メディア
製品比較
» 2021年11月28日 10時30分 公開

台所の「流し台(シンク)」はどう掃除する? 必要なモノを用意してピカピカにしよう!【2021年11月版】(1/2 ページ)

台所の流し台(シンク)は、放っておくとあっという間に汚れてしまいがちです。どのように掃除をすればいいのか、必要なものと一緒に軽くチェックしましょう。

[Fav-Log]

 キッチンの流し台(シンク)は、放って置くとあっという間に“輝き”を失ってしまいます。寒い冬場ではそれほどでもないかもしれませんが、汚れを放置しておくとぬめりも発生します。できるだけ小まめに掃除することが、輝きを保つことの秘訣(ひけつ)です。

 この記事では、キッチンの流し台を掃除する方法を紹介しつつ、その際にあると便利なアイテムを紹介します。

キレイに保ちたい 流し台(シンク)をキレイに保とう!

毎日掃除するなら「食器用洗剤」と「スポンジ」で十分

 流し台の普段の掃除は、家庭用洗剤と食器洗い用スポンジで十分です。食器を洗う時の同じように、流し台を少しぬらして、スポンジに洗剤を含ませて磨いて、十分な水ですすぎましょう。

 「食器を洗うスポンジと一緒にするのはちょっと……」という人は、流し台専用のスポンジを別途用意するといいでしょう。食器洗い用と区別するために、色違いのスポンジを用意しておくのもアリです。

 すすいだ後は、きれいなふきんやキッチンペーパーで水分を拭き取るとベターです。

洗う 流し台の普段の掃除は、食器を洗う要領で大丈夫です。洗った後にふきんやキッチンペーパーで水分を拭き取るとより良いです

汚れがひどくなってきたらどうする?

 汚れがひどくなってきた場合は、汚れに応じて洗い方を替えてみてみてください。

しつこい油汚れやぬめりは「アルカリ性」の洗剤などで洗う!

 流し台にしつこい油汚れ、あるいはぬめりが付いた場合は(弱)アルカリ性の洗剤を使えば効率的に落とせます。液性が(弱)アルカリ性となっている食器用洗剤でも構いませんが、重曹(炭酸水素ナトリウムの粉末)あるいはセスキ炭酸ソーダがあると、いろいろな場所の掃除に使えるので便利です。

 重曹やセスキ炭酸ソーダを使う場合は、汚れのある場所に粉を振りかけた後、水またはぬるま湯を軽く振りかけて30〜60分ほど放置してから洗い流しましょう。

 なお、重曹は清掃に特化したものの他、「食料添加物」として料理にも使えるものもあります。

重曹 食料添加物として販売されている重曹は、油汚れやぬめりの掃除にも使えます(画像はニチガ「国産重曹」、出典:Amazon)

輝きを失った流し台は磨こう!

 台所の流し台の多くは、ステンレス鋼でできています。「ステン(さび)」が「レス(少ない)」というだけあって、通常の鉄鋼と比べるとさびにくいことがメリットなのですが、長期間使っていると輝きを失ってしまうことがあります。また、「レス」は「フリー(ない)」わけではないため、気を付けないと軽い赤さびが生じることがあります。

 輝きを失ったり軽い赤さびが生じてしまった場合は、メラミンスポンジで磨くか、クレンザー(研磨剤入りの洗剤)と普通のスポンジを組み合わせて磨くようにしてください。ただ、磨きすぎると流し台に傷が付く恐れもあります。初めて磨く際は、目立たない場所で試してみることをおすすめします。

 なお、輝きを失ったことの原因が水アカである場合は、メラミンスポンジやクレンザーでの研磨する前に、弱酸性の食器用洗剤あるいはクエン酸や食酢を使って軽く磨いてみてください。しつこくない水アカの場合は、これで十分に輝きを取り戻せます。

メラミンスポンジ ステンレス流し台の輝きが失われたり赤さびが発生したりした場合は、メラミンスポンジで磨いてみましょう。小分けされていて便利に使えるものもあります(画像はレック「レック」、出典:Amazon)

クレンザー 流し台を磨く場合はクレンザーを使うといいでしょう。クレンザーには粉末タイプとクリームタイプがありますが、粉末タイプを用いる場合は適度に水分を含ませましょう(写真はユニリーバ「ジフ クリームクレンザー

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング