Mobile:NEWS 2003年10月22日 11:29 PM 更新

冬のau端末、ラインアップ勢揃い


 この冬、一挙9機種を投入するKDDI。特殊機能搭載端末からカメラ画素数を向上させた正統進化モデル、そして新通信方式「CDMA2000 1x EV-DO」対応端末と選り取りみどり。

 端末発売時期や主な機能を含めて、冬の端末を整理しておきたい。

端末メーカー発売時期EZナビウォークメガピクセルQVGA外部メモリ特徴
A5501T東芝10月下旬BREW
INFOBAR鳥取三洋11月上旬au design project、BREW
W11H日立11月28日1x WIN対応
W01K京セラ11月28日1x WIN対応データカード
A5403CAカシオ12月上旬200万画素
A5503SA三洋12月上旬FMラジオ、BREW
A5404Sソニー・エリクソン12月上旬TV動画再生
W11K京セラ12月中旬1x WIN対応、au design project
A5502K京セラ2004年1月電子コンパス、キセノンフラッシュ、BREW

1x WINは「Wxxシリーズ」

 cdmaOne自体の“C”から、CDMA2000 1xで“A”に変わった型番だが、1x WINでは“W”が付いた。「WIN」の「W」と見るのが妥当だろう。

 さらに数字部分は、従来の4桁から2桁に変わった。これまではメーカーが違っても端末ごとに連番が進んでいたが、1x WINでは、「W11のH(日立)とかK(京セラ)」というようなルールに変わった。ちょうど、ドコモの「505iシリーズ」に似たルールだ。



関連記事
▼ EV-DOは4200円定額制〜11月28日全国一斉開始
“ケータイ版ADSL”──。KDDIは高速データ通信サービス「CDMA 1x WIN」を発表。通信方式「EV-DO」を使い、下り最大2.4Mbpsの通信速度を月額4200円の定額で提供する。定額制を生かしたテレビ型のコンテンツ「EZチャンネル」もスタートする。

▼ デザインで選べる“双子の”ブロードバンド携帯〜「W11H」「W11K」
「CDMA2000 1X WIN」の発表に伴い、2つの対応端末が発表された。“自然”をテーマにした日立製端末「W11H」と、au design project端末の第二弾となる京セラ製の「W11K」だ。機能は一緒でデザインが異なる“双子”のブロードバンド端末、どちらを選ぶ?

▼ CDMA 1X WIN対応のPCカード型端末〜「W01K」
下り2.4Mbpsのデータ通信をPCで──。CDMA 1X WIN対応の京セラ製PCカード型端末は、受信感度の劣化を防ぐダイバーシティアンテナが付属する。

▼ au、1x WIN端末で3GPP動画対応〜FOMAと送受信可能に
1x WIN端末から、au端末はFOMAやボーダフォンの3G端末と互換性のある動画フォーマットを採用する。動画ダウンロードサービス「EZムービー」にも、従来のAMCに代わり、ストリーミングに適したフォーマットを使う。

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!