Special
» 2020年11月17日 10時00分 公開

経験則から明かす「データ活用の要件」:ピンチをチャンスに変える「データ活用」は何が違うのか

コロナ禍を受けて、社会、ビジネスのデジタル化が急速に進む中、データ活用は企業の存続を左右するテーマになっている。だが、これまでもうまくいかないケースが散見された。一体どうすれば成果を獲得できるのか。

[PR/ITmedia]
PR

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みでは、華々しい成功事例ばかりが注目を集めがちだ。だが経営環境の変化が激しい現在、新たな取り組みがいきなり成功する確率は低い。失敗を許容しつつも、そこから得た学びを次のアクションに有効に生かすスタンスが求められる。

 成功への最短距離を歩む上で不可欠なのが「データ」だ。特にコロナ禍においては社内外のビジネスコミュニケーションが急速にデジタル化されており、トライアル&エラーを迅速に繰り返しながら効率的に事業を成長させるには、データ活用が自社の生命線を握る取り組みとなる。

 だが、これまでもデータ活用に取り組みながら、成果が得られなかった企業は少なくない。一体どうすれば、“今度こそ”成果を獲得できるのだろうか。データ活用に悩んでいる担当者の駆け込み寺のような存在になっている企業に「データ活用成功の要件」を聞いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:インキュデータ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia エンタープライズ編集部