メディア
製品比較
» 2020年11月23日 14時30分 公開

「エスプレッソマシン」おすすめ3選 お家で濃厚なコーヒーが作れる【2020年最新版】

ここでは、エスプレッソマシンの選び方とおすすめの製品を紹介します。エスプレッソコーヒーのコクのある味と香りを楽しむためにも、お気に入りのモデルを探してみましょう。

[Fav-Log]

 濃厚な味わいと表面のきめ細かなクレマ(泡)が特徴のエスプレッソコーヒー。気持ちをリフレッシュさせるために飲むという人も多いのではないでしょうか? 「エスプレッソマシン」があれば、自宅でも専門店で出されるようなエスプレッソコーヒーが作れます。

「エスプレッソマシン」おすすめ3選 お家で濃厚なコーヒーが作れる【2020年最新版】 出典:デロンギ「マグニフィカ ESAM03110B」

 ここでは、エスプレッソマシンの選び方とおすすめの製品を紹介します。エスプレッソコーヒーのコクのある味と香りを楽しむためにも、お気に入りのモデルを探してみましょう。

エスプレッソマシン:好みに合ったタイプを選ぼう

 エスプレッソマシンは主に「全自動タイプ」「セミオートタイプ」「手動タイプ」「カプセルタイプ」の4タイプに分けられます。タイプごとに機能や使い方が変わってきます。まずはそれぞれの特徴を理解して、自分に合うタイプを選びましょう。

 全自動タイプは、コーヒー豆やコーヒー粉をセットすれば抽出まですべての工程を自動的に行ってくれるものです。ミル付きなら豆をひくこともでき、ひき立ての香りや味が楽しめます。手間を省きながら本格的なエスプレッソコーヒーを作りたい人におすすめです。機能が優れている分、価格は高めです。

エスプレッソマシン:好みに合ったタイプを選ぼう 出典:デロンギ「デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M」

 セミオートタイプは、工程の一部を手動で行うタイプです。コーヒー粉をポルタフィルターにセットする「ドーシング」や、コーヒー粉に圧力をかける「タンピング」などを手動で行います。「この工程にはこだわりたい」という場合や、全自動タイプより予算を抑えたいという場合におすすめです。

 手動タイプは、最後の抽出まですべての工程を手動で行うマシンです。自分好みのエスプレッソコーヒーを追求する上級者向けのタイプと言えるでしょう。他のタイプと比べてコンパクトサイズなので、持ち運びやすいというメリットもあります。構造がシンプルなのでお手入れもしやすいです。

 カプセルタイプは、1杯分のコーヒー粉が入ったカプセルをセットし簡単操作で抽出できるタイプです。適量の粉がすでにカプセルに入っているため、自分で計量する手間が省けます。またカプセルに密閉されているので、味や香りが落ちにくいという特徴もあります。使い終わったらカプセルを捨てるだけなので、後片付けも簡単です。

エスプレッソマシン:良質なクレマを作るには9気圧が必要

 エスプレッソコーヒーは表面にできる泡の層のクレマ、中間のボディ、一番下のハートの3層構造で成り立っています。

エスプレッソマシン:良質なクレマを作るには9気圧が必要エスプレッソマシン:良質なクレマを作るには9気圧が必要 プロ向けレベルの最大19気圧というコーヒー抽出システムを備えたネスプレッソ「エッセンサ プラス」(左)と「ピクシー ツー」(右) 出典:ネスプレッソ

 マシンの抽出圧が低い場合、質の良いクレマができず、3層構造のしっかりあるエスプレッソコーヒーを作ることは難しいでしょう。厚みのあるクレマを作るには、9気圧の抽出圧が必要になります。

 エスプレッソコーヒーの風味や見た目にこだわるなら、抽出圧は重要なポイントになるため必ずチェックしておきましょう。

エスプレッソマシン:その他の機能と洗いやすさをチェック

 濃度や温度の調整機能が付いていると、そのときの気分、自分の好み、豆の特徴に合わせてエスプレッソコーヒーが作れます。

エスプレッソマシン:その他の機能と洗いやすさをチェック 出典:デロンギ「マグニフィカ ESAM03110B」

 また、カフェラテやカプチーノが飲みたいなら、ミルクフォーマー付きのモデルがおすすめです。ミルクを泡立てて、コーヒーにかければさまざまな飲み方が楽しめます。

 お手入れのしやすさもチェックしておきましょう。長い間継続的に使うには、こまめなお手入れが欠かせません。掃除を怠るとマシンの不具合が起きたり、コーヒーの風味が落ちたりする可能性があります。

 パーツが少ない製品か、分解しやすいものが洗いやすいのでおすすめです。中には、「自動洗浄機能」を搭載しているモデルもあります。本体内部が洗浄されたあと、抽出口からお湯が出るようになっています。手間をかけずにお手入れしたいなら、自動洗浄機能も確認しましょう。

エスプレッソマシン:おすすめモデルはコレ!

デロンギ「マグニフィカ ESAM03110B」

 デロンギの「マグニフィカ ESAM03110B」は、全自動タイプのエスプレッソマシンです。豆をひくところから抽出、洗浄まですべての工程を自動で行ってくれます。ひき立てのエスプレッソコーヒーを手軽に飲むことができます。

「マグニフィカ ESAM03110B」 「マグニフィカ ESAM03110B」

 抽出時の気圧は9気圧なので、上質なクレマを作ることができます。高性能ミルクフロッサーを搭載しており、ミルクを泡立ててカフェラテやカプチーノが楽しめます。

 抽出量や濃さの調整、抽出温度の4段階調整などの細かな設定が可能です。2杯同時に抽出することもできます。自動洗浄機能搭載で、お手入れもしやすいモデルです。販売価格は6万5868円(税込、以下同)です。

デロンギ「デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M」

 デロンギの「デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M」は、セミオートタイプのエスプレッソマシンです。メタリックなデザインが印象的なモデル。

「デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M」 「デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M」

 定量設定、3段階の抽出温度設定が可能で、お好みのコーヒーが作れます。操作ボタンは3つだけと、とてもシンプル。抽出時の気圧は9気圧なので、質のよいクレマが作れます。スチームノズルを搭載しており、ミルクの泡立てが可能です。本体の横幅がわずか15センチなので、場所を取ることもありません。販売価格は4万3780円です。

ネスレ「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ」

 ネスレの「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ」は、カプセルタイプのエスプレッソマシンです。

「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ」 「ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオアイ」

 通常のコーヒー以外にも、カプチーノ、紅茶、ココア、宇治抹茶などのさまざまなカプセルが用意されています。豊富なラインアップの中から、飲みたいカプセルを選択してセットすれば、気分に合わせて好きなドリンクが楽しめます。

 最大15気圧のポンプ圧により、厚みのあるクレマを作ることができます。ひき立てのコーヒー豆を密閉しているため、抽出時にはコクのある香りや味わいが楽しめます。使用済みのカプセルは捨てるだけなので、お手入れも簡単です。販売価格は1万4800円です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.