Special
» 2007年11月28日 10時00分 公開

中堅中小企業向け IT活用応援キャンペーン:知って得する! ソフトウェア購入の秘訣[Officeスイート編]

今回は、多くの企業で導入されている「2007 Microsoft Office system」の一歩先を行った使い方と、これからのビジネスに対応するOfficeスイートの選び方をご紹介します。

[PR/ITmedia]
PR

この記事は、マイクロソフトが発行するIT ソリューション マガジン「IT's Power(イッツパワー)創刊号」の内容を一部改訂し、掲載したものです。関連する情報はこちらでご覧になれます。


今やOffice Standardはあたり前、ビジネスをもっと進めるにはOffice Pro Plus以上!

 2007 Microsoft Office systemが登場し、いま多くの企業で導入が進んでいます。新しいユーザーインタフェースやグラフィックスエンジンの採用、優れた視覚効果機能などによって、目的とする結果をより早く得られるようになりました。しかし、2007 Microsoft Office systemの良さは、それだけではありません。「Office Professional Plus 2007」や「Office Enterprise 2007」を利用すれば、多くの企業や組織で重要な課題となっている情報の保護やコンテンツ管理なども効果的に行えるようになります。今回は、これからMicrosoft Officeスイートを導入しようとお考えのお客様に、組織の力となる一歩進んだMicrosoft Officeの使い方をご紹介します。

・作成したドキュメントを保護し、情報の不正使用を防ぎたい

 Professional PlusまたはEnterpriseに含まれる情報保護機能(IRM=Information Rights Management)を利用すれば、作成したドキュメントや電子メールメッセージなどを安全に保護することができます。ドキュメントを開いたり、変更や印刷、転送などを行う権限をユーザーが定義できるので、情報の不正使用防止に役立ちます。例えば、関係者に配布した社内の機密文書の情報が外部に漏えいすることのないように、IRMを使用して指定した関係者だけがドキュメントを閲覧したり、編集したりする設定が可能です。

・さまざまなデータを分析して、的確な意思決定を迅速に行いたい

 「Access 2007」を利用すれば、用意されたテンプレートと直観的なインタフェースで、データベースに関する詳しい知識がなくても、膨大な情報の管理やリポートの作成を容易に行うことができ、的確な意思決定を迅速に行えるようになります。Excelをはじめ、Microsoft SQL Serverデータベース、ODBCデータソースなどのフロントエンドとしても活用できるので、基幹システムや業務システムのデータにアクセスして分析することも可能です。

・統合されたコンテンツ管理機能で、情報を安全に共有したい

 Professional PlusまたはEnterpriseには、SharePoint Serverを組み合わせて利用する拡張機能「エンタープライズコンテンツ管理」「電子フォームサービス」が含まれています。これらの機能を活用することで、情報コンテンツを統合的に管理できるとともに、安全な情報アクセスを実現します。例えば、作成途中のドキュメントをパージョン管理しながら関係者で共有したり、作成したドキュメントのワークフローをアプリケーションから直接開始したり、InfoPathと統合して情報を合理的に収集したりできます。

・場所を問わず、他部門や社外のメンバーと、安全に情報を共有しながら業務を進めたい

 Enterpriseに含まれる「Groove 2007」を利用すれば、仕事の場所やオンライン/オフラインに関係なく、プロジェクトのメンバーが共同で作業(ファイルの共有、ディスカッション、スケジュールの共有、メンバの在席状況確認、チャットなど)を行うワークスペースを設置できます。ワークスペースは、サーバのような特別なインフラを必要とせず、部門を越えたプロジェクト、社外メンバが加わったプロジェクト、短期的なプロジェクトで手軽に利用できます。

「Professional Plus」の提供はライセンスだけ!

 「Microsoft Officeスイート」には、企業が導入する際に適した3つのボリュームライセンスが用意されています(下表参照)。「Office Standard 2007」は、使い勝手を大きく向上させた新しいユーザーインタフェースの採用により、個人の仕事の生産性を高める標準製品です。スイートには、高品質なドキュメントが作成できる「Word」、情報を分析、管理するスプレッドシート「Excel」、時間と情報の有効活用を実現するメッセージングツール「Outlook」、プレゼンテーション資料を迅速に作成できる「PowerPoint」の4つのアプリケーションが含まれています。「Office Professional Plus 2007」または、「Office Enterprise 2007」は、組織の生産性向上に最適な製品です。

 Microsoft Office Standard 2007Microsoft Office Professional Plus 2007Microsoft Office Enterprise 2007
ボリュームライセンス製品での提供
Microsoft Office Word 2007
Microsoft Office Excel 2007
Microsoft Office Outlook 2007
Microsoft Office PowerPoint 2007
Microsoft Office Publisher 2007 
Microsoft Office Access 2007 
Microsoft Office InfoPath 2007 
Microsoft Office Communicator 
Microsoft Office OneNote 2007  
Microsoft Office Groove 2007  
Microsoft Office InterConnect 2007   
エンタープライズコンテンツ管理※1 
電子フォームサービス※1 
情報保護機能※1 

※1エンタープライズコンテンツ管理、電子フォームサービス、情報保護機能(Information Rights Management) はコンポーネントではなく、拡張された機能です

今なら、「Professional Plus」がお得にご利用いただけます!:中堅中小企業向けIT活用応援キャンペーン実施中!

 マイクロソフトでは、現在、Microsoft Office Professional Plus 2007の出荷価格を15%OFFでご提供するキャンペーンを実施しています。この機会に一歩先を行ったOfficeスイートをご検討いただき、一歩先をいったビジネスを実現してください!他にも「3ライセンスから購入可能」「導入支援ギフト券プレゼント」といった特典を得られるキャンペーンも実施しております。この機会をお見逃しないよう、ぜひご活用ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:マイクロソフト株式会社
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2007年12月11日