ITmedia エンタープライズ

ビジネスシーンで気になる法律問題一覧

ビジネスのIT化が進む現代社会では、これまでの常識ではっきり答えの出ない法律問題が出てくることも多い。そんなビジネスの法律問題を情報ネットワーク法学会所属の研究者や弁護士が分かりやすく解説する。
news028.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

「Winnyのどこが問題か」を上司に説明する17のポイント

ファイル共有ソフト「Winny」――著作権侵害、開発者の有罪判決、情報漏洩など、ダーティなイメージがある一方、P2P技術自体が違法なわけではなく、また裁判の行方によっては新しい技術開発が萎縮するという問題も抱えている。Biz.IDの読者ならばすでにご存知だろうが、Winnyの問題点を上司に説明するための法的なポイントを2月17日に行われたWinnyシンポジウムをヒントに考えてみた。(02/23)


news109.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

「Second Life」でゲーム内通貨を米ドルに換金――出資法に抵触する?

オンライン上のゲームやショッピングでは数多くのポイントサービスが利用できる。こうしたポイントの中には、現金に換金できるものもあるようだ。現行法に抵触するかどうか、確認していこう。(02/16)


news019.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

仕事に役立つ「法律情報データベース」

Web2.0時代では、難解な法律用語に直面しても、インターネットが頼りになる。枕になりそうな六法全書や壁一面の判例集から必要な情報を探し出すというのは、もはや昔の話になった。とはいえ、オンライン情報のすべてを信用するのも無謀だ。本当に役に立つ法律データベースを紹介しよう。(02/09)


news022.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

転職で守るべき義務とは――競業避止義務って知ってる?

実力を認められてヘッドハンティングの話がくるのはうれしいものだ。いろいろな意味でチャンスでもある。しかし企業機密を不正に持ち出すのは御法度だ。また「ライバル会社に転職しない」と誓約書に一筆入れさせられる場合もある。(02/02)


news008.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

RMTは合法ビジネスになるのか?

オンラインゲームで話題になるのはRMT(リアルマネートレード)。電子マネーやポイント制度などオンライン上の経済取引を考える上でも重要なヒントがあるはずだ。(01/26)


news005.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

ドメイン名の差し押さえ――現実的には難しい?

2ちゃんねるのドメイン名を差し押さえるという報道が大騒ぎになっている。「仮差し押さえ」なのか「差し押さえ」なのか、最終的な目的が「2ch.netというドメイン名の競売」にあるのか、それとも「2ch.netというドメイン名の使用差し止め」にあるのか――いくつかの疑問を考えてみたい。(01/19)


news005.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

内部告発は保護されるのか

お前とは一緒に仕事できない――。かつて内部告発者といえば、当然のように裏切り者の汚名を着せられていた。不正行為を内部告発をしても不利益は被らないという公益通報者保護法の実態に迫る。(01/12)


news006.jpg
ビジネスシーンで気になる法律問題:

メールの証拠能力と裁判

ビジネスのIT化が進む現代社会では、これまでの常識ではっきり答えの出ない法律問題が出てくることも多い。そんなビジネスの法律問題を情報ネットワーク法学会所属の研究者や弁護士が分かりやすく解説する。(12/22)


Special

誠Focus