メディア

ソニーのポータブルスピーカー「SRS-XB13」を使ってみたら……想像以上の高音質で驚き レジャーで”映える”おしゃれスピーカー

» 2023年05月25日 11時15分 公開
[宇野源一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 スマートフォンの内蔵スピーカーで音楽を聞いていると、「もう少し音質が良ければ……」と思ったことはありませんか。機種によってはスピーカーの質があまり良くなく、不満に感じている人もいるでしょう。

フォト ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB13」を使ってみた

 今回は、Amazonで「コスパが良い」などの高評価レビューが多い、ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB13」を紹介します。2021年のモデルで、公式オンラインストア「ソニーストア」での販売は終了していますが、一部ショッピングサイトではまだ購入可能です。実売価格は8000円前後となっています。実際に使ってみましたので、使用感などをお伝えします。

 また、後継モデルとして「SRS-XB100」が登場しており、こちらの販売価格は9900円(税込)です。

宇野 源一

宇野 源一

大学卒業後、大手メーカー系自動車販売会社に勤務。在職中は個人顧客を中心に年間平均60台の新車を販売。自動車保険の見直し提案などの経験も豊富。その後、金融業界に精通した業務・教育支援を行う会社に転職し、法人営業に従事するとともに、2級ファイナンシャル・プランニング技能士およびAFP資格を取得。2018年よりライターとして活動を開始。新車ディーラー業界の裏話やファイナンシャルプランナーの視点から見た車購入アドバイスだけでなく、お得なカー用品やガジェット紹介等も得意とする。私生活では3児とうさぎ2羽の父。【保有資格】2級ファイナンシャル・プランニング技能士、AFP(日本FP協会認定)

→著者のプロフィールと記事一覧

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB13」のスペックは?

 まずはSRS-XB13のスペックを紹介します。

フォト ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-XB13」

「SRS-XB13」のスペック

スピーカータイプ:フルレンジ

ネット素材(素材、構造):スチールメタル

本体サイズ:76(直径)×95(高さ)mm

本体の重さ:約253g

電池持続時間:約16時間

電池充電:USB Type-C

充電時間:約4.5時間

接続方式:Bluetooth

ステレオ接続:可能

防じん、防水、防滴:IP67

付属品:ストラップ、充電用ケーブル


 SRS-XB13の本体は円柱形で、350mlの缶と比較してみたところ、高さは缶の3分の2程度、直径は一回り大きいサイズ感でした。手に持ってみると、手のひらに収まるちょうど良い大きさです。

フォト SRS-XB13と350mlの缶ビールを比較
フォト SRS-XB13と350mlの缶ビールを比較

SRS-XB13を実際に使ってみた!

付属のストラップが便利

 SRS-XB13は持ち運びを前提としているので、持ち運び用にストラップが付属しています。

フォト SRS-XB13のストラップが便利

 ストラップを使うことで、手にかけて持ち運ぶことができ、バッグやリュックにかけて使うことも可能になります。アウトドアシーンでは、パラソルや椅子などにかけて使うのもよいですね。本体は防水・防塵仕様なので、プールやビーチでも安心して使えます。

充電がUSB Type-Cなのが使いやすい

 スマホやイヤフォン、スピーカーなどのガジェット類をそろえていくと、充電ケーブルなどの荷物が増えるのが困りものです。その点、SRS-XB13はUSB Type-Cで充電できるので、同じくUSB Type-Cで充電できるガジェットと充電ケーブルを共有できます。

フォト 充電がUSB Type-Cなのが便利

 なお、SRS-XB13にはUSB Type-C to Type-Aの充電ケーブルが付属しています。新たに充電ケーブルを買い足す必要はありません(別途ACアダプターなどが必要)。

ペアリングが簡単

 SRS-XB13とスマホのペアリングが、非常に簡単に感じました。本体の電源を入れ、Bluetoothボタンを押すことでペアリングモードに入ります。

フォト スマホとのワイヤレス(Bluetooth)接続が簡単

 その後、スマホのBluetooth設定画面でSRS-XB13を選択して完了です。ガジェット類の扱いが苦手な人でも分かりやすいでしょう。

カラーバリエーションが豊富

 SRS-XB13は、ブラックとベージュ、ライトブルー、コーラルピンク、パウダーブルーの5色展開です。ビビッドな色合いもあればシックな色合いもあるので、好みのものが見つけやすいでしょう。

フォト ソニー SRS-XB13 パウダーブルー(出典:Amazon

 今回はベージュを購入しましたが、インテリアに自然に溶け込むデザインが気に入っています。

気になる音質は?

