メディア
製品比較
» 2021年10月07日 22時12分 公開

「ゲーミングキーボード」おすすめ3選 テンキーレスモデルやプロ監修モデルなど【2021年最新版】

いわゆるゲーミングパソコンでゲームをプレイするなら、プレイヤー向けに設計された「ゲーミングキーボード」もおすすめです。キーを打つ際の“打鍵感”やアクチュエーションポイント(どれだけキーを押し下げるとオン/オフを切り替えるか)をゲーム向けに調整できたり、ゲームごとに操作を割り当てられるキーを用意していたりと、快適なゲーム環境を実現できます。

[Fav-Log]

 いわゆるゲーミングパソコンでゲームをプレイするなら、プレイヤー向けに設計された「ゲーミングキーボード」もおすすめです。

「Razer Huntsman Tournament Edition」 「Razer Huntsman Tournament Edition」(出典:Razer

 キーを打つ際の“打鍵感”やアクチュエーションポイント(どれだけキーを押し下げるとオン/オフを切り替えるか)をゲーム向けに調整できたり、ゲームごとに操作を割り当てられるキーを用意していたりと、快適なゲーム環境を実現できます。

ゲーミングキーボード選び:キースイッチの違いをチェック

 キーボードに使われているキースイッチは、一般的に「メンブレン方式」や「メカニカル方式」があります。

「Razer Huntsman Tournament Edition」 「Razer Huntsman Tournament Edition」(出典:Amazon

 「メンブレン方式」は比較的低価格の製品に採用される場合が多く、ミドル〜ハイエンド製品では「メカニカル方式」がメジャーと言えます。キー1つ1つにメカニカルスイッチを採用しており、確実かつレスポンスの良い操作が可能なのがメリットです。

 メカニカル方式は採用するメカニカルキーの種類によってさらに細分化されますが、それらの名称は、世界中で定番化しているキースイッチ「Cherry MX」で使われる軸の色で表されるのが一般的です。

 打鍵感の良さは個人の好みによりますが、ゲーミングで人気なのは、素直な押下感が人気の「Red(赤軸)」、入力速度が速い「Silver(銀軸)」など。

 また、近年のロジクール製品には独自の「Romer-G」スイッチが使用されたりもしています。メカニカル以外の高級製品では、「REALFORCE(リアルフォース)」シリーズなどに採用される「静電容量無接点方式」も人気です。

ゲーミングキーボード選び:テンキーの有無をチェック

 ゲーミングキーボード選びで悩ましいのが、テンキーの有無です。テンキーのないテンキーレスモデルは横幅をコンパクトにできるため、一定の人気があります。シューター系タイトルなど、特定のゲームしかプレイしないような場合は、テンキーレスでもまったく困ることはないでしょう。

「iClever G01」 「iClever G01」(出典:Amazon

 ただし、ゲームタイトルによっては初期のキー配置にテンキーが使用されている場合もあり、そうしたゲームをテンキーレスキでプレイするなら、キー配置の変更が必要です。

 ゲーム以外でも数字入力の効率はテンキーがあるほうが圧倒的ですので、机のスペースに余裕がある場合はテンキーを搭載した製品をおすすめします。

ゲーミングキーボード選び:メディアキーやパームレストをチェック

 ゲーミングキーボードの中には、ゲーミングマウスのようにアプリごとに独自のキー割り当てができる製品も存在します。

ロジクール「G213r」 ロジクール「G213r」(出典:Amazon

 マクロキーなどと呼ばれますが、多機能なゲーミングマウスと組み合わせるなら出番は少ないかもしれません。音量調節ができるメディアキーを採用する製品もありますが、こういった機能はあると便利です。

 また、製品によっては標準で取り外し可能なパームレストが付属するものもあります。パームレストに手首を置くことで長時間の打鍵でも負担が軽減できるため、こちらもあるに越したことはないでしょう。ただし、その分の設置スペースが必要です。

ゲーミングキーボードおすすめモデルはこれ!

小回りの利くテンキーレスタイプ 「iClever G01」

 「iClever G01」は、Bluetooth折りたたみキーボードなどで有名な「iClever」のゲーミングキーボード。テンキーを省いたコンパクトなモデルで、その分マウスを動かすスペースを広く取れるのが魅力です。

「iClever G01」 「iClever G01」(出典:Amazon

 キーはゲーミングに最適なメカニカル方式を採用、誤操作を防止し、一度のタイピングで確実に入力できるように設計されています。また、“赤軸”特有の軽い押し心地の打鍵感と静音性により、快適なゲームプレイを実現します。実売価格は4000〜7500円前後です。

トップクラスの人気を誇るゲーミングキーボード ロジクール G「G213r」

 ロジクール G「G213r」はAmazonの売れ筋ランキングでも上位に入る人気のゲーミングキーボードです。

ロジクール G「G213r」 ロジクール G「G213r」(出典:Amazon

 メンブレン方式のキーはを採用することで価格を抑えながら、メカニカルキーボードに匹敵するほどの高速なレスポンスを実現。耐久性と耐水性にも優れています。

 一体型のパームレストと調節式のフィートを装備。2段階の角度調節によって、キーボードを自分に合う傾きに設定できます。一体型のパームレストが不快感や疲労を軽減するため、長時間プレイしても快適です。実売価格は7500円前後です。

プロ監修の人気モデルが日本語配列に 「Razer Huntsman Tournament Edition JP」

 3月に発売された「Razer Huntsman Tournament Edition」の日本語配列バージョンがこちら。「Razer リニア オプティカルキースイッチ」を採用したテンキーレスのキーボードで、世界トップレベルで活躍するプロゲーマーが監修したという製品です。

「Razer Huntsman Tournament Edition JP」 「Razer Huntsman Tournament Edition JP」(出典:Amazon

 入力の際にカチッというスイッチ音がせず、キーが底に到達するまで引っ掛かりのない打鍵感が特徴。光学式の採用により、メカニカルスイッチのキーボードよりも、高速な入力と高い耐久性(1億回)を実現します。

 参考価格は1万27800円(税込)。なお英語配列モデルは1万1583円と若干安く設定されています。

ゲーミングキーボード最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなゲーミングキーボードが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング