Mobile:NEWS 2003年8月25日 00:00 AM 更新

ケータイ技術研究所
505iのiアプリ速度ベンチマーク

505iでは、「N505i」が新たにアプリケーションプロセッサを搭載するなど、iアプリの速度にも変化が出てきた。Macromedia Flashの描画速度も合わせて、ベンチマーク結果をお届けする。

 505iシリーズの真の特徴は、230Kバイトに容量が拡大されたiアプリだ。液晶画面もQVGA化し3Dも強化されるなど、仕様が豪華になった分、端末側にも性能が求められる。

 実際、いくつかの505i端末では「iアプリの動作が遅い」という声もある。今回の記事では、505iシリーズ6機種のiアプリ速度に関して、ベンチマーク結果をお届けする。

ケータイ技術研究所は、雑誌『iモードスタイル』(ソフトバンク パブリッシング刊、毎月23日発売)との共同企画です。

今回のテストでは、携帯向けJavaプログラミングに携わる企業の協力の元、各端末でベンチマークソフトを動作させ、速度を計測した。各ベンチマークの単位はミリ秒となっている。

◆第1回 液晶が最も明るい端末を探せ
◆第2回 着メロが最も大きい端末を探す
◆第3回 iアプリ最速の端末は?
◆第5回 最強のiショット端末を探る
◆7回 電池のもちがいいiモード端末を探る
◆8回 NEC端末、ヒンジの秘密
◆11回 504iS、FOMAのiアプリ速度を比較する
◆14回 505iのディスプレイ輝度を測る

テストによって、結果は大きくばらける

 ベンチマークテストは、Javaの各命令を実行させてかかった時間を計ることで行った。テスト項目は大きく3種類ある。数値演算の速度を測る「Java VM」、画面描画の速度を測る「Graphics」、メモリとのデータのやり取りの速度を測る「I/O」だ。

 総合性能では「P505i」に軍配が上がりそうだ。「SH505i」はJava VMでは優秀な成績を見せたが、I/Oの結果は芳しくない。アプリケーションプロセッサを搭載した「N505i」は結果が期待されたが(7月15日の記事参照)、各機種スピードアップしたシリーズ中では中程度に終わった。「F505i」は描画周りの速度が非常に遅かった。

Java VMテスト結果


テストの詳細はこちらのグラフを参照

 iアプリの基本性能を表すJava VM。他機種の2倍以上の速度を出したのは「SH505i」だ。2番手は「F505i」。最も結果が悪かったのは、アプリケーションプロセッサSH-Mobileを新たに搭載した「N505i」だった。

 とはいえ、この結果は悪いものではない。数字からいえば「P504iS」に相当する速度だ。全般に性能が底上げされている中、SH505iの速度が極めて優れていたといえるだろう。

 なおテストを行った開発者によると、「Dはメソッド呼び出し処理が遅い。ほかは比較的高速」だという。

Graphicsテスト結果


テストの詳細はこちらのグラフを参照

 画面描画を表すGraphicsのテストも大きく差がついた。「P505i」が最も高速で、N505i、SO505i、SH505i、D505iと続く。F505iは、あまりに遅すぎて、同じグラフに入れるのをためらうほどだった。しかも、個別の結果を見ていくと、特定の処理が遅いのではなく、どの処理もまんべんなく遅い。

 逆にF505iを除いたグラフをみると(こちらのグラフを参照)、各機種が接戦の中、P505iがほとんどの項目で非常に優秀な結果を出していることが分かる。

I/Oテスト結果


テストの詳細はこちらのグラフを参照

 スクラッチパッドなどの読み書きの速度であるI/Oのテスト結果は、P505iが優秀。詳細結果を見てみると、すべての項目でトップであることが分かる。

 苦しかったのは、SH505iやD505iだ。「SH505iやD505iはスクラッチパッドへの書き込みが遅い」(開発者)

Macromedia Flashの表示なら、N505i

 今回、505iシリーズから採用されたベクタグラフィックスのアニメーションフォーマット、Macromedia Flashの速度も計測してみた。


テストの詳細はこちらのグラフを参照

 一般的な描画操作を総合した結果では、N505iが高速だ。最も遅かったF505iの半分近い速度で描画を行う。それにP505i、SH505iが続く。描画する項目によってばらつきが多かったのはSO505iだった。


テストの詳細はこちらのグラフを参照

 処理の重い、楕円が複雑な形状にシェイプトゥイーンするムービーを中心としたテストでも、やはり最速はN505i。2位はSH505iがP505iを逆転した。結果が悪かったのはSO505iとF505i、そしてD505iである。

 Flashを快適に楽しむには、N505iが最適なようだ。P505i、SH505iがそれに続く。逆にF505i、SO505i、D505iはあまりFlash描画には向いていない。

 今回テストした6機種のiアプリ基本スペックは以下の通り。

SH505iD505iSO505iN505iF505iP505i
保存件数10-100件17-200件25-400件20-200件71-150件15-200件
ヒープ(Javaヒープ/ネイティブヒープ)17001536/204818001494/14722000/15003500



関連記事
▼ 504iS、FOMAのiアプリ速度を比較する
恒例のiアプリベンチマークテストを、FOMAおよび504iSシリーズについてお届けする。カメラ付きiアプリ端末の6機種のうち、最もiアプリが高速な端末はどれだろうか

▼ ドコモ、505iのJava仕様〜DoJa3.0を公開
505iのJava仕様が公開された。スクラッチパッドサイズが拡大されるほか、端末情報の取得、ネイティブアプリケーションとの連携が可能になる。iアプリから別のiアプリを呼び出すこともできる。ただし「iアプリDX」は、公式プロバイダのみが利用できるとされ、詳細は明かされていない

▼ 「携帯ゲーム機にまた一歩近づいた」〜iアプリDX
505iで最も大きく変わったのはiアプリかもしれない。単に容量が増えるだけではなく、アプリ間連携や端末内データの利用も可能に。“携帯ゲーム機に近づいた”iアプリのいくつかを紹介する

▼ 乗り換え、渋滞、気象情報も──生活に役立つiアプリDX
iアプリDXにはゲームやメールだけでなく、モバイルライフをサポートするアプリも多数ラインアップされる。そんな実用ソフトの数々をご紹介しよう

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!