ニュース
» 2020年09月01日 15時20分 公開

消費者に調査:コロナ禍の夏休み、「レジャーや旅行せず自宅派」が6割 (1/2)

コロナ禍で夏休みも自粛モード。消費者の約6割が「旅行などせず家で過ごした」。リサーチ会社が調査。

[ITmedia]

 コロナ禍で自粛ムードが広がった夏休み。リサーチ会社のクロス・マーケティング(東京都新宿区)の消費者調査によると、今夏「レジャーや旅行などに行かず家で過ごした」人は約6割に上り、前年の倍以上の割合となった。県外旅行といった長距離の外出をする人は特に減っており、やはり行楽自粛の動きが大勢を占めたようだ。

photo コロナ禍で夏休みも「巣ごもり派」が多かったようだ(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

コロナ禍での「自粛疲れ」は増加

 調査はクロス・マーケティングが8月21日〜23日にかけて、全国の20〜69歳の男女2500人にネット上で実施した。同社は新型コロナウイルス関連の消費者調査を3月以降定期的に行っており、今回で10回目。

 まず、「直近1週間で不安を感じているか」と聞いたところ、実際に感じている人は42.6%となり、7月の前回調査より5.7ポイント低下した。新型コロナの感染者数増加の動きがやや落ち着いたことや、コロナ禍の長期化による一種の「慣れ」もあるとみられる。

photo 新型コロナで不安・ストレスを感じている人の割合(クロス・マーケティング「新型コロナウイルス生活影響度調査(第10回)」。グラフは一部除き端数省略 )

 「自粛することへの疲れ」を感じている人は約42.6%と、逆に4.4ポイント増加した。シンプルに「ストレスを感じている人」の方も微増傾向にある。先の見えないコロナ禍がもたらす自粛ムードの中で、消費者は少なからず疲労やストレスを感じ続けているようだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -