メディア
製品比較
» 2020年07月18日 09時00分 公開

「断熱ジョッキ」おすすめ4選 ビールやハイボール、ジュースの冷たさをキープ!【2020年最新版】

夏の暑い時期、冷たい飲み物を冷たくキープできる「断熱ジョッキ」。その多くは冬も使えるオールシーズン製品だったりします。その選び方とおすすめ商品を紹介します。

[Fav-Log]

 仕事が終わった後、冷たいビール、ハイボール、お茶やジュースでのどを潤す人も少なくないと思います。しかし、夏に普通のジョッキやコップを使うと、あっという間にぬるくなってしまいます。「ビール以外なら氷を入れればいいのでは?」と思う所ですが、氷もあっという間に溶けてしまいます。水滴もたくさんつきます。

 飲み物がすぐにぬるくなったり、ジョッキやコップに付く水滴に困っていたりする人におすすめなのが、冷たさをキープしつつ水滴の付着も抑制できる「断熱ジョッキ」です。この記事では、たくさん選択肢のある耐熱ジョッキの選び方のポイントとおすすめ商品を紹介します。

マグ 耐熱ジョッキを使えば氷も溶けにくい!(写真はアトラスの「 ASJ-471MT」)

なぜ冷たさをキープできる? なぜ水滴が付きにくい?

 断熱ジョッキは、その名の通り熱を遮る構造を取り入れたジョッキです。その多くは、魔法瓶と同じ「真空断熱」構造を取っています。

 真空断熱を用いる容器では、液体などが入る層(内側)と空気に触れる層(外側)の間に「真空層」が用意されています。この真空層があるおかげで、液体から空気、あるいは空気から液体への熱の移動が抑制され、液体の温度上昇/降下を緩やかにできる上、空気の急激な温度変化に伴う水蒸気の付着を抑えることができるのです。

 「魔法瓶と同じ構造」ということで気付いた人もいると思いますが、ほとんどの断熱ジョッキは冬の暖かい飲み物の保温にも使えます。1年を通して使えることも魅力です。

熱移動抑制 断熱ジョッキは、魔法瓶と同じ仕組みで液体を保温します。そのため、夏だけではなく冬も使えます(出典:サーモス)

どのくらい飲む? 「容量」をチェック

 断熱ジョッキには、さまざまな容量(容積)があります。どのような飲み物を注ぐのか、氷を入れる事があるかどうか……など、利用シーンを想像しながら検討するようにしたいです。

 ちなみに、各社の断熱ジョッキのラインアップを見ると、350mLの缶に入った飲み物を注ぐことを想定した「400mL」前後の製品、500mLの缶に入った飲み物を注ぐことを想定した「600mL」前後の製品、泡を想定しなければビールの大瓶(633mL)も丸ごと注げる「700mL」前後の製品が多いようです。

ドウシシャの製品 ドウシシャの「飲みごろジョッキ」には、350mL缶の飲み物を注ぐことを想定した420mLの製品(左)と、500mL缶の飲み物を注ぐことを想定した600mLの製品(右)が用意されています

口当たりは良好? 「飲み口」をチェック

 コップやジョッキの飲み口は、基本的には薄いほど口当たりが良く、飲みやすくなります。しかし、構造の都合から、断熱ジョッキは飲み口が厚くなりがちです。

 そのため、購入する前に飲み口の厚さや形状をよくチェックするようにしましょう。中には、飲み口の部分を薄くしたりラウンド形状にしたりすることで飲みやすくなるように工夫している製品もあります。

飲み口 断熱ジョッキは、飲み口をしっかり確認しておきましょう

おすすめの断熱ジョッキはこれ!

 以上のポイントを踏まえた上で、おすすめの断熱ジョッキを5つ紹介します。

ASJ-471MT(アトラス)

 アトラス製の真空断熱ジョッキです。容量は470mLで、氷をたっぷり入れた上で350mLの飲み物を注ぐとピッタリなサイズ感となっています。

 冷たいものはもちろん、暖かいコーヒーやお茶などを注いでもOK。1年を通して便利に使えます。

ASJ-471MT

JDK-720(サーモス)

 魔法瓶業界では有名なサーモスが手がける真空断熱ジョッキです。容量は720mLで、500mLの缶ビールを注いでも泡が飛び出しません。外装は2種類から選択できます。

 飲み口は飲みやすい形状になっており、ハンドルも頑丈なので、長く使える1品です。食洗機での洗浄も正式サポートしているので、洗う際も手間がかかりません。

JDK-720 (画像はフラット表面モデル)

ON℃ZONE(オンドゾーン)フリージングジョッキ OZFJ420J(ドウシシャ)

 ドウシシャ製の真空断熱ジョッキです。容量は470mLで、氷をたっぷり入れた上で350mLの飲み物を注ぐとピッタリなサイズ感となっています。本体は5色から選べます。

 一般的な断熱ジョッキとは異なり、内側の層の反対側に保冷剤が仕込まれており、事前に冷凍庫で冷却しておくと、氷点下で飲み物をキープできることが魅力です。ただし、その構造から暖かい飲み物を入れることを想定していないことには気を付けましょう。

OZFJ420J

STANLEY 真空ジョッキ 0.7L(スタンレー)

 アウトドア向け魔法瓶で知られるスタンレーが手がける真空断熱ジョッキです。容量は700mLで、500mLの缶ビールを注いでも泡が飛び出しません。

 品質へのこだわりが半端なく、正規品にはメーカーの規定する使い方をしている限り保証が続く「生涯保証(Lifetime Warranty)」が付帯しています。少し値は張りますが、末永く使えるものがほしい人におすすめです。

STANLEY 真空ジョッキ 0.7L

こちらの記事もチェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 「直火式ホットサンドメーカー」売れ筋ランキング&おすすめピックアップ 好きなものを挟んで朝食や軽食に、キャンプ飯にも!【2021年9月】
  2. 新型ニンテンドースイッチ「有機ELモデル」9月24日予約スタート! 各店舗の対応まとめ
  3. 「不織布マスク」売れ筋ランキング&おすすめピックアップ アイリスオーヤマから手ごろなカラーマスクが登場! 「美フィットマスク」も人気維持【2021年9月22日】
  4. 【無印良品】「壁に付けられる家具」おすすめ5選 床置き&ごちゃごちゃとさようなら! 設置簡単で傷が目立たない優秀アイテム【2021年9月版】
  5. 「G-SHOCK」売れ筋ランキング&おすすめピックアップ タフに頼れる定番ウォッチ!【2021年9月】
  6. 【Amazonタイムセール祭り】9月25日9時スタート AppleWatch 6やFire TV Stick 4Kなどの予告アイテムをチェック【63時間のビッグセール】
  7. 【アイリスオーヤマ】「キッチン家電」名品5選 高機能でコスパ最高すぎる! 1台は欲しい家電ぞろい【2021年9月版】
  8. 「Amazon Fire TV Stick 4K Max」が10月7日発売 先代とは何が違う?
  9. 「モバイルルーター」5G対応モデルおすすめ3選 3キャリア+サブブランドの最新機種【2021年9月版】
  10. 「Windows 11」が10月5日に登場 どんなパソコンで動く? どんな準備が必要?【2021年9月版】