Special
» 2006年04月27日 00時00分 公開

Windowsインフラ構築ビジネスの強化を目指し、コンサルティング パートナー制度を採用コンサルティング パートナー最前線

業務業種ソリューションを中心に事業を展開するインテックは、今後のビジネスの柱とすべくWindowsインフラ構築ビジネスの強化に取り組んでいる。その手段として同社は、「Microsoftコンサルティング パートナー制度」を利用し、MCS(Microsoft Consulting Services)のノウハウを積極的に活用する方針だ。

[PR/ITmedia]
PR

株式会社インテック

  • 所在地:東京都江東区新砂1-3-3(東京本社)
  • 代表者:代表取締役 執行役員社長 宮地秀明
  • 創立:1964年1月11日
  • 資本金:204億55百万円(2006年4月1日現在)
  • 事業内容:ITコンサルティング、システムインテグレーション、ソフトウェア開発、アウトソーシング、ネットワーク、ユースウェア、ユビキタスソリューション、レガシーマイグレーション、CRMソリューション、情報セキュリティソリューション、eビジネスソリューション、業種別ソリューション(製造、流通・サービス、金融・保険・証券、医療、公共・行政ほか)

 インテックは、官公庁や大企業向け業務業種アプリケーションによるソリューションビジネスを全国規模で展開する大手システムインテグレーターである。もともとホスト系システムを扱ってきたため、Windowsプラットフォームによるシステムを開発する際も、業務業種アプリケーションの部分が最重視されてきた。人材面でも、業務知識を身に付けたエンジニアが豊富であるのに対し、システムインフラの設計、構築を担当するエンジニアは不足がちで、人材の育成・確保が課題だった。

 そこでインテックでは、システムインフラに関するビジネスを強化するために、2005年10月に「ITプラットフォームサービス事業部」を設置。Windowsプラットフォームのシステムインフラ構築全般を担当することとなった。そして、施策の一環として「Microsoftコンサルティング パートナー制度」に参加した。

 「当社には、Windowsの基盤系システム構築のノウハウを組織的に育成・共有する仕組みが不足していました。そこで自社としてのノウハウを蓄積するとともに、基盤系システムを理解した人材を早期に育成するためにも、コンサルティング パートナー制度を活用することに決めました」と話すのは、認定コンサルタントのひとり、IT基盤グループ マネージャー、五艘豊氏。

 ITプラットフォームサービス事業部では、Windowsプラットフォームの基盤設計や構築を主に担当する。認定コンサルタントは社内他事業部の営業部署と協力し、Windows基盤の案件発掘に力を入れている。既に、5000ユーザー規模の企業情報ポータル構築の案件を受注するという実績もある。

 コンサルティングと設計に関しては、MCSが提供する「コンサルティング エクスプレス」を積極的に活用している。

 「これまでWindowsプラットフォームの基盤設計、構築に関しては、エンジニア個人の経験と実績に頼って設計することが多く、そのノウハウを他案件で活かせなかった点がありました。そうした反省を踏まえ、現在は基盤技術のノウハウを事業部で蓄積、加工し、次に活かしていこうと考えています」(五艘氏)

 現在は「Active Directory設計」および「Exchange Server設計」の資格を取得した認定コンサルタントが、五艘氏を含め5名在籍している。「SharePoint Portal Server設計」「Microsoft Windows Rights Management Services設計」の認定資格の取得も予定しており、延べ20人の認定コンサルタント体制になるという。

 「Active DirectoryとExchange Serverは、Windows基盤には欠かせません。また、当社は過去にLotus Notes/Dominoビジネスを扱った実績があり、そのマイグレーションのためにSharePoint Portal Serverにも力を入れています。さらに、セキュリティ対策として注目されているRights Management Servicesにも注目しています」(五艘氏)

 インテックには、業務システムのノウハウがある。同社ではそれを活かし、業務アプリケーションとの連携したWindowsプラットフォームの基盤を構築できる点を特色としていきたいと考えている。

photo

ITプラットフォームサービス事業部 IT基盤グループ マネージャー 
五艘 豊氏

 五艘氏は、自社ブランドコンピュータのハードウェア開発の仕事を経て、NetWareやLAN Manager以前のPC LANの時代からネットワークインフラ構築の業務に従事。一時は、教育ビジネスや社内のエンジニアに対する社内サポートにも携わっていた。ITプラットフォームサービス事業部の設立と同時に配属、現在はインテックの基盤ビジネスを担う中心人物のひとりである。認定コンサルタントとして活躍する現在は、コンサルティング エクスプレスを積極的に活用。「きっちり漏れなくお客さまのニーズ、考えていることを引き出せるので、非常に役立っています」と話す。

「当社の強みは、設計から構築、運用まで一手にお引き受けできることです。アウトソーシングの部門もあり、基盤に関してはお客さまが望まれることをほぼすべてカバーできると考えています」


photo

ITプラットフォームサービス事業部 IT基盤グループ リーダー 
清水 充氏

 業務アプリケーション開発のプロジェクトリーダーというキャリアを持つ清水氏。現在は、マイクロソフト プラットフォームによるソリューション提案の業務を担当する。認定コンサルタントになったことで、「プラットフォームからアプリケーションまでのシステム全体をコーディネートできるように、ビジネスの幅が広がりました」という。ビジネスのスピードを加速するためにも、早期に課題を解決するのが認定コンサルタントの役割だと考えている。コンサルティング エクスプレスについては、マイクロソフトの過去の実績をベースにした網羅性の高いベストプラクティスが有用とのことだ。

「当社は、お客さまの業務に関するノウハウに加え、マイクロソフトのベストプラクティスを武器に、最適なソリューションをスピーディに導入します。Windowsプラットフォームでのシステム構築をご検討の際は、ぜひ当社をご用命ください」


photo

ITプラットフォームサービス事業部 IT基盤グループ リーダー
馬場 昭宏氏

 Active Directory設計、およびRights Management Services設計の認定コンサルタントである馬場氏は、入社以来、Windowsによる情報/インフラ系システムの設計、構築を担当してきた。MCSE on Microsoft Windows NT4.0/2000の資格も持ち、インフラ構築を中心としたプロジェクトリーダーとして活躍している。豊富なプロジェクトの経験から「環境や状況を十分に理解するために最も重要なお客さまとのコミュニケーションは、私の最も得意とする分野」と話す。コンサルティング エクスプレスについては「Windows設計要素が網羅されており、ベストプラクティスは非常に有効」と語る。

「インテックのこれまでに蓄積した膨大なノウハウにマイクロソフトのベストプラクティス、最新情報を加え、さらに付加価値の高いサービスを提供します。また、セキュリティ対策の基盤を構築することが可能です。ぜひ当社をご用命ください」


photo

ITプラットフォームサービス事業部 システムエンジニア 
谷津 麻利子氏

 SharePoint Portal Server設計の認定コンサルタントである谷津氏は、以前からWindowsインフラの構築を担当してきた。認定コンサルタントの資格を取得したことで、「お客さまから安心して仕事を任せていただける1つのアピールポイントになりうるものと考えています」と話す。現在は、コンサルティング エクスプレスを利用して、顧客に最適なシステム設計を提供。「お客さまのビジネスの成功を支援する視点に立ち、最適なシステムを提案するための設計を心がけています」という。また、Webサイト構築の経験から、顧客がイメージするシステムを提案できることが強みとのことだ。

「当社では、各技術を体系化し、高度で大規模なシステム構築を実現する体制を整えています。そのノウハウにマイクロソフトのベストプラクティスと最新情報を加え、さらに付加価値の高いサービスをご提供します」


photo

ITプラットフォームサービス事業部 IT基盤グループ システムエンジニア 
小田野 宏一氏

 Windows ServerとSQL Serverを使用したデータウェアハウスのシステム構築に関わってきたという小田野氏。認定コンサルタントの資格を取得した現在、Active Directory、SharePoint Portal Server、Exchange Server、Rights Management Servicesの各製品によるインフラの設計・構築を担当する。アプリケーション構築にも深く関わってきたことで、「お客さまのご要望を的確に理解できることが私の強みです」と話す。コンサルティング エクスプレスは高く評価しており、「ベストプラクティスが定義されていることで、最も重要なベース部分の道筋が明確になりました」と考えているという。

「認定コンサルタントの立場から、お客さまのビジネス課題を解決するプロフェッショナルとしてご支援させていただきます。システムにおける課題がありましたら、何なりとお申し付けください」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:マイクロソフト株式会社
制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2006年5月26日