Mobile:NEWS 2003年4月11日 06:27 AM 更新

505i対応HTML5.0とバーコード仕様が公開

ドコモはWebページ上で、505iに対応したHTMLの新バージョン、5.0と、505iのカメラで読みとれるバーコードの仕様を公開した

 NTTドコモは、8日に発表した「505iシリーズ」(特集参照)に対応したiモード対応HTMLのバージョン5.0をWebページで公開した。

 504iシリーズや新型FOMAが対応するバージョン4.0に、Macromedia Flashや赤外線に関する機能を追加したもので、現在のところ対応するのは505iシリーズ。ブラウザのダウンロードサイズが20Kバイトに拡大されているほか、トラステッドiアプリ(iアプリDX、ドコモの認証を受けた端末内情報にアクセスできるiアプリ)への対応が主な特徴とされている。

 拡張されたタグは、「MARQUEE」、フォームデータをメールで送信する「FORM」、ダウンロード後すぐに起動するiアプリを指定する「ilet」など。

505iが対応するバーコード仕様も公開

 また505iのうち「SH505i」「F505i」「P505i」での対応が予定されているバーコード読み取り(4月8日の記事参照)についても、認識できる仕様が公開された。

 読み取り可能なバーコードは、JANコードとQRコード。JANコードは8桁と13桁に対応し、QRコードはバージョン1−10、モデル2、誤り訂正レベルはL、M、Q、Hに対応する。セルピッチなどについては準備中としている。

 505iは、読み取ったバーコードからのWeb to、Mail to、Phone toに対応。電話帳登録やブックマーク登録も行えるようになっている。仕様では、これらの際のフォーマットも公開されている。

表示名プロパティ名:
名前N:
フリガナSOUND:
TELTEL:
アドレスEMAIL:
メモNOTE:

アドレス帳登録のためのフォーマットの例

 アドレス帳へ登録する場合の記述フォーマットは、vCardに似た書式を使う。「J-SH09」以降のJ-フォン向けシャープ端末も、QRコードを読み取ってアドレス帳に登録することが可能だが(2002年9月の記事参照)、505i向けのフォーマットとは細部が異なっている。

 505i向けのコンテンツ作成仕様としては、505i対応Flash、iアプリDXなどが今後公開される予定となっている。



関連記事
▼ 特集:ドコモの「505i」
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる

▼ シャープ、「J-SH09」「J-SH52」用バーコード生成ソフトも公開へ
シャープ製J-フォン端末に搭載された、内蔵カメラによるバーコード読み取り機能の詳細が分かった。シャープは、PCでバーコード(QRコード)生成ソフトも提供する予定

▼ リアルとネットをカメラがつなぐ〜「J-SH09」
「内蔵カメラによるバーコード読み取り機能」──プレスリリースにはうたわれていなかった、「J-SH09」最大の機能だ。この機能は“お遊び”でしかなかった携帯内蔵カメラを、“リアルとネットをつなぐ、携帯の目”へと変える可能性を持っている


関連リンク
▼ iモード対応HTML
▼ バーコード
▼ QRコード ドット コム
▼ NTTドコモ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!