Special
2015年11月04日 10時00分 UPDATE

3名様にお届け:「Surface 3」のモニター募集中! Windows 10×指紋認証で「安全・便利なワークスタイル」を体験してみませんか?

[PR/ITmedia]
PR

 ノートPCとしても利用できるタブレット――そんな触れ込みで日本マイクロソフトが今年発売した「Surface 3」。単体で使っても十分便利ですが、Windows 10の新機能によってさらに魅力を引き出せるようになったのをご存知でしょうか?

 その秘密は、Windows 10で新たに搭載された生体認証機能「Windows Hello」です。Surface 3に外付けの指紋認証ユニットを装着するだけで、従来のパスワードに代わって指紋認証が利用可能に。より安全・便利にSurface 3を活用できるようになったのです。

photo Surface 3へのUBF-Hello装着イメージ

 とはいえ、実際に触ってみないとそのメリットが分かりにくいという方も多いはず。そこで今回、ITmedia ニュースでは「Surface 3」と専用指紋認証ユニット「UBF-Hello」のモニター(お試し)キャンペーンを実施します!

 ご応募いただいた方の中から3名様に、Surface 3(タイプカバー付き、Wi-Fiモデル)とUBF-Helloをセットでお届け。お仕事の中で一定期間お使いいただいたうえで、その感想や使い勝手などをお伺いします。さらに今回、UBF-Hello単体を300名様にプレゼントするダブルチャンスも! いずれの場合もお届けした製品はずっとお使いいただけますので、この機会にぜひご応募ください。

monitor_button.gif

これは便利! 記者がSurface 3(私物)に指紋認証ユニットを付けてみた

 Surface 3は、フルバージョンのWindows 10を搭載するタブレット端末。オプションのキーボードカバーを装着すればノートPCとしても使えるのが特徴です。ITmedia ニュースではこれまで2回にわたって、その業務利用メリットをお伝えしてきました。

 これらの記事に自ら触発され、自腹でSurface 3(LTE版)を購入してしまったのが編集担当の記者。今回、モニターキャンペーンの実施にあたってUBF-Helloを借りることができたので、さっそく私物のSurface 3に装着してみることに……。

指紋認証ユニットはSurface 3を“真の姿”に変える!?

 UBF-Helloは、Surface 3に最適化された重量わずか4グラムの小型指紋認証ユニットです。Surface 3の薄さに合わせてデザインされており、側面のUSBポートに差すとすっぽりと気持ちよく収まります。Surfaceのスタイリッシュな外観を損ねないのはもちろんのこと、これなら持ち運び時に邪魔になることもなさそうです。

photo UBF-Helloは非常に小型
photo 本体に取り付けても違和感なし

 Surface 3本体に接続し、対応するドライバーをインストール。あとは画面指示や簡易マニュアルに沿って簡単な設定を行うだけでOKです。記者の場合、UBF-Helloを接続してから10分ほどで、指紋登録までの一連の準備を終えることができました。

UBF-Helloの利用開始手順

  • Surface 3のUSBポートに接続
  • ドライバーをインストール
  • Windows 10の設定画面から、パスワードとPINを設定
  • Windows Helloが使用可能になるので、自分の指紋を読み込む

 それでは、さっそく指紋認証にチャレンジしてみましょう。端末のロック解除画面で指紋認証ユニットに指をかざしてみると……。

photo
photo

 「ようこそ」

 読み込んだ! というわけで、無事にロックを解除することができました。これ、思った以上にめちゃくちゃ簡単です。

 ちなみに記者の場合、Windowsのログインパスワードが比較的長いため、Surface 3のロック解除画面で毎回手入力するのがかなり面倒だと感じていました。Windows 8以降で搭載されている「ピクチャーパスワード」も試してみましたが、解除手順を忘れてしまったりして挫折。とはいえパスワードを設定しないのもセキュリティ的にNGだろうと思い、不便なのを我慢しながら毎回パスワードを打ち込んでいました。

 そんな不満が、今回の指紋認証機能によってすっかり解消されたように思います。タブレットモードの時もノートPCモードの時も、使い始める際はすっと指をかざすだけ。言葉にするとあっさりしていますが、タブレットの特徴である“ぱっと取り出してすぐ使える”というメリットを100%引き出せるようになりました。

monitor_button.gif

簡単・便利なだけじゃない なりすましを防いでもっと柔軟なワークスタイルへ

 もちろん、指紋認証は単にユーザーの利便性を上げるだけではありません。指紋は1人1人の身体にひもづく改ざん不可能なデータのため、何者かによるなりすましを防ぎ、企業としてのセキュリティ対策を向上させる効果も見込めます。

 端末のロック解除や各種Webサービスなどで一般的に使われているパスワードは、ひとたび漏えいしてしまえば第三者が容易に本人になりすますことができてしまいます。また近年、第三者が何らかの方法で入手したユーザーIDとパスワードのリストを使い、クラウドサービスなどに不正ログインする「リスト型攻撃」も頻発していると言われています。

