メディア
製品比較
» 2020年05月30日 12時00分 公開

「1万円台のオーブンレンジ」おすすめ3選 温めも焼きもバッチリ!【2020年最新版】

冷凍食品やお弁当を温める「電子レンジ」。今や欠かせない家電の1つです。この記事では、オーブン機能も備える「オーブンレンジ」のうち、1万円台の製品を選ぶ上でチェックしたいポイントを解説しつつ、それを踏まえたおすすめ商品を紹介します。

[Fav-Log]

 作り置きの料理はもちろん、弁当や冷凍食品を温める際に活躍する「電子レンジ」。今や欠かせない家電の1つといえます。最近はオーブン機能を備える「オーブンレンジ」が主流です。

 この記事では、比較的手頃な税込み価格が1〜2万円台のオープンレンジを選ぶ上でチェックしたいポイントと、それを踏まえたおすすめ商品を紹介します。

オーブンレンジ 温めも焼きもどちらもOK!(出典:アイリスオーヤマ)

大きな弁当も温める? 「庫のサイズ」をチェック

 電子レンジを使う目的の1つとして、「弁当を温める」というものがあると思います。コンビニエンスストアやスーパーマーケットで買ってきた弁当はもちろんですが、自分や家族が作った弁当を職場などで温めるケースもあるでしょう。

 特に弁当を温める機会が多い場合は、庫のサイズをチェックしましょう。特に、後述する「ターンテーブル式」のオーブンレンジでは、弁当箱のサイズに対して庫が小さすぎると、温める際に弁当箱が正常に回転できず、温めにムラが出てしまいます。

 最近でこそ、家庭用の電子レンジで温めることを想定したコンパクトな弁当箱もあります。しかし、設置場所との相談になりますが、弁当の温めを主な用途とする場合、できるだけ庫のサイズが大きいオーブンレンジを選びたいです。

庫のサイズ 弁当を温める機会が多い人は、庫のサイズが大きい機種を選びましょう(出典:アイリスオーヤマ)

コスパ重視? 手入れ重視? 「テーブルの形状」をチェック

 オーブンレンジには、大きくターンテーブル式」と「フラットテーブル式の2方式があります。

 その名の通り、ターンテーブル式オーブンレンジの庫内には「ターン(回転)テーブル」があります。これが回転することでムラなく温められます。コスト面において有利で、低価格帯の製品でよく使われます。

 ただし先述の通り、温めるものが大きすぎる場合は温めにムラが生じる可能性があります。また、ターンテーブルを含めて掃除の手間が若干かかります。

 なお、ターンテーブル式オープンレンジでは、オープン機能の利用時にターンテーブルを取り外す必要があるものも存在します。焼くものによっては、付属の金網(あるいは焼き上げ用テーブル)を取り付ける必要があります。

温めや焼きの速度を左右する 「ワット数」をチェック

 オープンレンジには“オーブン”としての機能を果たすための「電熱線(ヒーター)」と、“レンジ”としての役割を果たすための「マイクロ波発生装置」の両方を備えています(電熱線の代わりに「過熱水蒸気発生装置」を使うスチームオーブンもありますが、今回は説明を割愛します)。

 電熱線もマイクロ波発生装置も、その加熱能力はワット数(電力量)で決まります。加熱時間を短くしたい場合は、ワット数の高いものを選ぶべきですが、その分本体サイズが大きめで、消費電力も(当たり前ですが)多くなるので、気を付けましょう。

おすすめのオーブンレンジはこれ!

 上記のポイントを踏まえた上で、おすすめの1〜2万円台のオーブンレンジを3機種紹介します。

MO-T1501(アイリスオーヤマ)

 アイリスオーヤマのターンテーブル式オープンレンジです。税込み実売価格は1万円から1万4000円程度で、ボディーカラーはブラックとホワイトから選べます。

 レンジ部分の最大出力は500W(50Hz地域)または600W(60Hz地域)、オーブン/グリル部分の最大出力は1270Wと、オープン/グリルが比較的強力なので肉料理や菓子作りにも使えます。庫のサイズは15Lです。

MO-T1501

MRO-RT5(日立グローバルライフソリューションズ)

 日立のターンテーブル式オープンレンジです。税込み実売価格は2万円弱程度で、ボディーカラーはパールホワイトのみとなります。

 レンジ部分の最大出力は950W(手動設定時は最大600W)、オーブン/グリル部分の最大出力は1390W。油を使わない「ノンフライ調理」など、加熱メニューが多彩であることも魅力です。庫のサイズは18Lとなっています。庫のサイズは18Lです。

MRO-RT5

YRP-F180V(山善)

 山善のフラットテーブル式オーブンレンジです。税込み実売価格は1万5000円前後で、ボディーカラーはホワイトとブラックから選べます。

 レンジ部分の最大出力は500W(50Hz地域)または650W(60Hz地域)で、オーブン/グリル部分の消費電力は820W(グリル)または1380W(オーブン)です。フラットテーブル式なので、手入れが楽です。庫のサイズは18Lです。

YRP-F180V

こちらの記事もチェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.