メディア
製品比較
» 2020年07月16日 17時00分 公開

「iPhoneで使えるUSBメモリ」おすすめ3選 大切な写真やデータのバックアップに【2020年最新版】

「USBメモリ」にはiPhoneのLightning端子に直接接続できる製品が多く販売されています。iPhoneに保存している写真や動画など、データのバックアップに活用できます。

[Fav-Log]

 iPhoneのカメラ機能はとても向上しており、撮影した写真や動画がストレージ容量を圧迫するようなシーンも増えてきました。iPhone本体にアプリや音楽を大量に保存している場合は、余計に写真・動画のデータ領域が圧迫されがちです。

 そんな際に便利なのが、パソコンではおなじみの「USBメモリ」。iPhoneのLightning端子に直接接続できる製品が販売されており、iPhoneで撮った写真や動画のバックアップに利用できます。

iPhoneで使えるUSBメモリ:スマホ用の外付メモリがあるとどう便利?

 スマホで写真や動画を撮影する時に、ストレージの空き容量が少なくあわてて不要なデータを消去するのは切ないものです。そんな時、iPhoneのLightning端子に直接接続できるUSBメモリがあれば、スムーズにデータ領域を確保できます。

iPhoneで使えるUSBメモリ:スマホ用の外付メモリがあるとどう便利?

 またこうしたメモリがあると、家族や友人と写真データを交換する際にも便利。データ共有には、AirDropを使用したり、クラウドサービスやSNSにアップしたり、メールで送るといった手段もありますが、データサイズの大きいデータや取りためた写真をまとめてやり取りするには、USBメモリを使用するのも手軽です。

 USB端子も備えている製品も多いので、USBメモリの容量が一杯になってしまった場合に、パソコンにバックアップするのも手軽に行えるでしょう。

 なおiPhoneやiPadからUSBメモリにデータを転送する際には、そのUSBメモリに対応した専用アプリが必要になります。事前にアプリのインストールが必要なことと、データもそのアプリ経由での管理になる点に注意が必要です。

iPhoneで使えるUSBメモリ:USBメモリを選ぶ際のポイントは?

 スマホ向けのUSBメモリを選ぶ場合、最大のポイントはパソコン向けのUSBメモリと同様にデータ容量の大きさです。大容量のものを選ぶのが安心ですが、容量が大きい製品ほど高額になりますので、予算を考慮して考えたいところです。

iPhone向けアクセサリーについてAppleが認証する「MFi」プログラム iPhone向けアクセサリーについてAppleが認証する「MFi」プログラム

 パソコンへのバックアップをメインに考えているのであれば、容量が多少小さめのものでもこまめにバックアップを取ることで不都合はなく使えるはずです。iPhone本体のストレージ容量と同程度の容量があれば安心。また、PCとの接続を考えている場合には、USB側の転送速度が速いものが、PCへのバックアップ速度が速くなりますので便利です。

 なお安定性を重視するのであれば、Appleの認証システム「MFi認証」を取得している製品を選ぶようにしましょう。

iPhoneで使えるUSBメモリ:パソコン用のUSBメモリは使える?

 わざわざスマホ用のメモリを用意するのではなく、すでに持っているパソコン用のUSBメモリを使用することもできます。ただし専用の変換アダプターが必要になります。

「Lightning - USB 3カメラアダプタ」 「Lightning - USB 3カメラアダプタ」

 Apple純正のアダプターが「Lightning - USB 3カメラアダプタ」。ただし、決して安価な製品とは言えませんので、どうしても手持ちのUSBメモリを使用したい場合を除いては、Lightning端子を備えたiPhone向けのUSBメモリを新たに購入するのがおすすめです。

iPhoneで使えるUSBメモリ:おすすめモデルはコレ!

小型で持ち運びがしやすい サンワサプライ「600-IPL32GX3」

 サンワサプライの「600-IPL32GX3」は、気軽に持ち運び・受け渡しができるミニサイズのLightning対応USBメモリです。

サンワサプライ「600-IPL32GX3」 サンワサプライ「600-IPL32GX3」

 スイング構造を採用しており、端子部分を回転させて、USB/Lightningを切り替え可能。MFi認証を取得しているので、安心して使用できます。

 32GBモデルのサンワダイレクトでの価格は4480円。容量はほかに、64GB、128GB、256GB、512GBまで、大容量のモデルがラインアップされています。

フラッシュメモリの米大手のUSBメモリ サンディスク「iXpand Slim」

 SDメモリカードなどでもおなじみ、米国のフラッシュメモリ大手のサンディスク製のLightning対応のUSBメモリです。柔軟に曲がるLightningコネクタを採用しているのが目を引きます。

サンディスク「iXpand Slim」 サンディスク「iXpand Slim」

 USB端子はUSB 3.0に対応しているので、パソコンへの高速転送が可能。スムーズなデータ移行が望めます。転送用の専用アプリ「iXpand Drive」はApp Storeから無料でダウンロードできます。

 ラインアップは32GB、64GB、128GBの各モデルが用意されています。

USB 3.1でパソコンへの高速転送が可能 トランセンド「JetDrive Go 500」

 トランセンドの「JetDrive Go 500」は、台湾に本拠地を置くメモリメーカー大手トランセンド製のLightning対応USBメモリです。

トランセンド「JetDrive Go 500」 トランセンド「JetDrive Go 500」

 MFi認証フラッシュドライブの中でも最小クラスというコンパクトな製品です。

 USB側はSuperSpeed USB 3.1(Gen 1)に対応しており、最大130MB/sでPCへのデータ転送が可能。Lightning端子側は長めに設計されており、ケースを付けたままのiPhoneでもスムーズに着脱できるでしょう。

 データ容量は32GB。実勢価格は3000円前後です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.