メディア
製品比較
» 2021年02月21日 15時00分 公開

「野菜ジュース」どんな商品が人気? 売れ筋ランキングからピックアップ!【2021年2月版】

普段の食事における野菜分、あるいはビタミン不足を手軽に補う手段として便利な「野菜ジュース」。Web通販サイトではどのような商品が人気なのでしょうか。Amazonや楽天市場の人気商品の中から、おすすめのものを紹介します。

[Fav-Log]

 普段の食事における野菜分、あるいはビタミン不足を手軽に補う手段として「野菜ジュース」を飲んでいるという人も少なくないと思います。

 この記事では、2021年2月21日時点におけるAmazonや楽天市場などの売れ筋ランキングをもとに、おすすめの野菜ジュースやフルーツジュースをピックアップして紹介します。

持ち運びにも便利! 個包装ジュース

 紙パック、あるいは缶に入った個包装のパック/缶ジュースは、オフィスや外出先に弁当と一緒に持ち出すこともできて便利です。未開封であれば長期間の保存ができるものであれば、備蓄用の飲料の1つとしてストックするのもアリです。

野菜一日 これ一本(カゴメ)

 カゴメの野菜ジュースで、30品目の野菜を配合しています。個包装タイプの製品は1本200mlの紙パックと190gの缶の2種類があり、いずれも約350g分の野菜を利用して作られています。

 味はトマトベースで整えられており、砂糖、食塩や甘味料は一切使っていません。無添加ながら、紙パックは製造日から270日間、缶は製造日から約3.5年間持ちます。特に缶タイプのものは、長期保存にも最適です。

野菜一日 これ一本 紙パックタイプ(出典:Amazon)

1日分の野菜(伊藤園)

 伊藤園の野菜ジュースで、30品目の野菜を配合しています。個包装タイプの製品は1本200mlの紙パックと190gの缶の2種類があり、いずれも約350g分の野菜を利用して作られています。

 味はニンジンベースで調えられており、砂糖、食塩や甘味料は一切使っていません。紙パックは製造日9カ月間、缶は製造日から36カ月間(3年間)持ちます。特に缶タイプのものは、長期保存にも最適です。

1日分の野菜 紙パックタイプ(出典:Amazon)

野菜生活100 オリジナル(カゴメ)

 カゴメの「野菜生活100」シリーズのオリジナル(元始)に当たる風味で、20種類の野菜と3種類の果物を配合しています。個包装タイプの製品は1本100mlの紙パック、200mlの紙パックと190gの缶の2種類があります。

 味はニンジン、リンゴとオレンジをベースに整えられており、砂糖、食塩や甘味料は一切使っていません。風味はどちらかというとフルーツジュースベースなので、野菜が苦手な人でも飲みやすくなっています。紙パックは製造日から270日間、缶は製造日から約3.5年間持ちます。特に缶タイプのものは、長期保存にも最適です。

野菜生活100 オリジナル 200ml紙パックタイプ(出典:Amazon)

家族で飲むのに便利! 大容量ジュース

 家族で飲む場合は、500ml以上のペットボトルや紙パックに入った大容量タイプのジュースがおすすめです。紙パックベースの大容量タイプは、チルドタイプ(要冷蔵)タイプと、未開封であれば常温保存も利用できるタイプに分かれます。

 容量が多めなので、スープ料理のベースに使うことも容易。カレーの「隠し味」に使う人もいるようです。

野菜一日これ一杯(カゴメ)

 先に紹介した「野菜一日これ一本」の大容量パッケージです。720mlのペットボトル入り(常温保存可能)と、1000mLのチルドタイプの2種類が用意されています。

野菜一日これ一杯 720mlペットボトル(出典:Amazon)

1日分の野菜(伊藤園)

 先に紹介した「1日分の野菜」の大容量パッケージで、900gのペットボトル入り(常温保存可能)です。

1日分の野菜 (出典:Amazon)

デルモンテ 野菜ジュース(キッコーマン飲料)

 キッコーマン飲料が、米デルモンテと提携して展開する野菜ジュースで、900gのペットボトルとして販売されています。賞味期限は製造から12カ月後です。

 デルモンテのブランドロゴの通り、トマトをベースに21種類の野菜を配合しています。イタリアのシチリア産の岩塩を配合し、セロリの香りをアクセントとして添えています。食塩が添加されていることもあり、何も加えずに加熱するだけでスープとして楽しむことも可能です。

 なお、食塩が気になる人には食塩を添加していない「食塩無添加野菜ジュース」もあります。

デルモンテ 野菜ジュース (出典:Amazon)

リコピンたっぷり! トマト(ベース)のジュース

 今まで紹介してきた野菜ジュースは、さまざまな野菜(と果物)を配合したものでしたが、野菜ジュースといえば真っ先に「トマトジュース」を思い浮かべる人もいると思います。

 トマトジュースといえば“ドロドロ”なイメージを持っている人もいると思いますが、最近ではサラサラで飲みやすいものもあります。食塩をカットすることで血圧の高い人でも安心して飲めるものも増えています。

カゴメ トマトジュース 食塩無添加

 カゴメの定番商品でもある「カゴメ トマトジュース」の食塩無添加版です。パッケージは200ml紙パック、190g缶、720mlペットボトル、1L紙パックの3種類があります(※)。

(※200ml紙パックいは、「リーフパッケージ」(パッケージの一部に葉状の装飾のあるパッケージ)もあります

 トマトのリコピンとGABAによって血中の「善玉コレステロール」を増やし、血圧を下げる効果があることが特徴です。これらの効果は、消費者庁に「機能性表示食品」として届け出られています。トマトジュースとしてはサラサラとしているので飲みやすいことも魅力です。

 食塩無添加なので、スープのベースとして使う際に調味をしやすいこともポイントといえます。

200ml 200mlパック(出典:Amazon)

理想のトマト(伊藤園)

 伊藤園のトマトジュースです。食塩無添加で、パッケージは200ml紙パック、190g缶、265gペットボトル、900gペットボトル、1L紙パックの5種類があります。

 厳選された完熟トマトを使用し、理想の「おいしさ」と「栄養」を追求したという製品です。食塩や砂糖は添加されておらず、トマトが持つ甘みやうまみを引き出しています。

理想のトマト 200mlパック(出典:Amazon)

野菜ジュース 最新人気ランキング

 野菜ジュースの最新ランキングは、以下のリンクからチェックしてみてください。

こちらの記事も合わせてチェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.