ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ハイエンド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ハイエンド」に関する情報が集まったページです。

コンパクト頂上決戦「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」を徹底比較する
片手で使いやすい5G対応のコンパクトハイエンドスマホ「iPhone 12 mini」と、大画面での使いやすさを両立した「Xperia 5 II」を比較してみた。(2021/1/11)

コンセプトが異なる「iPhone 12 Pro Max」と「Xperia 1 II」のカメラで撮り比べ どちらが優秀?
日本で人気の2大ハイエンドスマホiPhone 12 Pro MaxとXperia 1 II。両者のカメラ機能について徹底的に比較してみた。(2021/1/10)

Mobile Weekly Top10:
2020年を代表するスマートフォンたち/ドコモの「ミリ波5G」の実力
その年を代表するスマートフォンを選定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2020年も行われました。今回は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」のそれぞれで選ぶことになりましたが、果たしてどのスマホが選ばれたのでしょうか……?(2021/1/6)

ハロー、自作キーボードワールド 第9回:
地上波進出、ハイエンドキーボードの流行──2020年の自作キーボード振り返り
2020年には「マツコの知らない世界」でも紹介された自作キーボード。2020年の主なトピックやトレンド変化を振り返る。(2020/12/31)

ついに発表! 2020年を代表するスマートフォンは?
2019年12月17日から2020年12月中旬までに発売されたスマートフォンの中からベストな機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で5機種ずつ、最終的に各部門で1機種を選定します。今回は審査員の配点とコメントを紹介。栄冠を手にしたモデルは?(2020/12/28)

古田雄介の週末アキバ速報:
入手困難なRyzen 9 5900Xが複数店に入荷――でも枯渇が多発する年末年始事情
年末年始は、人気のハイエンドGPUやCPUが枯渇気味なまま迎えることになりそうだ。その空気感を探った。また、100円でHDDを破壊&回収してくれるサービス「黒歴史最終処分場。」も始まっている。(2020/12/26)

「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」開催 「ハイエンド」「ミッドレンジ」で計10機種がノミネート
ITmedia Mobileでは、2020年を代表するスマートフォンを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2020」を開催。2020年は「ハイエンド部門」と「ミッドレンジ部門」に分け、各部門で1機種を選定した。今回は最終候補に残った10機種を発表する。(2020/12/18)

Apple、ハイエンドMacBook ProとiMac Proを2021年に発売か
今のはハイエンドではない。エントリーだ。メラゾーマならぬハイエンドは2021年には登場するようだ。(2020/12/17)

サードウェーブ、Radeon RX 6900 XTを搭載したハイエンドゲーミングPCを発売
サードウェーブは、ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズにRadeon RX 6900 XT搭載ハイエンド構成モデルを追加した。(2020/12/14)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiなら、約5万円でSnapdragon 865+1億画素カメラ搭載スマホが手に入る
Xiaomiと言えばハイエンド・高コスパモデルを得意としますが、9月に発表された「Mi 10T」シリーズは、Xiaomiらしい優れた製品に仕上がっています。「Mi 10T Pro 5G」は5万円台ながら、Snapdragon 865や1億画素カメラを搭載しています。スペックを抑えた「Mi 10T 5G」もあります。(2020/12/10)

異なるシステムを柔軟に構築:
NXP、拡張性を備えた第5世代レーダー製品群を発表
NXP Semiconductors(以下、NXP)は2020年12月7日(オランダ時間)、自動車向けに、新しいトランシーバーとプロセッサから成るレーダーセンサーソリューションを発表した。自動車の四方を検知する、コスト重視のNCAP対応コーナーレーダーから、高精度環境マッピングなどを実現できるハイエンドの4Dイメージングレーダーまで対応できる、拡張性を実現した製品となっている。(2020/12/10)

GeForce RTX 3080と比べてどう? AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」の実力をチェック!
AMDの新型GPU「Radeon RX 6900 XT」が間もなく登場する。Radeon RX 6000シリーズのフラグシップとして、競合のハイエンドGPUを超える性能を有するという。その実力を、ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2020/12/9)

Apple、M1後継を多数準備中か Intelハイエンド上回る32高性能コア、NVIDIAやAMDの数倍性能のGPUも
M1はまだローエンド。さらにミッドレンジ、ハイエンドのApple Siliconが準備されているという。(2020/12/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カジュアルカラーのハイスペック機「Galaxy S20 FE」 ノーマルS20との違いは?
海外ではGalaxy S20シリーズの派生モデルとして「Galaxy S20 FE」が販売されています。フラットディスプレイの採用やカメラの組み合わせ変更により、価格を下げています。ハイエンドスペックのミドルレンジ的な製品といえます。(2020/12/2)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit Digital 2020:
5G時代の本命プロセッサ「Snapdragon 888」が登場 865から何が進化した?
Qualcommがハイエンドプロセッサ「Snapdragon 888」を発表した。5Gモデムとして第3世代にあたるX60 Modem-RF Systemを採用し、省電力性能を改善。Snapdragon 888を搭載した第1号機として、Xiaomiが2021年初頭に「Mi11」を投入する。(2020/12/2)

Qualcomm、5G強化のハイエンドスマホ向け次期プロセッサ「Snapdragon 888」発表
Qualcommが、フラグシップスマートフォン向けの次世代ハイエンドプロセッサ「Snapdragon 888」を発表した。5Gモデム「X60」を統合し、AIエンジンも搭載する。シャープやLGの2021年のフラグシップ端末に搭載される見込みだ。(2020/12/2)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 12 miniこそ「小型スマホ」の本命?/“真水”の携帯料金はいくらですか?
iPhoneとしてはもちろん、5GスマホとしてもコンパクトなiPhone 12 mini。「ハイエンドかつコンパクトなスマホが欲しい!」という人には、現時点で最良な選択肢なのかもしれません。(2020/11/30)

古田雄介のアキバPick UP!:
11度の傾斜でマザーボードを搭載するMini-ITXケース「ROG Z11」が登場!
Mini-ITXケースでハイエンドパーツを組み込むニーズが増している中で、ROGブランドからモンスター仕様のケースが登場した。また、「初音ミクNT」の発売も始まっている。(2020/11/30)

ついにハイエンドで“ガチンコ”勝負 AMDの新型GPU「Radeon RX 6800/6800 XT」の実力をチェック
間もなく発売するAMDの新型GPU「Radeon RX 6800」「Radeon RX 6800 XT」。同社初のハードウェアリアルタイムレイトレーシング(RT)に対応したことを始めとして、注目点は多い。RT対応の“先輩”であるGeForce RTX 30シリーズと比較しつつ、その実力をチェックしていく。(2020/11/18)

CPUはXeonからEPYCに:
NVIDIAが新型AIワークステーション「DGX Station A100」を発表 2020年末までに発売
AIデータ処理に特化したNVIDIA製のワークステーションに新モデルが登場する。CPUをIntelのXeonからAMDのEPYCに変更した他、AmpereベースのハイエンドGPU「NVIDIA A100」を4基搭載することで「データセンター並みの機械学習処理を机の下で実現」した。(2020/11/16)

次期「iPhone 13 Pro」は超広角が可変焦点に?
おなじみクオ氏の予想。来年のハイエンドiPhoneでは超広角カメラが大幅に改善されるらしい。(2020/11/9)

「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」のスペックを比較 大画面ハイエンド5Gスマホの特徴は?
2020年の冬商戦で大画面のハイエンドスマートフォンを買いたいけれど、どれがいいのか迷っている――そんな人もいると思います。そこで、5Gに対応する「iPhone 12 Pro Max」と「Galaxy Note20 Ultra 5G」「Xperia 1 II」の3機種の主な特徴を横並びで比べてみました。(2020/11/5)

IntelがデスクトップPC向け第11世代Coreプロセッサ(Rocket Lake-S)の概要を発表 PCIe 4.0は最大20レーン
Intelが2020年1〜3月に発表する予定のデスクトップPC向け「第11世代Coreプロセッサ」(開発コード名:Rocket Lake-S)の概要を発表した。先行するモバイル向け(開発コード名:Tiger Lake)の要素を取り込みつつ、ハイエンドなゲーミングPCでの利用を意識してPCI Express 4.0のレーン数を最大で20まで増やした。(2020/10/30)

「ZenFone 7 Pro」レビュー 進化したフリップカメラやMVNOでの5Gを試す
ASUS JAPANから3眼フリップ式カメラと最新ハイエンドCPUのクアルコム製Snapdragon 865 Plusを搭載した5G対応スマートフォン「ASUS ZenFone 7 Pro」、「ASUS ZenFone 7」が発売された。ZenFone 7 Proの実機を見つつ、実際の性能や使い勝手を紹介していく。(2020/11/1)

価格、パフォーマンス、消費電力の“三方良し” 「GeForce RTX 3070」徹底レビュー
10月29日22時に発売される「GeForce RTX 3070」は、GeForce RTX 30シリーズのエントリー製品である。メーカーのNVIDIAは前世代のハイエンド「GeForce RTX 2080 Ti」とほぼ同じか、それを超える性能を発揮するというが本当なのだろうか。ベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2020/10/27)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
モトローラのスマホは「2019年度比で倍以上に」 ハイエンド機にも意欲 松原社長に聞く
ミドルレンジモデルの販売が上向いていることを好機と捉え、モトローラは日本での事業をさらに拡大しようとしている。その一環として、7月1日には松原丈太氏が社長に就任。松原氏は、ハイエンドモデルも含め、モトローラ端末のバリエーションを広げていきたいと語る。(2020/10/26)

国内では貴重なCore i7搭載のハイエンドChromebook「ASUS Chromebook Flip C436FA」を転がしてみた
ASUS JAPANとして初めて国内にChromebookを投入してから6年を経て、コンシューマー向けにハイエンドモデルを投入する。ASUSのChromebook初となる要素が満載の「ASUS Chromebook Flip C436FA」をチェックした。(2020/10/26)

フラグシップだがハイエンドじゃない――「Google Pixel 5」がミドルレンジスマートフォンになった理由
Googleが10月15日に発売した新型スマートフォン「Pixel 5」は、従来のフラグシップモデルとは異なり「ハイエンド」ではなく「ミドルハイレンジ」のスペックとなっている。そこにはどのような理由があるのだろうか。(2020/10/21)

Googleさん:
最先端をやめたPixel 5、でも手に馴染む Pixel 4ユーザーが使ってみて感じたこと
Google純正Androidスマートフォンとしての最新ハイエンドモデル「Pixel 5」を使ってみました。いままでにない色「Sorta Sage」のバイオレジンでコーティングしたアルミ筐体の手触りは優しく、手に馴染みます。(2020/10/18)

GeForce RTX 3080搭載:
2〜3年間は最前線で戦えるスペック マウスコンピューターの超ハイエンドゲーミングPC「G-Tune EP-Z」を試す
マウスコンピューターが「G-Tune」ブランドからGeForce RTX 30シリーズを搭載するゲーミングデスクトップPCを発売した。今回は、その中でもハイエンドに位置する「G-Tune EP-Z」を全力でレビューする。(2020/10/16)

G-Tune、GeForce RTX 3090搭載ハイエンドモデルなど計4製品を投入
マウスコンピューターは、G-TuneブランドからGeForce RTX 3080/3090搭載ハイエンドゲーミングPC計4製品の販売を開始する。(2020/10/8)

Xiaomi、5G対応「Mi 10T」シリーズ発表 Mi 10T Proは1億800万画素カメラや144Hz駆動ディスプレイを搭載
Xiaomiがやや低価格の高性能5Gスマホ「Mi 10T」シリーズを発表した。ハイエンドの「Pro」は1億800万画素カメラを搭載し、リフレッシュレートは144Hz(下げることも可能)。価格は599ユーロ(約7万4000円)からだ。(2020/10/1)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch Series 6」「SE」はどちらを選ぶべきか 1週間使ってみた実感
ハイエンドの「Apple Watch Series 6」か、スタンダードな「Apple Watch SE」か――。実機を1週間以上使い比べてみた上で、それぞれのモデルがどのようなユーザーに向いているのかをあらためて考える。(2020/9/29)

古田雄介のアキバPick UP!:
20〜24万円でRTX 3090カードがデビュー! もRTX 3080と同じく枯渇気味
予定通り、NVIDIAのGeForce RTX 3090搭載カードが各社から登場した。RTX 3080同様に初回入荷分はおしなべて売り切れとなり、各ショップのハイエンドグラフィックスカード用の棚はブランク状態になっていた。(2020/9/28)

TSUKUMO、Ryzen 9+RTX 3090を搭載したハイエンドゲーミングPCを発売
Project Whiteは、最新ハイエンドGPUのGeForce RTX 3090を標準搭載したゲーミングPCを発表した。(2020/9/25)

初号機はXiaomiから:
Qualcommがミドルハイ向け「Snapdragon 750G 5G」を発表 搭載製品は2020年末までに登場
Qualcommが、ミドルハイレンジ端末向けの新型プロセッサを発表した。ハイエンドプロセッサの機能を厳選して備えたことが特徴で、搭載製品は2020年末までに登場する予定だ。(2020/9/23)

全てのハイエンドが“過去”になる――4Kゲーミングの最高峰「GeForce RTX 3080」先行レビュー
日本でも9月17日に発売する「GeForce RTX 3080」だが、その実力はいかほどなのだろうか。発売前日だが、「Fouders Edition」(リファレンスカード)を使って先行チェックする。(2020/9/16)

