ソニーが「Xperia 1 V」発表 新イメージセンサー搭載で暗所撮影強化 19.5万円のSIMフリーモデルも

» 2023年05月11日 13時00分 公開
[金子麟太郎ITmedia]

 ソニーが5月11日、Xperiaハイエンドスマートフォンの新モデル「Xperia 1 V(マーク5)」を発表。日本を含む世界各国で発売する。通信事業者向けモデルは6月下旬以降、国内向けのSIMフリーモデル「XQ-DQ44」は7月下旬以降に発売予定。市場想定価格は19万5000円(税込み、以下同)前後だ。カラーはブラック、プラチナシルバー、カーキグリーンの3色。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン Xperia 1 V

 Xperia 1 Vは先代「Xperia 1 IV」の流れをくむ最新モデル。デジタル一眼レフを所有する人や、スマートフォンで撮影した動画や写真のクリエイション活動を行う人、高画質かつ高音質でコンテンツを楽しみたい人、ハイパフォーマンスでゲームをプレイしたい人を主なターゲットとする。

 アウトカメラは超広角(16mm/1200万画素/F2.2)、広角(24mm/4800万画素/F1.9)、光学ズーム対応の望遠(85-125mm/1200万画素/F2.3-2.8)の3眼構成となる。

 このうち、広角レンズのイメージセンサーを一新したのがXperia 1 Vの大きなトピックとなる。超広角と望遠は小型で高感度の積層型CMOSイメージセンサーを採用しているが、広角は2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサーを採用。フォトダイオードとトランジスタを2層に分離したことで、光を多く取り込めることに加え、暗所でのノイズを低減できる。低照度性能はXperia 1 IV比で約2倍向上。これに高度な重ね合わせ画像処理技術を組み合わせることで、フルサイズセンサー搭載のデジタルカメラ並みのクオリティーで撮影できるという。

 広角カメラに備わるイメージセンサーのサイズはXperia 1 IV比で約1.7倍拡大し、従来よりも幅広の4:3:3比率を採用。動画における有効エリアが広いことで、手ブレ補正の性能が向上した。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン Xperia 1 Vのアウトカメラ

 加えて、「ピクセルビニング」技術をXperiaとして初めて採用した点も新しい。有効画素数4800万画素の4画素分を1画素として記録することで、常時1200万画素で記録される。ピクセルサイズが大きくなればより多くの光を取り込め、暗所でも鮮明な撮影が可能。ピクセル数が少なければ、読み出し速度がより高速になり、高精度かつ高速なAFに貢献できる。なお、ピクセルビニングは2022年発売の「AQUOS R7」や「iPhone 14 Pro」などが先行しており、昨今のスマホカメラ技術のトレンドとなりつつある。

 カメラの新機能としてはVlogに特化した「商品レビュー用設定項目」を用意。レンズ交換式でAPS-Cセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ「VLOGCAM ZV-E10」などにも既に搭載されているものだが、例えば、商品レビュー撮影などで、人物の顔ではなく商品にピントを合わせたい場合に役立つ。さらに、正面にいる被写体の声を拾いやすくするため、広角と超広角の間にマイクを設けた。

 また、フルサイズセンサー搭載の一眼カメラ「α1」「α7 IV」などに搭載されている「クリエイティブルック」をXperiaとして初搭載。色味やシャープネス、明るさなどの多彩な要素からかもし出される、映像(動画、静止画)の見た目、印象を表すルックをプリセットから選べるため、後処理や専用アプリなしでさまざまな写真や動画を撮影できるのがメリット。アウトカメラだけでなく、インカメラでも使える。UIは一眼カメラのものではなく、Xperia 1 V向けにカスタマイズしたもので、直感的に操作できるのがポイントだ。

 撮影アプリ「Photo Pro」「Video Pro」「Cinema Pro」では、ピントが合った部分の輪郭に色を付け、視覚的に分かりやすく表示する「ピーキング表示」が可能になったことに加え、Photo ProとVideo Proは縦表示に対応した。また、αカメラと接続しモニタリングを行いながらXperia 1 Vのストレージに保存できるようになった他、動画のライブ配信中にチャット閲覧が可能になり、視聴者とコミュニケーションを取れるようになった。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン ピーキング表示に対応した
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン ライブストリーミング中のチャット表示が可能になった

 瞳AF、リアルタイムトラッキング、30fpsでのAF/AE連写に対応する。Xperia 1 IIからXperia IVまでが搭載していた3D iToFセンサーはXperia 1 Vでは省かれた。被写体までの距離を赤外線で測定するものだったが、測定可能な距離に限界があるため、非搭載とした。

