「Xperia 1 VI」発表 光学7倍ズームのカメラを搭載も、21:9比率/4Kは廃止 SIMフリーモデルは19万円前後から

» 2024年05月15日 16時05分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 ソニーは2024年5月15日にスマートフォンXperiaのハイエンドモデル「Xperia 1 VI(マーク6)」を発表した。国内では大手キャリアから発売される見込みで、ソニー独自に販売するSIMフリーモデルがキャリア向けモデルよりも先に発表された。

 SIMロックフリーモデル「XQ-EC44」で、市場想定価格は以下の通り。

  • メモリ16GB+ストレージ512GB……21万9000円前後
  • メモリ12GB+ストレージ512GB前後……20万5000円前後
  • メモリ12GB+ストレージ256GB……19万円前後

【訂正:2024年5月21日11時50分 初出時、SIMフリーモデルの市場想定価格を18万円前後としていましたが、正しくは19万円前後からです。おわびして訂正いたします。】

Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ 「Xperia 1 VI」のブラックとプラチナシルバー
Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ カーキグリーンとスカーレット。この2色はSIMフリーモデル限定色だ

 Xperia 1 VIは先代「Xperia 1 V」から大きく進化した最新モデル。デジタル一眼レフで写真や動画を撮影する人や、スマートフォンで撮影した動画や写真のクリエイション活動を行う人、高画質かつ高音質でコンテンツを楽しみたい人、ハイパフォーマンスでゲームをプレイしたい人を主なターゲットし、ユーザーのクリエイティビティを最大限に引き出す1台だ。

 アウトカメラは超広角(16mm/1200万画素/F2.2)、広角(24mm/4800万画素/F1.9)、光学ズーム対応の望遠(85-170mm/1200万画素/F2.3-3.5)の3眼構成となる。光学7倍での撮影が可能になり、より遠くの被写体を撮影できるようになった。広角カメラの4800万画素の中央をクロップし、1200万画素を記憶画素数として担保するゆえに、デジタルズームによる画質劣化を抑制し、鮮明に写せるようになった。

 広角レンズのイメージセンサーはXperia 1 Vで一新され、2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーとなり、光を多く取り込めることに加え、暗所でのノイズを低減可能になったが、Xperia 1 VIでも引き続き採用している。超広角と望遠の2つのカメラには小型かつ高感度の「Exmor RS for mobile sensor」を引き続き採用している。

Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ Xperia 1 VIのアウトカメラ。1 Vから2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーを継承しつつも、光学7倍での撮影が可能になった

 これまで別々のアプリとして存在していた「Photo Pro」「Video Pro」「Cinema Pro」は、1つのカメラアプリに集約され、新たに「テレマクロ」という撮影機能を搭載。最大約2倍での撮影とはなるものの、被写体から離れていても光学域できれいに撮影できる。これにより、被写体に近づきすぎることで生じる、人やスマートフォンの影の写り込みをなくせる。

 ディスプレイはアスペクト比が19.5:9で、解像度がフルHD+となっている。パネルは有機ELだが、1シリーズ特有だった21:9かつ4K解像度ではなくなった。アスペクト比に関してはInstagramをはじめとする1:1など、21:9ではないアスペクト比のコンテンツの需要が多く、これまでの21:9のディスプレイを生かしきれていなかったため、アスペクト比が変更された。

Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ ディスプレイのアスペクト比が1 Vまでの21:9から、19.5:9に変更されたことで、横幅がやや増している

 新機能として「サンライトビジョン」が追加された。直射日光によりディスプレイが画面が暗くなるのを防ぎ、白飛びを抑えながらも明るさを担保することで、視認性を損なわないようにしているという。

 オーディオに関してはフルステージステレオスピーカーを継承しているが、音圧の向上を図っているという。録音アプリ「Music Pro(プロレベルの録音は月額580円)」や、3.5mmイヤフォンジャックなどを継承している。

 他にも、「FPS optimaster」という新機能を搭載。ゲームプレイ環境に応じて CPUやフレームレートを最適化することで、高いFPSを維持しつつ消費電力を抑え、長時間プレイすることが可能だという。

 電子機器向け放熱部品「ベイパーチャンバー」の採用により、放熱性を高めているのも進化点で、ゲームや撮影を行う際のパフォーマンスに期待できそうだ。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 8 Gen 3」を採用。外部ストレージは最大1.5TBのmicroSDXCを搭載できる。

Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ 「ベイパーチャンバー」を採用し、放熱性を高ている
Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ SIM/microSDスロットを搭載している

 プリインストールOSはAndroid 14で、OSのアップデートは3回までで、セキュリティーの更新は4年間行われる予定だ。バッテリーの容量は5000mAhで、4年使い続けても最大容量80%を維持できるという。USB Type-Cケーブルによる急速充電や、ワイヤレス充電、他のデバイスへの給電機能も搭載する。

 サイズは約74(幅)×162(高さ)×8.2(奥行き)mmで、重量は192gだ。背面は滑りづらい質感となっており、撮影時のグリップ力を高める。すり鉢状の台座にアウトカメラのレンズが並ぶデザインはXperia 1 Vと同じだが、台座と本体色に統一感を持たせている。カラーはブラック、プラチナシルバー、カーキグリーン、スカーレットを用意。このうち、カーキグリーンとスカーレットの2色はSIMフリーモデル限定色だ。

 専用アクセサリーとして、Xperia 1 VIに対応するソニー純正カバーが用意される。縦置きと横置きの両方に対応する他、リングストラップを取り付けることが可能になった。なお、ディスプレイのアスペクト比の変更に伴いサイズも変わったため、Xperia 1 Vや1 IV向けのカバーや、冷却機構を持つ「Xperia Stream」を1 VIに流用することはできない。

Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ Xperia 1 VIでは「Xperia Stream」を利用できない
Xperia1VI ソニー ハイエンド スマホ Xperia 1 VIの実機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年