Broadband Weekly Top 10 (11月25〜12月1日)
ADSLモデムの選択肢が広がる

先週のトップは,NTT東日本が市販ADSLモデムの「フレッツ・ADSL」接続試験を開始するというニュース。NTTは8Mbpsサービスに向けた接続試験も検討中であり,先行する他事業者のモデム認定にも影響を与えるだろう。

【国内記事】 2001年12月3日更新

1位: 重い腰を上げたNTT,市販ADSLモデムの認定へ

2位: Yahoo! BB,“副収入”確保への道のりは?

3位: 動き出したNTT-BB,29日より試行サービスを提供

4位: 通信を変える“長楕円軌道衛星”って何だ?

5位: Yahoo! BBが乗っ取り? NTT局スペース配分に“早い者勝ち”の弊害

6位: セキュリティチェック

7位: WOWOW,ネット配信に参入――12プロバイダで番組を放送

8位: 幻となった最大108Mbps〜プロキシム

9位: 信産業の失速とブロードバンドの行方

10位: NEC,ADSLモデム内蔵型・ワイヤレス型など3機種の8Mbps対応ルータを発表

次点: ブロードバンド放送では広告は無用?――テレビ業界

 先週のトップは,NTT東日本が市販ADSLモデムの「フレッツ・ADSL」接続試験を開始するというニュース。モデムベンダーはこれまで,NTT地域会社は「門前払い状態」であると嘆いていたが,同社が動いたことでようやく市販ADSLモデム市場の拡大が期待できる。NTTは8Mbpsサービスに向けた接続試験も検討中であり,先行する他事業者のモデム認定にも影響を与えるだろう。

 ADSLモデムメーカーは,1機種につき約140万円の料金を支払い,NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)に試験を委託する。アップデート用ファームウェアなどの場合は,約15万円が必要だ。

 気になるのは,G.liteおよびG.dmtの兼用モデム(コンパチモデム)だ。この場合は,2回分の検証費用が必要になるのだろうか? NTT-ATでは,「1台分プラスアルファ」と表現しており,単純に2回分の料金を請求するわけではなさそう。今後,主流になると目されているコンパチモデムだけに,製品価格にはね返るような料金設定にはしてほしくない。

 NTT東日本とNTT-ATは,12月19日にモデムメーカー向けの説明会を実施する予定だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!