダリングが可能。背景を低解像度でレンダリングし、省電力とパフォーマンスの最適化を図る点がトピックで、商用端末への搭載が3月に告知されていた。

 さらに、冷却性能「LiquidCool Tecnology 2.0」を取り入れたこともポイント。F5は放熱を行うための特殊素材、銅線のベイパーチャンバー(3725平方ミリメートル)、グラファイトシート(1万平方ミリメートル)を配置。F5 Proはステンレスのベイパーチャンバー(5000平方ミリメートル)、グラファイトシート(6933平方ミリメートル)を配置。熱伝導効率を高めるとともに、急速な冷却による安定駆動をうたう。

POCO Xiaomi ゲーミング スマホ 冷却構造のイメージ

 OSはどちらもAndroidベースのMIUI14となる。メモリとストレージの結合でメモリを13GBか19GBに拡張する機能を搭載する。

  • F5:8GB+256GB/12GB+256GB
  • F5 Pro:8GB+256GB/12GB+256GB/12GB+512GB

 ディスプレイはどちらも6.67型の有機ELを搭載。HDR 10+やドルビービジョンをサポートする。解像度は5F Proが1440×3200、F5が 1080×2400だ。最高輝度は5F Proが1400ニト、F5が1000ニト。DCI-P3の色域をカバーする他、680億色での表示が可能となっている。カバーガラスは160cmの高さから道路などの粗い地上に落下しても80%の確率で破損しないCorning Gorilla Glass 5を採用している。

POCO Xiaomi ゲーミング スマホ ディスプレイはどちらも6.67型の有機ELとなる

 アウトカメラはどちらも6400万画素/F値1.79のメインカメラ、800万画素/F値2.2の超広角カメラ、200万画素/F値2.4のマクロカメラを搭載。F5 Proは8K解像度での動画撮影が可能だ。インカメラはどちらも1600万画素/F値2.45の単眼となる。

POCO Xiaomi ゲーミング スマホ F5 Proのアウトカメラ構成
POCO Xiaomi ゲーミング スマホ F5のアウトカメラ構成

 バッテリーはF5 Proが5160mAh、F5が5000mAh。特にF5 Proは30Wワイヤレス充電と67Wの有線充電に対応する点がポイントで、32分で50%までワイヤレス充電できる。F5も67Wの有線充電が可能だが、ワイヤレス充電には対応しない。

POCO Xiaomi ゲーミング スマホ F5 Proのみワイヤレス充電に対応する

 通信規格は次の通り。

F5

  • 5G Sub-6:n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
  • 4G LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/20/28/66
  • 4G LTE TDD:B38/40/41

F5 Pro

  • 5G Sub-6:n1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
  • 4G LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/28/66
  • 4G LTE TDD:B38/40/41

【訂正:2023年6月9日20時45分 初出時、「POCO F5」「POCO F5 Pro」の対応バンドの記載に誤りがありました。おわびして訂正いたします。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 楽天モバイルの「株主優待SIM」は事業への理解を深めることが目的?(それはそれでアリ) (2024年07月13日)
  2. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  3. 「Galaxy Z Fold6/Z Flip6」は何が変わった? 折りたたみ×AIで新たな価値提案へ (2024年07月13日)
  4. 約11万円の「Apple Watch」が6万円台に 「AirPods Pro(第2世代)」もお買い得【Amazonプライムデー先行セール】 (2024年07月11日)
  5. SIMセットで中古iPhoneが最安1円に ゲオがセール開催 (2024年07月12日)
  6. 楽天モバイルの“株主優待SIM”を使ってみた 毎月30GBを1年間、サブ回線の運用に最適 (2024年07月08日)
  7. Y!mobileの「OPPO Reno11 A」が3万9600円→1万8000円に 10周年キャンペーンでセール (2024年07月12日)
  8. ダイソーで110円の「スイッチ付(USB)Type-Aケーブル」を便利に使う方法を探る 「USBデスクライト」のスイッチとして最適な反面注意点も (2024年07月13日)
  9. アンカーが「Amazonプライムデー」に参加 260製品以上を最大50%オフに (2024年07月10日)
  10. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー