Bluetooth内蔵携帯電話,遂にauより登場

KDDIはソニー製のBluetooth搭載携帯電話「C413S」を発表した。ソニー製ノートPC4製品に対応する。

【国内記事】 2001年5月17日更新

 KDDIおよびauグループは5月17日,Bluetoothを内蔵したcdmaOne携帯電話「C413S」を発表した。ソニー製となるC413Sの特徴は,Bluetoothのほかジョグダイヤル,予測変換機能「POBox」など。6月中旬から発売される予定だ。

 ソニー製端末としては,C413Sは久々のストレートタイプだ。ソニーのデジタルテレコミュニケーションビジネスセクターキャリア営業部営業課マーケティングマネジャーの中井貴嗣氏は「ビジネスユースでストレートタイプを望む人も多く,“Bluetoothの市場は,まずはビジネスユース”から」だという(C413Sの詳細はこちら)。

国内初,Bluetooth内蔵

 携帯電話にBluetoothが内蔵されるのは国内初。Bluetoothはモバイル端末に特化した近距離無線通信規格で,通信距離は約10メートル。携帯電話やPC,PDAなどをつなげて簡易ネットワークを構築できる。

 Bluetoothは本来さまざまな機器との接続を想定している規格だが,C413Sは「PCとC413S」「C413S同士」での接続に対応している。Bluetoothの機能を規定するプロファイル(用語)も,13個あるうちの基本的な5つに限られ,Bluetooth対応ヘッドセットで会話を行うことなどはできない。

 「新しいプロファイルも検討しているが,この機種に関しては,これ以上のものは予定していない」(KDDIのau商品企画部端末企画グループリーダーである増田和彦氏)

 Bluetooth対応機器と接続して利用できる主な機能は以下のとおりだ。

C413S同士
アドレス帳,スケジュール,プロフィール,タスクリストの送受信
無線接続を使った内蔵ゲーム
C413SとPC
ダイヤルアップ接続
アドレス帳やプロフィールの送受信
PCからC413Sへの画像の転送

C413SのBluetoothメニュー

バイオC1とC413SをBluetoothで接続し,インターネットにダイヤルアップ接続している

 C413Sは,64Kbpsのパケット通信「PacketOne64」に対応しており,Bluetooth対応のノートPCと接続すれば,ノートPCは「ケーブルを接続することなく」最大約50Kbpsの速度でインターネットにダイヤルアップできる。

 2.4GHzの電波を使うため,C413SとノートPCを接続する必要もなく,向き合わせる必要もない。たとえ携帯電話が服のポケットや鞄の中に入っていても,通信可能だという。

互換性には疑問も

 ただし,現在C413Sと接続が保証されているのはソニーのノートPC4機種のみだ。ソニーはノートPCのほかにも,「CLIE用Bluetoothアダプタ」やメモリースティック型のBluetoothアダプタ「インフォスティック」などを開発中だという。

 「(ほかのメーカーのBluetooth製品とも)基本的にはつながると認識しているが,接続試験中」(増田氏)

C413S対応ノートPC(5月現在)
バイオノートSR PCG-SR9M/K,SR9G/K
バイオC1 PCG-C1VSX/K,C1VRX/K

*バイオノートSR PCG-SR9M/K,バイオC1 PCG-C1VSX/Kに関しては5月17日の記事参照

 C413Sに搭載されたBluetoothのバージョンは,1.0b+CE。連続通信時間は140分だという。

関連記事
▼ ソニーBluetooth戦略の先陣を担う,バイオSR
▼ Bluetoothはまだ青い?
▼ ソニー,Bluetoothモジュール内蔵のバイオノートSRとC1を発表
▼ 新「CLIE」とBluetooth
▼ KDDIのケータイ2001年戦略(上)──auはどこへ向かう?
▼ ソニー,「バイオノート」の夏モデルを発表

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!