エンタープライズ:ニュース 2003/11/04 23:58:00 更新


Borlandが新COOを指名

BorCon 2003を開催中のBorlandが、新しいCOOを迎えることを明らかにした。McKinsey & Companyでハイテク分野を担当したアーノルド氏は、事業戦略、製品開発、およびセールス、マーケティングと幅広く同社の運営を統括することになる。

 年次デベロッパーカンファレンス「BorCon 2003」が本格的に開幕した米国時間11月3日、Borlandはスコット・アーノルド氏を執行副社長兼COOに指名することを明らかにした。同氏はCOOとして、事業戦略、製品開発、およびセールス、マーケティングと幅広く同社の運営を統括することになる。

 デール・フラー社長兼CEOは、「スコットは、ALM(Application Lifecycle Management)戦略を進めるBorlandを次なる成長へと前進させるべく、運営チームを牽引してくれるだろう」とニュースリリースでコメントしている。

 また、BorConのホストを務めるデベロッパーリレーション担当副社長のデビッド・インターシモン氏は、「アーノルド氏のCOO就任は、われわれの顧客であるデベロッパーらにメリットをもたらす」と話した。

 アーノルド氏は、McKinsey & Companyで15年間働き、多くのソフトウェアインフラ企業を担当した。同社のシリコンバレーオフィス開設に携わり、最近では西海岸における同社のテクノロジーセクターを担当していたという。

関連記事
▼BorCon 2003でベールを脱いだ「Delphi 8」、.NET Frameworkをフルサポート
▼ライフサイクル管理でソリューション志向を鮮明に打ち出すBorland
▼創立20周年記念のBorCon 2003開幕、「革命」の前夜祭にBorland信奉者が結集
▼BorCon 2003 Report
▼Borlandの「JBuilder X」登場、Webアプリ開発加速へ
▼エンタープライズ:ボーランドのJava開発ソリューションで始めるALM開発のすすめ

[ITmedia]



Special

- PR -

Special

- PR -