 特に、Surface 3のようなタブレットの場合、社外のカフェなどで仕事をしている時に、悪意ある第三者にパスワードを盗み見られてしまう――といった可能性も否定できません。パスワード漏えいをきっかけとするリスト型攻撃のリスクを減らす上でも、企業にとって生体認証は安全性の高いログイン方法だと言えるでしょう。

 またUBF-Helloは、提供元であるDDSの指紋認証ソリューション「EVE」シリーズと組み合わせることで、サーバ上でログ管理を行ったり、Active Directoryと認証基盤を連携させたり――といったこともできます。企業が大規模に端末管理を行う上でも、Surface 3とUBF-Helloの組み合わせは大きなメリットがありそうです。

 さまざまな場所でノートPCとしてもタブレットとしても使える「Surface 3」。指紋認証ユニットを取り付けることで、これまで以上に便利で安全に使えるようになりました。あなたの仕事でも、Surface 3とUBF-Helloを組み合わせた新しいワークスタイルを体験してみませんか?


 募集要項は以下の通りです。入力フォームに必要事項をご記入の上、送信してください(注意事項も必ずご確認ください)。お申し込み多数の場合は厳正な審査の上、当選者を決定させていただきます(期間中、3回に分けて選定させていただきます)。

 なお、モニターの選定からもれた方にも、Surface 3 専用指紋認証ユニット「UBF-Hello」単体が合計300名様に当たるダブルチャンスがあります。こちらもご期待ください。

 当選のご案内はメールにてお送りします。Surface 3とタイプカバー、UBF-Helloを無料で手に入れられる貴重な機会ですので、奮ってご応募ください!

monitor_button.gif

■モニター当選から記事紹介までの流れ

下記のモニター応募条件と注意事項をよくお読みになり、本ページのフォームからご応募ください。

  • 応募者の中から選考でモニター当選者を決定します。当選者にはアイティメディアからメールでご連絡いたします(2015年11月を予定。当選連絡メールの送信後、3日以内に専用フォームへご回答いただけない場合、次の方へモニターの権利をお譲りいただきます)。
  • 専用フォーム上で正式なモニターお申し込み手続きをしていただきます(連絡先住所、電話番号、貸与同意事項の承諾)。
  • ご本人確認のため、本人確認書類(運転免許証、パスポートなどご住所の確認できる書類のコピー/スキャン画像など)を送信していただきます。
  • アイティメディアから「Surface 3」と指紋認証ユニット「UBF-Hello」を送付いたします(2015年11〜12月を予定)。合わせて、取材用のヒアリングシートをお送りします。
  • 本製品を2週間ほどご試用いただいた上で、事前に送付したヒアリングシート(メール取材用シート)にご記入・ご返送いただきます。
  • 取材内容によっては、当社から追加取材(メールまたは電話連絡)する場合があります。

取材したモニター体験記事をITmedia内の記事ページでご紹介いたします(2016年1月〜2月を予定)。

■モニター応募条件

  • ご自身の職場で今回のモニター製品(Surface 3とUBF-Hello)を使用できる方(PC/タブレットを製造および販売する企業に勤務されている方の応募はできません)
  • モニター製品をご自身で開封、セットアップしていただける方
  • モニター製品の受け取り2週間程度で、本製品の体験や所見(製品の性能や特徴、導入後の活用法に関することなど)についてヒアリングシートにご記入いただける方
  • 勤務先業種/規模、ご自身の職種、モニター製品活用の様子を記事内で紹介可能な方(勤務先企業名およびご自身の実名などは伏せさせていただきます)
  • ITmedia内のページに、今回取材する記事を掲載することをご了承いただける方
  • 日本マイクロソフト株式会社、株式会社ディー・ディー・エスおよびアイティメディア株式会社からの情報を電子メールや送付物などでお送りする場合があることにご了承いただける方

■ご注意

  • 本製品はモニターへ1年間貸与します。貸与期間終了後、ご返却いただくか、もしくはモニターが所属する企業・組織に譲渡いたします。
  • 本企画にご協力いただく方には、アイティメディアから後日メールにて連絡する専用フォーム上で、お名前、勤務先企業名、電話番号などのご連絡先、製品貸与に関する同意事項に回答していただきます。
  • 応募内容に虚偽記載があった場合、何らかの理由により取材ができない場合は、本製品の貸与を終了する場合があります。
  • その際に発生する配送料はモニターにご負担いただきます。
  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、情報提供元である「日本マイクロソフト株式会社」「株式会社ディー・ディー・エス」および「アイティメディア株式会社」に収集されます。
  • 「日本マイクロソフト株式会社」「株式会社ディー・ディー・エス」および「アイティメディア株式会社」から電子メール、電話、送付物による情報をお送りする場合がございます。
  • 個人情報は「日本マイクロソフト株式会社」「株式会社ディー・ディー・エス」および「アイティメディア株式会社」のプライバシーポリシー下で適切に取り扱われます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2015年12月3日