BEA eWorld 2004 Report

新着記事

Interview:
BEAのチュアングCEO、SOAとオープンソースを語る
BEAは「BEA eWorld 2004 San Francisco」において、幾つかの新製品を発表し、IBMやMicrosoft、Sun Microsystems、Oracleなど、同じくSOAを提唱しているライバル各社からの差別化を図ろうとしている。会長兼CEOのチュアング氏に話を聞いた。[5/31 23:17]


BEA、Beehive発表で「NetBeans」「Eclipse」参加検討も
[海外記事] オープンソースプロジェクト「Beehive」を立ち上げたことで、BEAは「NetBeans」「Eclipse」に参加しない方針を見直す可能性がある。(IDG)[5/28 17:24]


BEA、次期WebLogic Platform「Diamond」の詳細を説明
[海外記事] 米BEAサービス指向アーキテクチャ(SOA)に力を入れる中、WebLogic Platformの次期バージョン9.0(コードネームDiamond)の開発を進めている。[5/28 09:12]


モバイルアプリ開発も簡素化──「錬金術」に挑むBEAのカリスマ
[海外記事] Quattro ProやAccessの開発でその名を知られるBEAのボスワース氏が新たなプロジェクトを開始した。モバイルワーカーに対してもオフィスと同じ操作環境を提供したい、しかも、デバイスごとの重複開発は避けたい、まるで「錬金術」のような構想だ。[5/27 04:53]


「すべてはSOAに移行する開発者の投資を保護するため」とBEAのディッゼンCTO
[海外記事] BEA eWorld 2004 San Franciscoで「Project QuickSilver」がベールを脱いだ。また、Project Beehiveのデモも行われ、ディッゼンCTOは、こうしたすべての取り組みは開発者の投資を保護するためだとし、「今すぐSOAに移行できる」とデベロッパーらを促した。[5/26 16:56]


「今すぐSOAを」── 既存EAIベンダーに引導を渡すBEAのチュアングCEO
[海外記事] 「BEA eWorld 2004 San Francisco」が開幕した。BEA創設者のアルフレッド・チュアングCEOは、統合された唯一のSOAプラットフォームであるBEA WebLogic Platform 8.1によって、今すぐSOAに取り組むよう促した。[5/26 09:52]


BEA、新構想「Liquid Computing」発表
[海外記事] 米BEA Systemsは、サービス指向アーキテクチャに基づき、ITを企業のビジネスニーズに迅速に対応させるという構想「Liquid Computing」を打ち出した。同社は新製品として、アプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server Process Edition」を発表している。[5/26 08:57]


HP、SOA推進でBEAとの連携強化
[海外記事] 米Hewlett-Packard(HP)は5月25日、サービス指向アーキテクチャ(SOA)推進に向け、新ソフト/サービスとBEAとの協力関係強化を発表、HP OpenView管理ソフトとWebLogic Enterprise Platformの統合を強化することで合意した。[5/26 08:49]

関連リンク


Special

- PR -

Special

- PR -