特集
» 2012年12月28日 11時52分 公開

恋と笑いの最先端:この冬、この漫画であったまろう! 今をときめくラブコメ漫画10選 (5/5)

[漣,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

なぜか心やすらぐ、残念人間たちの下宿 『僕らはみんな河合荘』(宮原るり)

photo 『僕らはみんな河合荘』(作:宮原るり)

 アニメや漫画を見て「この世界に入りたい!」と思うこと、ありませんか? 『僕らはみんな河合荘』に対してはそんな思いを抱かずにはいられません。ラブコメとしても破壊力バツグンです。

 男子高校生の宇佐は親の転勤をきっかけに、河合荘で下宿生活を始めます。学校の憧れの先輩と一緒の下宿先だ! と喜ぶ宇佐ですが、「河合荘」はまさに「かわいそう」な人たちが集う、にぎやかすぎる住まいでした。ダメ男に引っかかり続ける幸薄きOLキャラ・麻弓さんや、行き過ぎたドMっぷりをいつも発揮しているシロさん、化粧の厚い“サークルクラッシャー”な女子大生・彩花さんといった面々が、下ネタ上等で言葉巧みなギャグ展開を連発していきます。

 でもこのダメな感じのにぎやかさが、すごく愛おしく見えてくるのが本作。ふざけまくって、時々しんみりしたと思ったら、そんなムードをブチ壊してまたふざけあって……。バカバカしくてさわがしいのに、穏やかな気持ちになれるから不思議です。ずっとこの世界に触れていたい――そう感じる居心地のよさは、主人公の宇佐くんを通じて読者も共有できるのではないでしょうか。

 人間関係における、人の心の動きにも敏感な作品です。「ここに突っ込むのか!」と思ってしまうような、際どい話に突入することもあり、ちょっと残酷な一面も描く。だからこそ、バカバカしい河合荘での時間が輝きを増すんですね。マイナスな気持ちを持ち帰っても、河合荘での時間はそれを簡単に浄化してくれる。……浄化というより、下ネタで上塗りしてくるともいえますが(笑)。遠慮ない毒舌合戦が、癒しになっているのです。

 もちろんラブコメとしても素晴らしく、大切な一瞬が丁寧に描かれています。律ちゃんの赤面は、いつも僕らをアツくするんですねぇ。表紙イラストがまた、毎回すばらしいクオリティですので、表紙にドキッとした人もぜひ読んでみてほしいです。

 いいなあ河合荘。でも住むのはちょっと大変そうだから、そうだな、河合荘の猫になりたいです。

そのヒロイン、人外につき――『モンスター娘のいる日常』(オカヤド)

photo 『モンスター娘のいる日常』(作:オカヤド)

 まさしくタイトル通り、人外ヒロインとのラブコメ漫画です。今回上げている10作の中でも1番の変わり種ですが……決してイロモノに終わることのない面白さがあります。

 ラミアのミーア。ハーピーのパピ。ケンタウロスのセントレア。まったく違った種族のモンスター娘たちと同居することになり、ハーレム状態、イチャイチャし放題の主人公。ただし、ハーレムといっても相手はモンスター。ラミアには蛇体の部分で締め付けられて苦しんだり、ハーピーにはつかまれてさらわれたり、ケンタウロスには踏まれたり……幸せな一方で結構な災難に見舞われます。

 作者のオカヤドさんはWebサイトを通じても、こうしたモンスター娘漫画を描いていましたので、それを目にした人も結構いらっしゃるのでは。本作もそんな作者だからこその、モンスター娘にかけるこだわりを感じる内容となってます。

 ヒロインたちは人間とは違った生き物で、それぞれ特徴を持っています。ラミアは変温動物ですし、ハーピーはトリ頭で物忘れが激しい。ケンタウロスは腰から下は馬だからビッグサイズです。そんな個性がコテコテなラブコメと相まることで、新鮮な雰囲気が生まれているのですね。この娘はこんなことができるが、逆にこれが弱点といった具合に、人外だからこそのフラグや発見が面白い!

 しかしまあこの3人、それぞれとってもかわいいんですね。お色気成分もばっちり。積極的に主人公に迫ってくるヒロインたちには、ニヤニヤするのみ! でも人外となると、一線超えたらどうなってしまうんでしょうか……。モンスターという設定に一歩引いてしまう人もいるかも知れませんが、しかし未開の地に足を踏み入れるような感じで、手にとってみてはいかがでしょうか。普通とはひと味もふた味も違ったラブコメ世界が、ここにあります。


 いかがでしたでしょうか。どれも胸をあたためてくれるステキな漫画たちです。身体を休めながらゆったりと漫画を読むのも、寒い冬にぴったりだと思います。

著者紹介:漣

中学のころに「最終兵器彼女」と出会って狂わされたブロガー。こじれた思春期と甘いラブコメとめんどくさい女の子にごちそうさま。1日1冊まったり漫画を読みながら暮らしています。

ブログ:「正直どうでもいい


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる