ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ノートPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ノートPC - ITmedia PC USER
質問!ノートPC→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でノートPC関連の質問をチェック

レノボ、透明ディスプレイ搭載のノートPCを初披露
現実の風景にデジタル情報を重ねて表示するようなコンテンツの制作や、クリエイティブ作業の効率的なコラボレーションを実現するという。(2024/2/26)

「Gemini」との違い
なぜ、GoogleはノートPCでも実行可能なAIモデル「Gemma」を発表したのか
Googleが発表した「Gemma」は、オープンソースのAIモデルだ。「Gemini」の開発と同じ技術を使用しているが、例えば「Gemini 1.5 Ultra」と比較するとサイズは小さい。開発の背景には何があるのか。(2024/2/26)

PR:12万円台でも意外とイケる? Ryzen 5+GeForce RTX 4050搭載「NEXTGEAR」ノートPCを試して分かったこと
マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「NEXTGEAR」が元気だ。その中でも、ノートPCながら13万円切りで用意された「NEXTGEAR J6」シリーズを細かくチェックした。(2024/2/22)

デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ
デル・テクノロジーズが、プレミアムノートPC「XPS 13」「XPS 14」「XPS 16」の新モデルを国内で発売した。いずれも最新のCore Ultraプロセッサを搭載し、オンデバイスAIの性能を高めている。(2024/2/21)

ASUS、第13世代Coreプロセッサを採用した法人向け14型/15.6型ビジネスノート
ASUS JAPANは、ビジネスノートPC「ExpertBook」シリーズに法人向けの新モデルを追加した。(2024/2/21)

サードウェーブ、Core i3を搭載したエントリー15.6型ノートPC 税込み7万9979円
サードウェーブは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを備えたエントリーノートPC「THIRDWAVE DX-R3」を発売した。(2024/2/16)

ASUS、Core Ultraを搭載した14型有機EL採用モバイルノート
ASUS JAPANは、Core Ultraプロセッサを標準搭載した14型モバイルノートPC「Zenbook 14 OLED UX3405MA」を発表した。(2024/2/16)

マウス、Intel N100を採用したスタンダード14型ノートPCを発売
マウスコンピューターは、CPUとしてIntel N100を搭載するスタンダード設計の14型ノートPC「mouse B4-I1U01PG-B」を発表した。(2024/2/15)

ポストコロナのIT事情【後編】
「PCリプレース」や「印刷」はどう変わる? IT部門が知っておくべき3つの動向
ハイブリッドワークが普及して働き方が変化する中、IT部門は従業員が利用するノートPCやプリンタからセキュリティまで、多方面からIT利用を見直す必要がある。具体的にどのような変化があるのか。3つの観点で解説する。(2024/2/15)

MSI、13世代Core i7搭載スタンダード14型ゲーミングノート「Cyborg 14」に店頭向けモデルを追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、14型ゲーミングノートPC「Cyborg 14 A13V/U」のラインアップに店頭向けバリエーション構成モデルを追加した。(2024/2/14)

ユニクロの“3990円バックパック”が大容量で便利そう! トートバッグとしても使える2WAY仕様
ノートPCも入る27リットル大容量。(2024/2/14)

PR:マウスコンピューターが「大決算セール 第1弾」を開催 人気のPCが2月28日午前10時59分まで最大10万円引き!
マウスコンピューターが、2月28日午前10時59分まで「大決算セール 第1弾」を開催する。期間中は、同社の主要なデスクトップPCやノートPCが最大4万円引きで購入できる。よりおトクにPCを買えるチャンスを逃す手はない。(2024/2/14)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】
デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由
AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/2/14)

抽選でノートPC、Amazonギフトカードが当たる
「2024年度のIT投資動向」に関するアンケート
アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で1名にLenovo ThinkPad X13 Gen4(AMD)(ノートPC)、10名に「Amazonギフトカード(3000円分)」をプレゼントいたします。(2024/2/16)

Core Ultraをプロセッサ搭載プレミアム14型モバイルノート「dynabook R9/X」登場 4月下旬に発売
Dynabookが、最新のCore Ultraプロセッサを搭載した14型モバイルノートPC「dynabook R9/X」を発表した。発売は4月下旬を予定している。(2024/2/14)

Computer Weekly日本語版+セレクション
どんな働き方でも困らない「ノートPC」を選ぶポイントとは?
コロナ禍を経て、業務に必要な「ノートPC」の条件は変わった。どのような条件で選ぶことが望ましいのか。選定のポイントを解説する。(2024/2/12)

メカ設計ニュース:
会社ではノートPC、現場ではタブレット――CAD利用者の要求に応える2in1PC
デル・テクノロジーズは、JR東日本メカトロニクスが“働き方改革”の一環として、2in1型ノートPC「Dell Latitude 7430 2-in-1」を導入したことを発表した。(2024/2/8)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【前編】
NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?
プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/2/7)

プレミアムコンテンツ:
ノートPCより今こそ「デスクトップPC」の理由
スマートフォンでさまざまな作業ができるようになっても、やはり「PC」は欠かせない。PCを購入する際、ノートPCよりも、あえてデスクトップPCを選んだ方がよいとの声がある。その理由は何か。複数の観点で考える。(2024/2/6)

Core Ultraの“新しさ”とは【後編】
次世代ノートPCは「安いほど損をする」が“うそ”じゃない本当の理由
IntelがAI関連のタスクを処理することを前提にしたプロセッサを正式発表するなど、ノートPCの分野に新たな風が吹いている。これからノートPCとプロセッサを選ぶ際は、何を基準にすればいいのか。(2024/2/4)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第6回】
ノートPCからモバイルサーバまで「Getac」の気になる“頑丈デバイス”
Getac Technologyは、過酷な利用環境を想定した「頑丈デバイス」の製造に特化したPCベンダーだ。同社のノートPCやタブレット、モバイルサーバのスペックを紹介する。(2024/2/4)

MSI、Core i9+RTX 4080を搭載したハイエンドゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i9を搭載したハイエンドゲーミングノートPC「Vector 16/17 HX A13V」を発売する。(2024/2/1)

ポストコロナのIT事情【前編】
テレワークで“爆売れ”だったノートPCが「もはや旧世代」の現実
コロナ禍でPCをはじめとするデバイスの買い替えが進み、その反動で買い控えの状況が続いた。そうした中でデバイスは着実に進化していた。特に強化された点とは。(2024/2/1)

Core Ultraを搭載したノートPC「LG gram」2024年モデルが日本上陸 2月1日から順次発売 22万円程度から
LGエレクトロニクス・ジャパンが、軽量ノートPC「LG gram」の2024年モデルを発表した。今回の目玉は、2023年に登場したLG gram SuperSlimをベースに高機能化を図った「LG gram Pro」だ。(2024/1/31)

約3年前のノートPCのSSDを換装する 効果のほどは?【実践編】
PCのパワーアップやリフレッシュの手段の1つとして「ストレージの換装」というものがある……のだが、どのくらいの効果があるのだろうか。実際に試してみよう。(2024/1/30)

Dynabook、13世代Coreプロセッサを搭載した13.3型コンバーティブルノート
Dynabookは、コンバーティブル機構を搭載した13.3型ノートPC「dynabook V83/LX」を発表した。(2024/1/30)

MSI、13世代Coreプロセッサを採用した14型/15.6型ビジネスノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i7/i9プロセッサを搭載した14型/15.6型ビジネスノートPC「Modern 14 H D13M」「Modern 15 H C13M」の新モデルを発表した。(2024/1/30)

MSI、14世代Core i9+RTX 4090を搭載した超ハイエンド仕様の18型ゲーミングノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、第14世代Core i9プロセッサを採用した18型ゲーミングノートPC「Titan 18 HX A14V」を発表した。(2024/1/29)

ドン・キの「MUGA ストイック PC5」で「パルワールド」や「Baldur's Gate 3」は動く? 試して分かったこと
ドン・キホーテの14.1型ノートPC「MUGA ストイック PC5」で、ベンチマークテストやさまざまなゲームタイトルを試してみた。税込み4万3780円の低価格PCは、どこまでいけるのだろうか。(2024/1/29)

Core Ultraの“新しさ”とは【前編】
CPUでもGPUでもない「NPU」搭載の“AIノートPC”は何がすごい?
Intelが2023年12月に正式に発表したプロセッサ新シリーズは、AI技術関連のタスクをこなすことを念頭に置いている。「NPU」を搭載するこのプロセッサの“革新的な点”はどこにあるのか。(2024/1/28)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第5回】
頑丈ノートPC「Durabook」のすごさとは? 米軍お墨付きのスペック
「Durabook」は、軍事基地や製造現場など過酷な環境下で使用可能な「頑丈ノートPC」だ。どのような設計を採用しているのか。その特徴やスペックを紹介する。(2024/1/28)

MSI、13世代Core i9+RTX 4080を搭載したハイスペックゲーミングノートなど5モデルを発表
エムエスアイコンピュータージャパンは、第13世代Core i9プロセッサを採用した16型/17型ゲーミングノートPCなど計5モデルを発表した。(2024/1/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
ノートPCより今こそ「デスクトップPC」の理由
スマートフォンでさまざまな作業ができるようになっても、やはり「PC」は欠かせない。PCを購入する際、ノートPCよりも、あえてデスクトップPCを選んだ方がよいとの声がある。その理由は何か。複数の観点で考える。(2024/1/25)

MSI、Core Ultraを採用したクリエイター向け16型ノートPC
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core Ultraプロセッサを標準搭載したクリエイター向け16型ノートPC「Prestige 16 AI」シリーズを発表した。(2024/1/24)

NEC、ビジネス/教育向けノートPC「VersaPro」6タイプ14モデルを投入
NECは、ビジネス/教育向けPC「VersaPro」シリーズの新製品6タイプ14モデルの発表を行った。(2024/1/24)

ASUSが「ROG」「TUF Gaming」ブランドの新型ノートPCを一挙投入 18型/16型の大画面モデルや14世代Core i9 HX+RTX 4090 Laptop搭載モデルも用意
ASUS JAPANは、ゲーミングブランド“ROG”からハイエンドゲーミングノート「ROG Strix SCAR 18 G834」などの発表を行った。(2024/1/24)

エイサー、GeForce RTX 4050を搭載したエントリー15.6型ゲーミングノート
日本エイサーは、エントリークラスモデルとなる15.6型ゲーミングノートPCを発売した。(2024/1/23)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
魅惑のスライドキーボード付きポータブルゲーミングPC「AYANEO SLIDE」はノートPCの代わりとしてビジネス利用できるのか?
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/1/23)

「頑丈ノートPC」の概要と主要製品6選【第4回】
Dellの高耐久PC「Latitude Rugged」は頑丈なだけじゃない そのスペックは?
衝撃や高温などに強く、普通のIT機器を使用できない環境下でも使える「頑丈ノートPC」。Dellが販売する「Latitude Rugged」シリーズのスペックを解説する。(2024/1/21)

「GPD G1」はドッキングステーションとしても使える外付けGPUボックスだ! Thunderbolt 4(USB4)対応モバイルPCでゲームや写真/動画編集は快適になる?
中国GPDが販売している「GPD G1」は、Radeon RX 7600M XTを内蔵するコンパクトな「GPUボックス」だ。モバイルノートPCにつなぐと、グラフィックスの性能や写真/動画の編集速度が上がるらしいのだが、果たしてどのくらいの効果があるものか、試してみよう。【訂正】(2024/1/20)

ノートPC不要の時代がすぐそこに【後編】
AWSやMicrosoftの「クラウドPC」は「ノートPC」の代わりになる、ならない?
AWSのシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」は、企業の業務利用に適した特徴を幾つか備えている。同製品をはじめとしたシンクライアントが、ノートPCに完全に代わる日は来るのか。(2024/1/20)

「LPCAMM2」でオンボードメモリがなくなるかも? Micronがプッシュする新型メモリモジュールのメリット
MicronがノートPC向けの「LPCAMM2」なる新型メモリモジュール規格の説明会を開催した。従来のノートPCで使われてきた「SO-DIMM」と比べて、どのようなメリットがあるのだろうか。(2024/1/19)

3スタイルで運用できるプレミアムな2in1ノートPC「Surface Laptop Studio 2」を試す
「Surface Laptop Studio 2」のハイスペックモデル(Core i7-13700H、NVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPUを搭載)で、その性能や使い勝手をレビューする。(2024/1/19)

米Dell、ミニマルな新デザインを採用した13型/14型/16型ノート「XPS 13/14/16」新モデルを発表
米Dell Technologiesは、同社製13型/14型/16型ノートPC「XPS 13/14/16」のリニューアルを発表した。(2024/1/18)

日本HP、Core Ultraを搭載したコンバーティブル14型/16型プレミアムノートPC
日本HPは、Intel製最新プロセッサとなるCore Ultraを採用する14型/16型プレミアムノートPC「HP Spectre x360 14」「HP Spectre x360 16」を発表した。(2024/1/18)

「HP Spectre Foldable 17」は閉じればノートPC、開けば17型のタブレット! 1台3役、5つのスタイルで運用できるフォルダブルPCを試す
17型の折りたたみ可能な有機ELディスプレイを搭載したフォルダブルPC「HP Spectre Foldable 17」のレビューをお届けする。非常に高価な製品だが、他にはない価値を持っている。その実力を確かめてみた。(2024/1/18)

MSI、13世代Core採用15.6型ビジネスノート「Modern 15」にMSIストア限定モデルを追加
エムエスアイコンピュータージャパンは、15.6型ビジネスノートPC「Modern 15 H C13M」のラインアップにMSIストア限定モデル2構成を追加した。(2024/1/17)

MouseProシリーズ初の1kg切り! 約947gのビジネスPC「MousePro G4-I5U01BK-B」を試す
仕事で使うノートPCは少しでも軽くて頑丈だと心強い。マウスコンピューターの「MousePro G4-I5U01BK-B」は、そういったニーズにすっぽりとはまる1台だ。実機を試してみよう。(2024/1/16)

「MUGA ストイック PC5」はドン・キPC史上、最高スペックのPCだが実際はどうなのか 試して分かったこと
ドン・キホーテが発売した最新ノートPCが、「MUGA ストイック PC5」だ。同社が「MUGA史上、最高スペック」とうたうIntel N100を採用した14.1型ノートPCの実力をチェックした。(2024/1/16)

家族で使うモバイルPC「LIFEBOOK MH」に2024年春モデル 16:10ディスプレイ搭載で“外でも使える”1台に
富士通クライアントコンピューティングが、家庭内での利用を想定したモバイルノートPCを一新する。ディスプレイのアスペクト比を16:10として表示できる情報量を増やした他、Webカメラのスペックアップも図っている。(2024/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。