キーワードを探す
検索

「Bluetooth」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

最新記事一覧

Bluetooth SIG(Special Interest Group)は2019年6月12日、Bluetoothの市場トレンドや予測などをまとめたレポート「2019 Bluetooth Market Update」の日本語版を発表した。それによると、Bluetoothデバイスの年間出荷台数は、2019年から2023年にかけて年平均成長率8%で成長し、2023年には54億台に達する見込みだという。

()

 無線通信モジュールやSiP(System in Package)の開発を手掛けるInsight SiPは、LoRaWANとBluetooth Low Energy(BLE)の両方に対応した超小型モジュール「ISP4520」を日本市場に投入する。日本で使われるLoRaWANの周波数帯(923MHz帯)に対応しており、同社は、スマートシティーやスマートグリッド、産業用インターネットなど、幅広い分野での活用を見込んでいる。また、欧州、米国向けのモデルも用意している。

()

三井住友建設は、プレキャスト(PCa)部材の製造工場で、IoT機器を使って製造ラインの稼働状況および生産実績を可視化する製造管理システム「PATRAC-PM」を開発した。同社では、PCaに関係する計画/製造/物流/施工の各段階で、PATRAC-PMをはじめ、今後開発を予定している工場オートメーションや施工自動化なども含めた統合プラットフォーム「PATRAC」の構築を目指している。

()

EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Bluetooth 4.2に比べて「2倍の速度」「4倍の通信距離」、そして「8倍のブロードキャストメッセージング能力」を実現した「Bluetooth 5」の仕組みを解説する。

()

2年4カ月の時を経て、Appleの完全ワイヤレスBluetoothイヤフォン「AirPods」に新型が登場。新しい「Apple H1」チップを搭載し、ペアリングや接続端末の切り替えにかかる時間を短縮した他、ゲームプレイ中の音声の遅延(レイテンシ)を低減。バッテリー持ちも改善した。ワイヤレス充電対応のケース付きモデルもある。

()

Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)は2019年3月8日、東京都内で記者向けに説明会を開き、同年1月に発表された新技術である方向検知機能について紹介した。この機能はBluetoothデバイスに信号が発信された方向を認識させることで、対象物がどの方向にあるかを示す近接通信ソリューションや、センチメートル単位の精度で位置を特定できる測位システムを開発できるようにする。

()

エナスピレーションは、2月26日にスマホアプリを持って鍵に近づくだけで自動的に解錠できるスマートロック「ES-F300D」を発売。Bluetoothは室外側の機械に搭載し、物理的な鍵の受け渡しを必要とせずアプリやWeb上から簡単に合い鍵を作ることもできる。アプリを利用した解錠はすべて最大過去2カ月履歴が残り、4段階の利用者レベルも設定可能だ。

()

森ビルとMAMORIOは、六本木ヒルズや虎ノ門ヒルズなど、森ビルが運営する都内6施設で「IoTお忘れ物自動通知サービス」の実証実験を開始する。Bluetoothを活用した紛失防止IoTタグ「MAMORIO」のユーザーは、これらの施設に設置された「MAMORIO Spot」を利用できる。

()

IoT支援プラットフォーム「+Style」から、スマートフォンとBluetooth接続し、通話内容を録音できるスティック形状のBluetoothレコーダーが発売された。本体のスイッチを「MOBILE」モードに変えるだけで自動的に録音し、通話録音機能のない端末や、本体ストレージ容量が少ない場合でも録音可能。「VOICE」モードに変更すれば一般的なボイスレコーダーとしても利用できる。

()

東芝デバイス&ストレージは、Bluetooth v5.0 Low Energy規格に準拠した車載向けIC「TC35681IFTG」を発表した。動作温度範囲は−40〜125℃で、車載用電子部品信頼性規格のAEC-Q100準拠を予定しており、厳しい車載環境で使用できる。

()
キーワードを探す
ページトップに戻る