QNAP、2.5GbEポートを4基備えた備えたハイエンドビジネス向け高機能NAS
QNAP Systemsは、Xeonプロセッサを搭載するハイエンドビジネス向けのNAS「TS-h686」「TS-h886」を発表した。(2020/9/14)

MSI、300Hz駆動液晶を採用したCore i7+RTX 2070搭載のハイエンドゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、高リフレッシュレート表示対応の17.3型フルHD液晶を内蔵したハイエンドゲーミングノートPC「GS75-10SF-491JP」を発表した。(2020/9/10)

フィルム専門ブランド「GAURUN」登場 Amazonで半額セールも
シュピゲンジャパンは、ガラスフィルムを中心としたフィルムブランド「GAURUN」を販売開始。ハイエンドモデル「4Dプライムネット全面ガラスフィルム」などをそろえ、Amazonでは対象商品が50%オフになるキャンペーンを実施する。(2020/9/10)

崖っぷちのデジカメ各社 高機能や動画で生き残り 市場規模ピークから9割減
デジタルカメラ業界が新型コロナの影響で窮地に立たされている。スマートフォンの普及で廉価モデルが淘汰されているうえ、外出自粛で撮影機会が奪われ、高級機の需要まで減少しているのだ。各社は4K動画に対応するなど生き残りを図っている。(2020/9/7)

崖っぷちのデジカメ各社 高機能や動画で生き残り 市場規模ピークから9割減
 世界でも数少ない日本メーカーがトップシェアを誇るデジタルカメラ業界が、新型コロナウイルスの影響で窮地に立たされている。カメラ付きのスマートフォンの普及で安価なコンパクトデジカメが淘汰(とうた)される中、新型コロナ感染拡大に伴う外出自粛で撮影機会が奪われ、根強いファンの多い一眼カメラなど高級機の需要まで減少しているのだ。各社はユーザーのつなぎ留めを狙い、高機能化や動画撮影の充実で生き残りを図っている。(2020/9/4)

古田雄介のアキバPick UP!:
ハイエンドグラフィックスカードの売れ筋に次世代GeForceの影
MSIのRadeon RX 5700 XTカードなど、先週もハイエンドグラフィックスカードが店頭に登場している。このクラスで「様子見の空気が漂い始めてきた」と語るショップが一部で見られるようになってきた。(2020/8/31)

Mobile Weekly Top10:
ハイエンドXperiaがSIMフリーで登場/「Black Shark 3 Pro」は日本で発売されるのか?
ソニーモバイルコミュニケーションズが、XperiaのハイエンドモデルをSIMロックをかけずに販売することになりました。その成否やいかに……?(2020/8/25)

Huawei、米制裁で次期フラグシップ「Mate 40」がハイエンドKirin搭載最後の端末に
Huaweiのリチャード・ユー氏が深センでの講演で、9月15日以降は自社製ハイエンドプロセッサ「Kirin」を製造できなくなると語った。米政府による規制措置の影響だ。次期フラグシップ「Mate 40」がKirin搭載最後の端末になる可能性がある。(2020/8/10)

古田雄介の週末アキバ速報:
長尾製作所のオープンフレームケースにE-ATX版が登場!
PCパーツの“魅せる化”を牽引する長尾製作所から、E-ATXマザーボードに対応したオープンフレームケースが登場。お盆にウルトラハイエンドマシンを組む人に朗報だ。(2020/8/8)

布団から起き上がるとアラーム停止 ソニー「マルチファンクションライト」がモーション操作に対応
ソニーネットワークコミュニケーションズはモーション操作に対応した「マルチファンクションライト」のハイエンドモデルを発売する。価格は4万7000円前後(税別)。(2020/8/7)

Google、「Pixel 4/4 XL」は在庫がなくなり次第販売終了へ 「Pixel 5」発売前でも
Googleが、昨年10月に発売したハイエンド端末「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」の販売を現在の在庫がなくなり次第終了すると認めた。米国の公式ストアでは既に在庫なしになっている。廉価モデル「Pixel 4a」の発売は8月20日、後継の「Pixel 5」は予告はされたものの発売は今秋の見込みだ。(2020/8/7)

MSI、Quadro RTX 5000搭載のハイエンドモバイルWSなど2製品
エムエスアイコンピュータージャパンは、第10世代Core i9を標準搭載したハイエンド構成のモバイルWS「WS66」を発表した。(2020/8/6)

古田雄介のアキバPick UP!:
4TBで6万円切り!――サムスンSSD「870 QVO」が登場
サムスンから2.5インチSATA SSDの新シリーズ「870 QVO」が売り出され、世界999台限定のハイエンドマザー「Z490 AQUA」の展示も始まっている。最新の動向を追ってみた。(2020/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。