ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「USB Type-C」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「USB Type-C」に関する情報が集まったページです。

古田雄介の週末アキバ速報:
HDRでタッチ対応の4K画面が持ち歩ける! モバイルディスプレイが話題に
今週は、タッチ操作に対応したモバイルディスプレイの新製品が複数登場して話題を集めている。また、地味ながらショップに好評なM.2系アクセサリーも。速報で2つのネタを取って出し!(2020/1/25)

スマホを収納できるバッテリー付きウォレット「Superby」、クラウドファンディングで登場
Hirase International Tradingは、クラウドファンディングサービス「Makuake」でスマホを収納できるバッテリー付きウォレット「Superby」のプロジェクトを開始した。支援は7910円(税込)からで、期間は2月27日まで。(2020/1/24)

東芝テック、レシート発行や各種ラベル印刷が可能なボータブルプリンタ
東芝テックは、小売/製造/物流業向けの感熱式ボータブルプリンタ「B-FP2D」を発表した。(2020/1/24)

USB Type-Cケーブル搭載のモバイルバッテリー2種 RAVPowerから
SUNVALLEY JAPANは、RAVPowerブランドの新製品として、USB Type-Cケーブルを搭載したモバイルバッテリーを1月下旬に発売する。全国の家電量販店などで順次展開する。価格は7700円前後と5500円前後。(2020/1/24)

新色も4月に追加:
楽天モバイルが超小型eSIMスマホ「Rakuten Mini」を先行発売 全国6店舗で
楽天モバイルのオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」が、全国6店舗の楽天モバイルショップで先行販売されている。おサイフケータイが使えるスマホとしては世界最小かつ最軽量(自社調べ)で、eSIM専用端末であることも特徴だ。(2020/1/23)

サンコー、Type-C接続にも対応した軽量設計の15.6型モバイル液晶ディスプレイ
サンコーは、本体重量約700gの軽量筐体を採用した15.6型モバイル液晶ディスプレイ「WTCPM156」の販売を開始した。(2020/1/23)

「VAIO SX12/SX14」に第10世代Coreプロセッサモデル登場 6コア12スレッドCPUな「RED EDITION」も用意
VAIOのクラムシェル型モバイルノートPCが第10世代Coreプロセッサを搭載してリニューアル。久しぶりに赤と黒のツートーンが格好良い「RED EDITION」も登場する。USB Type-C接続のアクセサリーも新規投入される。(2020/1/23)

ASUS、テンキー付きタッチパッド搭載13.3型ノート「ZenBook 13 UX333FA」にWindows 10 Pro搭載モデルを追加
ASUS JAPANは、同社製13.3型モバイルノートPC「ZenBook 13 UX333FA」にWindows 10 Pro搭載のビジネス向けモデルを追加した。(2020/1/22)

CES 2020:
超軽量と丈夫さを両立した「dynabook G」で海外に挑戦 Dynabook新製品レポート
2018年10月にシャープの傘下に入ったDynabook(旧・東芝クライアントコンピューティング)。2019年に引き続き、2020年もシャープのCESブース内に展示コーナーを設けていたので、その模様をお伝えする。(2020/1/22)

TAKUMI JAPAN、データ使い放題の「神SIM」を発売 2020年に自社ブランドのスマホも投入へ
TAKUMI JAPANが、大容量のデータ通信向け「KAZUNA 神SIM」を1月21日に発売した。ソフトバンク回線を使用しており、100GBまたは使い放題のプランを選べる。2020年の夏〜秋にかけて、自社ブランドのスマートフォンを発売する予定。ただし日本で扱うかは未定。(2020/1/21)

エイサー、15時間駆動に対応したCeleron搭載14型エントリーノート
日本エイサーは、Celeron搭載14型エントリーノートPC「SF114-32-H14U/S」の販売を開始する。(2020/1/21)

恵安、タッチ操作も可能な15.6型4Kモバイル液晶ディスプレイ
恵安は、4K表示に対応したUSB Type-C接続対応の15.6型モバイル液晶ディスプレイ「KIPD4K156」を発売する。(2020/1/21)

NECPCも子ども専用モデルを投入:
2in1タイプでK12向けの最初のパソコン「LAVIE First Mobile」見参
1月21日、NECパーソナルコンピュータがEducation用の新モデル「LAVIE First Mobie」を発表、さらに学生向けの「LAVIE Note Mobile」シリーズのラインアップを一新した。価格は前者が税別7万9800円、後者は税別10万9800円〜となっており、発売はいずれも1月23日の予定だ。(2020/1/21)