 カメラについては他にも、4K 120fpsのスローモーション撮影、ライブ配信、αカメラでの撮影時にXperiaでプレビューできる外部モニターなどの機能を継承する。

 インカメラは積層型CMOSイメージセンサーで、有効画素数は1200万画素だ。動画撮影はXperia 1 IVが4K 30pまでだったところ、Xperia 1 Vは4K 60pでの記録に対応。動画撮影中のデジタル処理による背景をぼかした撮影も可能となった。

 ディスプレイは6.5型の4K有機ELを搭載しており、最大120Hz駆動や、コンテンツのフレームごとに解析して明暗部を見やすくする「リアルタイムHDRドライブ」にも対応している。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン 6.5型の4K有機ELディスプレイを搭載する

 内蔵のフルステージステレオスピーカーは低音域の音圧を上げ、バスドラムなどの音を聴こえやすくした。Xperia IVの登場に合わせてクリエイター向けに用意された録音アプリ「Music Pro」は従来のボーカルとアコースティックギターに加え、ピアノにも対応した。録音編集自体は無料だが、プロレベルの録音は月額580(税込み)の課金制となっている。3.5mmイヤフォンジャックの搭載、DSEE Ultimate、360 Reality Audio/360 Upmixへの対応も継承している。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン フルステージステレオスピーカーをフロントに内蔵
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン 3.5mmイヤフォンジャックも引き続き搭載する

 ゲーム関連では240Hzの残像低減技術、暗いシーンを意図的に明るく表示する「L-γ(ローガンマ)レイザー」、120Hzのハイフレーム録画などを継承しつつ、ゲームエンハンサーの使い勝手が向上。トップメニューから瞬時にパフォーマンスを確認できることに加え、シャッターボタンでスクリーンショットの撮影が可能になった。さらに、冷却構造や3.5mmオーディオジャック、HDMI出力ポート(1080p/120Hz出力に対応)、LANポートなどを併せ持つゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」にもXperia 1 Vを装着できる。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン ゲーム中にパフォーマンスを確認できる
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)

 プロセッサはSnapdragon 8 Gen 2、メインメモリは12GBまたは16GB、内蔵ストレージは256GBまたは512GBを備える(SIMフリーモデルは16GB/512GB固定となる)。microSDは最大1TBをサポートする。容量5000mAhのバッテリーを内蔵しており、30Wの急速充電対応アダプター「XQZ-UC1(ソニーストア価格は5480円)」を使用すると、30分で50%までの充電が可能。ワイヤレス充電や他のデバイスへの給電機能を継承している。

 耐久性に関してはディスプレイ面と背面の両方に強化ガラス「Corning Gorilla Glass Victus 2」を採用している。背面はXperia IVのサラサラとした磨りガラスのような質感ではなく、よりザラザラとした質感でグリップ感を高めている。側面には電源キー、音量調整ボタン、ローレット加工がされたシャッターボタンを備える。IP68の防水・防塵(じん)もサポートしている。サイズは約71(幅)×165(高さ)×8.3(奥行き)mmで、重量は187g。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン 側面のシャッターボタン

 SIMはnanoSIMとeSIMのデュアルSIMとなっている。5GはSub-6とミリ波にも対応しているが、国や地域によって異なる場合がある。SIMフリーモデルは楽天モバイルを含む4キャリアが保有しているn257(28GHz帯)のミリ波には対応しないが、3キャリアに割り当てられているn28(700MHz帯)、NTTドコモのn79(4.5GHz帯)などには対応する。SIMフリーモデルの対応バンドは以下の通り。

  • 4G:Band 1/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/21/26/28/ 38/39/40/41/42/66
  • 5G : n1/n3/n5/n28/n41/n77/n78/n79

 その他、キックスタンド付きの専用カバーが用意される。縦向きと横置きの両方に対応した点、グリップ力を高めるためにスタンド部分を収納する部分が盛り上がり、指をかけやすくなった点、カメラレンズやそれを囲う台座がケースからはみ出さない点など、Xperia 1 IV専用カバーからの変更点が多い。

Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン キックスタンド付きの専用カバー(ブラック)
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン キックスタンド付きの専用カバー(プラチナシルバー)
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン キックスタンド付きの専用カバー(カーキグリーン)
Xperia 1 V SONY ソニー スマートフォン デジタルカメラのように横向きで構えやすくなった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月25日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー