メディア

「ママチャリ」空気を入れる頻度は? どのくらい入れるべき? 自転車ジャーナリストが解説

» 2024年04月09日 11時30分 公開
[大屋雄一Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ママチャリ(シティサイクル)や電動アシスト自転車を利用する人は多いですが、意外と知られていないのがタイヤに空気を入れる頻度や、どのくらい空気を入れるべきかということ。そこで今回は自転車ジャーナリストである筆者が、空気の補充タイミングや、入れるべき空気量について詳しく解説します。

フォト ママチャリの空気補充タイミングや、入れるべき空気量について解説

大屋雄一

大屋雄一

モーターサイクル&自転車ジャーナリスト。短大卒業後、好きが高じて二輪雑誌の編集プロダクションに就職し、6年の経験を積んだのちフリーランスへ。ニューモデルの試乗記事だけでもこれまでに1500本以上執筆し、現在進行形で増加中だ。また、中学〜工高時代はロードバイクにものめりこんでいたことから、10年前から自転車雑誌にも寄稿している。キャンプツーリングも古くからの趣味の一つであり、アウトドア系ギアにも明るい。

→著者のプロフィールと記事一覧

パンクもしていないのになぜ空気は少しずつ抜けるの?

フォト ※イメージ

 タイヤの空気を保持するため、内部にはゴム製のチューブが装入されています。水も通さないゴムから空気が抜けるなんてなかなかイメージしにくいですが、実はゴムの分子間には隙間があり、そこから分子サイズのより小さな酸素が先に抜けていきます。

 風船は数日経つとしぼんでしまいますよね。原理としては全く同じで、これが空気の抜ける要因です。

空気が減ると乗り心地が悪化し、パンクのリスクも上昇

 タイヤには銘柄ごとにそれぞれ適正な空気の量(空気圧)が決まっていて、タイヤの側面(サイドウォール)に記載されています。適正空気圧よりも極端に低いと、タイヤが転がるときの抵抗が増えたり、乗り心地が悪化したりします

 さらに、タイヤの表面に刻まれた溝が正しく機能しなくなるので、ぬれた路面での排水性が悪くなり、スリップする可能性が高まります。

フォト タイヤの側面には直径や太さなどサイズのほかに、適正空気圧が表記されている

 そして何より恐いのはパンクのリスクが高まることです。パンクは釘などの異物が刺さる外的要因のほかに、ホイールのリムと地面との間にタイヤとチューブが勢いよく挟まれた際に生じる「リム打ち」があり、空気圧が低いほど発生しやすくなります。

 このリム打ちパンクは、チューブに穴が2つ開くことが多く、まるでヘビにかまれたような痕に似ていることから、英語圏では「スネークバイト」などと呼ばれています。歩道などの段差に乗り上げる際に生じやすく、あきらかに「ゴツン!」と音がするようになったら、すぐにでも空気を入れるようにしてください。

人気の自転車用空気入れをチェック!

空気を入れるベストな頻度は?

 自転車メーカーや大手販売店のサイトでは、シティサイクルのタイヤに空気を入れる頻度は「1カ月に1回」を推奨していることが多く、一つの目安となります。

 タイヤに空気を入れる部分は「バルブ」と呼ばれ、自転車は「英式」「仏式」「米式」の3種類あります。ただし、一般的なシティサイクルや電動アシスト自転車はほぼ「英式バルブ」に統一されているので、フロアポンプ(空気入れ)を購入する際は英式が使えることを確認してください。

フォト 左から英式、仏式、米式バルブで、シティサイクルは主に英式バルブが使われている
フォト 近年は2種類以上のバルブに対応した製品が増えている

 英式バルブは構造上あとから空気圧を計測できないという短所があるため、大手販売店などでは「側面を指で押して少しへこむ程度」を推奨しています。指の力は人それぞれですのであくまでも目安でしかありませんが、風船のようにグーッとへこんでしまうのは明らかにNGと言えるでしょう。

フォト 最近は電動ポンプが話題を集めている。音が大きめなものが多い

人気の大人用自転車ヘルメットをチェック!

タイヤの減り具合や異物についてもチェックしよう

 空気を入れる際、タイヤのコンディションもチェックした方がよいでしょう。溝がなくなるほど表面が摩耗していたり、側面にひび割れができていたら交換時期です。また、釘などの異物が刺さっていないかも確認しておくと、出先でのパンクのリスクを減らすことができます。

フォト タイヤの表面にはこのような溝が刻まれている。極端に摩耗していたら交換時期

無料でお試し 音楽聴き放題!

Apple Gift Cardで、楽天ポイントがたまる・使える!

Google Play ギフトコードで、楽天ポイントがたまる・使える!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 今売れている「スポットクーラー」おすすめ&ランキング 工事不要ですぐ涼しい! エアコン取り付け不可でも快適に【2024年6月版】
  2. 【買って良かった】やはり軽さは正義 モンベル「チタン アルパインサーモボトル」に大満足
  3. コンビニで買える「付録バッグ」おすすめ3選 キティちゃんの夏仕様トートバッグは収納力抜群!【2024年6月版】
  4. 今売れている「トレッキングシューズ」おすすめ&ランキング ゴアテックス採用モデルなど防水シューズが人気!【2024年6月版】
  5. 今売れている「草刈り機」おすすめ3選&ランキング 1位は片手で持てる除草バイブレーター! マキタのモデルも1万円前後でコスパ良し【2024年6月版】
  6. 無印の大人気“サンカクバッグ”を使ってみた カワイイ・大容量・はっ水加工の優秀バッグ
  7. 【付録】6月発売の「ブランドムック」予約数ランキング moz“3層構造”のショルダーバッグが人気 宝島社が発表
  8. 【付録】売り切れ前にチェック! ハローキティの「かわいすぎるフェイス形ポーチ&バックチャーム」の豪華2点セット登場
  9. 【付録】整理しやすい&出し入れしやすい「ショルダーバッグ」登場 ガバッと開くフロントポケットがポイント 折りたためる仕切り付き
  10. 安いけど“使える”「G-SHOCK」おすすめ4選 1万円台以下で買える電波ソーラーモデルに注目!【2024年6月版】