2006年03月31日 16時33分 更新

連載:次世代DVDへの挑戦

例年通り、「2006 International CES」開催直後の直後のタイミングでハリウッドの映像ビジネスの現場を取材した。これまではHD DVDとBlu-ray Disc、いずれの規格をサポートするのかがテーマだったが、すでに各社とも方針が固まり、さらに統一規格も立ち消えとなっている。そこで今回は、各社がどのようにコンテンツ作りに取り組んでいるのかを探る。

新着記事

icon
次世代DVDへの挑戦:

フォーマット戦争は、そう長く続かない――20世紀FOX

BDビデオ規格には、「BD+」という追加的な著作権保護対策機能が含まれている。しかし128ビット鍵による暗号化が行われるBDビデオソフトで、追加的なコンテンツ保護対策が必要なのか。20世紀フォックスの上席副社長、ダニー・ケイ氏に話を聞いた。 [2006/3/17]


icon
次世代DVDへの挑戦:

1年後にはBDタイトルの充実ぶりに驚くだろう――ディズニー

ハリウッドメジャーの中でもディズニーは、次世代光ディスクにもっとも多くの容量、機能、性能を求めている映画会社だ。Blu-rayを支持する理由も全く同じで、BDタイトルの販売計画は非常にアグレッシブ。ディズニーとブエナビスタに話を聞いた。 [2006/3/10]


icon
次世代DVDへの挑戦:

記録型にもつながる? 2層BD-ROM製造の最前線

映画スタジオの話によれば、夏頃には北米でBD-ROMビジネスが開始されることになりそうだが、2層BD-ROMを製造している現場はどのような状況なのだろうか? 松下電器がカリフォルニア州トーランスに持つ「PRDCA」の2層BD-ROM複製ラインを取材した。 [2006/2/27]


icon
次世代DVDへの挑戦:

HD DVDとBD、同時に発売することはできない――Paramount

HD DVDとBDの両方にタイトルを供給するParamount。それぞれのローンチ時期に10タイトルを用意するほか、最初の1年で発売する35タイトルが決定済みだという。ただし、両規格に対して同じタイトルを供給はするが、投入時期は異なるようだ。 [2006/2/15]


icon
次世代DVDへの挑戦:

2つの規格をアグレッシブにサポートするWarner

ハリウッド映画スタジオ取材記事の2社目は、Warner Home Videoの事業開発担当・副社長の横井昭氏に話を伺った。興味があるのは、Warnerがいずれかの規格を優先するのか。これについて横井氏は「全く同じ」と明快だ。 [2006/2/7]


icon
次世代DVDへの挑戦:

1年で150本近いタイトルを投入する――Sony Pictures

恒例ハリウッド取材の第2回は、Sony Pictures Entertainmentだ。ソニー系列ということもあり、BDパッケージビジネスにもっとも積極的な映画スタジオ。期待通り、4月から毎月十数本のソフトをコンスタントに発売していくという。 [2006/2/3]



関連記事

icon 次世代DVDへの挑戦: フォーマット戦争は、そう長く続かない――20世紀FOX
BDビデオ規格には、「BD+」という追加的な著作権保護対策機能が含まれている。しかし128ビット鍵による暗号化が行われるBDビデオソフトで、追加的なコンテンツ保護対策が必要なのか。20世紀フォックスの上席副社長、ダニー・ケイ氏に話を聞いた。 [2006/3/17]


news004.jpg インタビュー: 国内は録画機から――ソニーに聞くBlu-ray製品戦略
標準化から製品化による実ビジネスの展開へとフェーズを移したBlu-ray Disc。ソニーは、CESでBDプレーヤーを参考出展したが、日本ではどのように展開するのだろうか。BD製品の見通しについて、ソニー シニアバイスプレジデントの西谷清氏に話を聞いた。 [2006/01/13]


news001.jpg インタビュー: 見えてきたHD DVDレコーダーの姿――東芝の戦略を聞く
いよいよ本格展開の時期を迎えた次世代光ディスク。International CESで低価格プレーヤーを発表した東芝だが、日本市場に話を絞り込むと、話題の中心はレコーダーになるはずだ。東芝デジタルメディアネットワーク社主席技監の山田尚志氏に話を聞いた。 [2006/01/09]


news001.jpg インタビュー: “本格立ち上げの年”を迎えたBlu-ray――松下の戦略を聞く
いよいよ本格的にブルーレーザーを用いた光ディスク製品が立ち上がる。HD DVDとの併存が決まり、また今後はBD陣営のメーカー間でも競争が始まる状況の中、松下はどのような戦略で臨むのか。デジタル家電開発の責任者である津賀一宏氏に話を聞いた。 [2006/01/08]


news052.jpg 2006 International CES: 画質を改善するビデオプロセッサたち
固定画素における映像処理の重要性は以前から叫ばれてきたが、パネルレベルでの画質が向上してくると、映像処理チップの優劣がハッキリしてくる。「2006 International CES」の会場で、北米を拠点にする映像処理チップメーカー2社のビデオプロセッサを取材した。 [2006/01/10]


news037.jpg 2006 International CES: 豊富なプレーヤーで攻勢をかけるBlu-ray Disc陣営
CESの会場では、多くのBlu-ray Disc プレーヤーが展示されている。再生専用機の発売ではライバルに先行される可能性の高いBD陣営だが、豊富な機種とパッケージソフトを用意することで、人気の定着を図りたい考えだ。 [2006/01/06]


news005.jpg 2006 International CES: 東芝、HD DVDプレーヤーを3月より販売――価格は499ドルから
東芝は1月4日(現地時間)、International CESのプレスカンファレンスにてHD DVDプレーヤーを北米地域で3月より販売開始すると発表した。「HD-XA1」「HD-A1」の2モデルで、価格はHD-XA1が799.99ドル、HD-A1が499.99ドル。 [2006/01/05]


news043.jpg 次世代DVD、遠ざかりつつある“規格統一への道”
次世代光ディスクの規格統一に向け、東芝・ソニー・松下による話し合いが先週末に行われた。会合は物別れに終わったが、そこで3社はどんな議論を繰り広げ、そしてどんな思惑が渦巻いたのだろうか? 規格統一への道が見送られた背景を探ってみた。 [2005/05/16]


関連リンク

index.jpg 次世代DVDへの飛躍
話題の尽きないBlu-ray DiscとHD DVDの“次世代DVD競争”。すでに技術的な優位性のアピールのフェーズは過ぎ、関連各社は具体的な事業の計画を練る段階に入っている。昨年の次世代光ディスク連載に続き、今年も1月の「2005 International CES」やハリウッド取材を通じて得た情報を順次掲載していきたい。 [2005/02/18]


index.jpg 次世代DVDへの助走
AOD陣営とBlu-ray Disc Foundersの対決が激化し始めた1月上旬、ハリウッドの映画スタジオや、DVD制作を行うポストプロダクションスタジオを巡る機会に恵まれた。彼らは次世代DVDをどのように捉え、使おうとしているのか。Warner Brothers、Sony Pictures、パナソニック・ハリウッド研究所などへの取材を交えつつ、次世代光ディスクに向けて助走に入った両陣営の動きを探る。 [2004/03/08]


Copyright© 2012 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!