 SRS-XB13で初めて音楽をかけたとき、「こんなに音質が良いの?」と驚きました。1万円以下という価格帯と小さいボディからは想像できない、音質の良さを感じました。音質の良し悪しの感じ方は個人差があるので、気になった人は一度店舗で視聴してみるとよいでしょう。

 また、2台をBluetooth接続することで、ステレオ再生で音楽を楽しめます。1台でも十分な音質ではありますが、より臨場感を感じたい人は2台での音楽再生を試してみてください。

SRS-XB13の利用シーンについて

 外付けスピーカーがあると音の幅が広がり、生活がより豊かになります。ここでは、実際に筆者が使っているシーンを紹介しますので、どんなときに使えるか参考にしてみてください。

家事をしながら使う

 料理をしたり、掃除をしたり、洗濯物をたたんだりする際、BGMがあると作業がはかどります。スマホで音楽を流すのも良いですが、音質に物足りなさを感じることもしばしば。そんなときにSRS-XB13があれば、さまざまな場所に持ち運んで音楽を聞くことができます。

フォト SRS-XB13 さまざまな場所に持ち運んで音楽を楽しめる

大人数が集まる場所で使う

 ホームパーティーや庭先でのバーベキューなど、音楽があるとその場が盛り上がります。大型のスピーカーがあれば良いのですが、荷物になってしまったり電源を確保できなかったりと不便を感じることがあります。SRS-XB13なら、コンパクトで重さも約253gと軽量なので、持ち運びしやすいです。

アウトドアで使う

 SRS-XB13は防水・防塵仕様なので、アクティブスポットでも使うことができます。例えば、川や海のレジャーシーンや、サイクリングなどのアクティビティの最中に音楽を流すことも可能です。

1万円以下で買える! 高コスパなスピーカー SRS-XB13

 SRS-XB13は、比較的安価な価格帯ながら、満足できる性能を発揮する高コスパなスピーカーといえます。入門機として購入するのもおすすめです。

フォト ソニー SRS-XB13 パウダーブルー(出典:Amazon

「ポータブルスピーカー」最新ランキングも要チェック!

30日間無料でお試し! 1億曲以上が聴き放題!

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 【ワークマン新作】レビュー1400件以上の大人気「スクエア真空ハイブリッドコンテナ」の保冷力がすごい! 従来モデルから進化した点は?
  2. 今売れている「ポータブルクーラー」おすすめ3選&ランキング キャンプや車中泊でも涼しい! 1万円台で買える高コスパモデルなど【2024年7月版】
  3. 【付録】リトルミイの「カワイイ付録グッズ」3選 ゴールドのリトルミイが上品なバッグは要チェック
  4. 防水「ゴアテックスレザースニーカー」おすすめ3選 カジュアルからビジネス向けまでピックアップ【2024年7月版】
  5. 【買って良かった】Amazonで1800円で買った「ヘビーウエイトTシャツ」が夏はもうこれでいいやと思わせるデキだった
  6. ワークマンの「暑い日に履きたい、通気性抜群のシューズ」3選 980円の「ボーンサンダル」はカワイイ&歩きやすい【後編】
  7. アウトドアブランドの「サンダル」おすすめ5選 街中からオフィス履きまで使えるスニーカースタイルのモデルをピックアップ!【2024年7月版】
  8. ワークマンの「汗をかいても、サラサラな肌触りが続くウェア」3選 500円台の“吸汗速乾ポロシャツ”は夏の救世主【2024年7月版】
  9. ワークマンの「夏スーツ」は、オフィスカジュアルの最適解! 4000円台の多機能スーツは要チェック
  10. 【買って良かった】モンベルの「ライトポーチ S」は大きすぎない絶妙なサイズ感がちょうど良い 使い勝手抜群で大活躍