全米再デビューのアイツが日本でも:
4K有機ELにOptane H10搭載の15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」発売、インタフェースはUSB Type-Cのみ
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE VEGA」を発表した。発売は2月20日で、価格は税別20万4800円〜となっている。(2020/1/21)

これはワコムの"塩おにぎり"だ:
4万円台で買える「Wacom One 液晶ペンタブレット13」をプロ目線でチェックした
ワコムが新機軸の液晶タブレット「Wacom One 液晶ペンタブレット13」を投入した。ワコムブランドでは安価な本製品の使い勝手を、人気イラストレーターのrefeia先生が“プロ”目線で確かめた。(2020/1/21)

組み込み開発ニュース:
名刺2枚分のスペースに設置できる超小型・軽量設計の組み込み用PC
コンテックは組み込み用PC「ボックスコンピュータBX-U200シリーズ」を発売した。「最小・最軽量」をうたう新シリーズで、設置面積は名刺2枚程度である。(2020/1/21)

1時間100円でモバイルバッテリーを借りられる「充電GO!」が沖縄で開始
琉球インタラクティブは1月20日、モバイルバッテリーのレンタルサービス「充電GO!(ジューデンゴー!)」を開始した。利用料金は1時間につき100円で、バッテリーステーションのQRコードを読み取ると、クレジットカードなどで決済される。(2020/1/20)

2台のPCを接続できるType-C対応のPC切り替え器 スマートフォンも接続可能
ATENジャパンは、USB Type-C対応モバイルデバイス2台を接続可能なPC切り替え器「US3310」を発売する。(2020/1/20)

写真や動画などの大容量データをスムーズに:
マウスのDAIVとUSBアダプターで10GbE環境を構築――もう1ギガビットには戻れない
10GbEや2.5GbEといった、ギガビットを超える高速ネットワークが身近に迫ってきている。USBアダプターやNASを使った“現実的な”10GbE環境の構築方法を探ってみた。(2020/1/20)

第2世代「Wacom MobileStudio Pro 16」をrefeia先生が徹底チェック!
ワコムのプロ向けタブレット「MobileStudio Pro 16」が生まれ変わり、第2世代に進化を遂げた。その使い勝手を、人気イラストレーターが“実践”視線で確かめた。(2020/1/17)

PR:「東京2020オリンピック・パラリンピックの公式パソコン」として活躍する「レッツノートSV」シリーズ20年春モデルの実力は?
東京2020オリンピック・パラリンピックで公式PCとして使用される「レッツノート」。オリジナルデザイン天板のプレミアムモデルや、最新プロセッサーを搭載した「レッツノートSV」シリーズのパフォーマンスをチェックしよう。(2020/1/24)

もう10GbEにしてもいいんじゃね:
PR:ASUSTORの10GbE/2.5GbE対応NASでワンランク上の快適環境を手に入れよう
動画や写真に音楽など、データはどんどんリッチになっています。当然、NAS(ネットワークストレージ)もより高速なものを使うとより快適になります。この記事では、10Gbps/2.5Gbps通信に対応するASUSTOR(アサスター)のNAS「Lockerstor 8」に、ウエスタンデジタルのNAS用ストレージ「WD Red」シリーズを組み合わせてそのパフォーマンスを検証します。(2020/1/23)

NECの「VersaPro」「Mate」に2020年春モデル 第10世代Coreプロセッサ搭載のモバイルノートが登場
NECがビジネス向けPCの新モデルを発表。OSを「Windows 10 November 2019 Update」に刷新したものが中心だが、新モデルとして、一部を除き第10世代Coreプロセッサを搭載する12.5型モバイルノートPC「VersaPro UltraLite タイプVC」も登場する。(2020/1/15)

14型の社内モバイル:
NECが14型で可搬性と利便性を追求した法人モデル「VersaPro タイプVM」を投入
NECは1月15日、法人向けA4ノートPC「VersaPro」シリーズのラインアップを一新した。中でも注目は、新型ボディーを採用した14型の“社内モバイル”「VersaPro タイプVM」だ。(2020/1/15)

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応
UQコミュニケーションズが、「UQ mobile」向けのスマートフォン「BASIO4」を2月下旬に発売する。初めてスマートフォンを使うシニアユーザーが主なターゲット。ディスプレイの下には電話とメールの専用キーを備える。セットすると自動でマナーモードが解除される卓上ホルダが付属する。(2020/1/14)

マウス、第10世代Core搭載でWi-Fi 6にも対応した14型モバイルノート2製品
マウスコンピューターは、最新の第10世代Coreプロセッサを採用した14型モバイルノートPC計2製品の販売を開始する。(2020/1/14)

CES 2020:
“画質”の重要さを再確認 パナソニックのVRゴーグルを試す
CESで話題になっているパナソニックの眼鏡型ウェアラブルデバイス。4Kを超える解像度を持ち、HDR対応のVRコンテンツが見られる。実際に試用し、VR体験は画質に大きく左右されることを再確認した。(2020/1/9)

マウス、約25時間駆動が可能な大容量バッテリーを装備した第10世代Core搭載法人向け14型ノート
マウスコンピューターは、大容量バッテリーを標準装備した法人向け14型ノートPC「MousePro NB4」シリーズを発売する。(2020/1/8)

CES 2020:
ASUSも14型ノートで1kg切りのビジネスPCを投入 日本での発売は?
米ラスベガスで開催される「CES 2020」に合わせて、ASUSが新製品を発表した。この記事では、新製品の中から特に注目を集めた14型軽量ノートPC「ExpertBook B9450」と、プレミアムな14型「Chromebook Flip C436」を写真と共に紹介する。(2020/1/8)

CES2020:
グーグルの「Edge TPU」がマルチチップパッケージに、村田製作所と共同開発
グーグルは、組み込みAIチップ「Edge TPU」を用いた製品ファミリー「Coral」に新たなラインアップを追加する。「CES 2020」において、パートナー企業である村田製作所、メディアテック(MediaTek)、NXP Semiconductorsの展示ブースで公開する予定だ。(2020/1/8)

値段以上の価値がある! 画面を着脱できる2画面スマホ「LG G8X ThinQ」を使いつくす
ソフトバンクが発売している「LG G8X ThinQ」は、画面着脱式の2画面スマホであることはもちろんだが、スペックの割に手頃な価格であることから注目を集めている。その実力はどうなのか、いろいろな角度から迫る。(2020/1/8)

キヤノンのフラグシップ一眼レフ「EOS-1D X Mark III」、2月発売 エンジン一新、最高約20コマ/秒連写
キヤノンは、一眼レフカメラのフラグシップモデル「EOS-1D X Mark III」を発表した。発売は2月中旬で、同社オンラインショップ価格はボディのみで80万円(税別)。(2020/1/7)

Surface Pro X、14日に発売 今日から予約受付 LTE常時接続に対応した2in1
日本マイクロソフトは、LTE常時接続に対応した2in1スタイルのノートPC「Surface Pro X」と対応アクセサリーを14日に発売すると発表した。(2020/1/7)

CES 2020:
Chromebook、ASUS、Lenovo、Samsungから新モデル登場
ASUS、Lenovo、Samsungが、Googleの「Chrome OS」搭載Chromebookの新モデルを発表した。約3万円のエントリーモデルから約10万円のハイエンドまでがそろった。(2020/1/7)

CES 2020:
LenovoがDucatiとコラボ 「Lenovo Ducati 5」発進
Lenovoはイタリアのバイクメーカー「Ducati(ドゥカティ)」のレーシングチームのオフィシャルスポンサーを務めている。その縁もあってか、LenovoがDucatiの名を冠するノートPCを一部の市場で発売する。日本での発売は未定だ。(2020/1/7)

モジュール式アクションカム「Insta360 ONE R」発表 防水、ライカ共同開発の1インチセンサや全天球にレンズ交換
Insta360の新型カメラは、他社のアクションカメラ、360度カメラ、180度カメラを飲み込むオールインワンモデル。(2020/1/7)

CES 2020:
5G対応PCが登場! Snapdragon 8CX搭載「Lenovo Yoga 5G」やスリムな「Yoga Slim 7」シリーズ
Lenovoは1月6日(米国太平洋時間)、Yogaシリーズの新モデルを発表、2020年春から順次発売していく。(2020/1/7)

CES 2020:
画面が折り曲がるPC「ThinkPad X1 Fold」登場 「Windows 10X」版も後日追加へ
Lenovoが2019年5月に“チラ見せ”した画面を折りたためるPCが、ついに製品化。オプションで5G対応通信モジュールを載せることも可能だ。【更新】(2020/1/7)

CES 2020:
「ThinkPad TrackPoint Keyboard」に新モデル Bluetooth 5とUSB Type-Cに対応
中国Lenovoは1月3日(現地時間)、PC向けキーボードの新製品「ThinkPad TrackPoint Keyboard II」を発表した。Bluetooth 5と2.4GHz帯の無線接続に対応し、有線接続にはUSB Type-C端子を採用したのが特徴。日本での発売は未発表だが、日本語配列モデルも用意している。(2020/1/6)

アイ・オー、ビジネス向けNASやUSB外付けSSDなど38型番を値下げ
アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の外付け型ポータブルSSDやビジネス向けNASなど8シリーズ計38型番の値下げを実施した。(2020/1/6)

CES 2020:
HPがプレミアムPCの新製品を発表 「Elite Dragonfly」の追加ラインアップも
HPがプレミアムPCブランド「Spectre」「ENVY」「Elite」の新製品を発表した。Spectreブランドからは15.6型2in1 PCの最新モデル、ENVYブランドからはクリエイター向け液晶一体型PCが登場する。Eliteブランドは、発表済みのモバイルノートPCの追加ラインアップが発表された。(2020/1/6)

Lenovoが「Legion」ブランドのデバイスを複数発表 薄軽ゲーミングノートPCや外付けGPUボックスなど
Lenovoのゲーミングブランド「Legion(レギオン)」から複数の新製品が登場。薄くて軽いゲーミングノートPCや、それと組み合わせ使える外付けGPUボックスなどが投入される。(2020/1/6)

CES 2019:
23.8型液晶一体型デスクトップ「ThinkCentre M90a AIO」登場 「ThinkVision」と共通デザインを採用
ThinkCentreの液晶一体型に新型が登場。液晶ディスプレイ「ThinkVision」と共通のデザインアイコンを採用し、違和感なくデュアルディスプレイ環境を構築できるという。【更新】(2020/1/4)

CES 2020:
Lenovoがデジタルクリエイター向けの新ラインを投入――YogaとIdeaPad、液晶ディスプレイ2モデル
Lenovoは1月3日(米国太平洋時間)、デジタルクリエイター向け新シリーズのPCと液晶ディスプレイを発表、2020年3月から順次発売していく。(2020/1/4)

CES 2020:
新世代「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」発表 2020年後半に発売
ThinkPadのプレミアムラインに2020年モデルが登場。基本的には2019年モデルのデザインコンセプトを継承しているが、キーボード周りに一部変化がある。合わせて、ThinkPadブランドのモバイルキーボードもモデルチェンジする。(2020/1/4)

CES 2020:
Thunderbolt 3端子を備えた「VEGA」と全画面液晶の「All-In-One」を米国で発表――NECPCがLAVIEシリーズのフラッグシップモデル
NECパーソナルコンピュータは1月3日(現地時間)、同社の「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデルを発表した。日本では後日発表予定としている。(2020/1/4)

約4万円で「CarPlay」を簡単に導入 ヘッドアップディスプレイ「HUD-2020」を使ってみた
「ネオトーキョーHUD-2020 ヘッドアップディスプレイ」は、スマホを有線で接続すると、「CarPlay」や「Android Auto」が使えるようになるデバイス。ナビ画面が透明なモニターに映し出され、リモコンを使った音声の操作も可能。据え置き型のカーナビと比べて、どこが便利なのか。実際に試してみた。(2020/1/4)

CES 2020:
Ice Lake搭載 Dellが「XPS 13」2019年モデルを発表 “5Gレディ”の「Latitude 9510」も
Dellが、13.3型モバイルノートPC「XPS 13」の2019年モデルを発表。第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)を搭載し、Ubuntuをプリインストールする「Developer Edition」も用意した。新たなプレミアムビジネス向けノートPC「Latitude 9510」も合わせて発表された。(2020/1/2)

2019年の生活を変えたモノ:キャッシュレスとUSB PDでお得&便利に でももっと衝撃的だったのは……
スマホ関連で一番衝撃的だったのは、LIVEミュージカル演劇「チャージマン研」です。約500人の会場の中規模演劇には、スマホの使われ方のトレンドと課題が詰まっていました。スマホを活用してリアルとネット、娯楽と課金をともに融合できたものは珍しい。通常の演劇の枠にはまらない内容でした。(2019/12/30)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
「すごいカメラ」と「ヘンなカメラ」が存在感を示した2019年
2019年のカメラで印象的だったのは、「すごいカメラ」と「ヘンなカメラ」が目立ったこと。完成度は高いんだけど強い個性がないカメラが埋もれちゃってもったいないというくらい、印象的なカメラがいっぱい出てきた。(2019/12/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。