2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース
誤解だらけの日韓関係を問う:

日本の若者が「それでも」韓流に熱狂するワケ――中高年が理解できない深層心理 (1/5)

若者を中心にいまだ根強い韓流ブーム。反韓感情も少なくない中高年世代とは裏腹の「憧れの国」に。日韓関係を長く取材してきた毎日新聞記者が真相に迫る。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

編集部からのお知らせ:

本記事は、書籍『反日韓国という幻想 誤解だらけの日韓関係』(著・澤田 克己 、毎日新聞出版)の中から一部抜粋し、転載したものです。著者は毎日新聞外信部長で、朝鮮半島情勢について長く取材してきた記者。特に中高年世代からはちょっと理解しづらい、日本の若者の世代の根強く途切れない「韓流ブーム」の真因について、当事者の声などから迫ります。


 自らもK‐POPにはまった経験があり、現在はSNSマーケティングの仕事に携わる飯塚みちかさんは「昔だったら日本のアイドルにはまっていたはずの子たちが、今はK‐POPにはまっている。日本のエンタメ業界は、もう少し危機感を持った方がいい」と話す。

photo
日本だけでなく世界中の若者が熱狂する韓国のアイドルグループ、BTS(防弾少年団、ロイター提供)

日本のテレビは「おじさん、おばさん向け」

 島根県出身の1991年生まれ。高校生の時にK‐POPのファンとなり、早稲田大文化構想学部4年生の時、韓流アイドルのマーケティング手法や先進的なスマホビジネスについて学びたいと高麗大(ソウル)に留学した。

 大学卒業後はSNSマーケティングの仕事をしつつ、韓流関連の記事をWebメディアに書いたり、少女漫画雑誌でファッションや韓国トレンドの特集をする際に企画を担当したりしている。

 そんな飯塚さんがマーケティングの仕事をしていて感じるのは、日本のエンタメ業界が小学生や中高生を相手にしていないことだ。少子化の影響もあって、若年層をターゲットにするという時でも可処分所得のある20代以上になってしまうのだという。日本の地上波テレビが「おじさん、おばさん向け」になっていると言われるのと同じ現象だろう。

 一方で、「K‐POPはきちんとした世界戦略の下で若者に食い込む努力をしている」。

 スマートフォンやネットがあれば無料で楽しめるユーチューブなどを活用し、おカネがなくても楽しめるコンテンツを提供する。そこからファンを拡大してビジネスを広げるのが、韓流ビジネスの基本戦略となる。

 飯塚さんと待ち合わせたのは、韓流関連のショップや韓国料理の店が建ち並ぶ東京・新大久保だ。平日の昼過ぎだというのに制服姿の女子高校生らしい集団をたくさん見かけた。

 飯塚さんは「修学旅行で東京へ来たという地方の子たちが多い」と話す。小学生や中高生向け雑誌の読者アンケートでは、「東京で知りたい町」として不動の1位だった原宿を新大久保が抜くことも出てきたそうだ。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る