KDDIも迷惑メール対策。メールアドレスの変更も

現在Eメールにおいては迷惑メールの被害の少ないKDDIだが,ドコモと同様の受信メールのブロックを開始する。Cメールへのスパムを完全に遮断することで,業者がEメールに矛先を向けることを見越した対策だ。

【国内記事】 2001年12月13日更新

 NTTドコモに続きKDDIも携帯電話の迷惑メール対策に本腰を入れる。12月13日,KDDI,沖縄セルラー(au),ツーカーグループは,迷惑メール対策として新たな防止策を追加すると発表した。

基本的にはドコモと同様

 1つは「大量な宛先不明メールの受信ブロック」だ。au,ツーカーが利用するすべてのメールシステムに関して,「多数の実在しないメールアドレスを含むEメールが送信された場合,ネットワークセンターにおいてメール受信を制限する」というもの。12月20日から実施される。

 インターネットを経由して送信される全メールサービスが対象とされ,ツーカーの「SkyMessage E-Mail」も含まれる。

 KDDIは詳細を明らかにしていないが,「基本的にはドコモの迷惑メール対策と同様のもの」(KDDI)(11月6日の記事参照)。

 ただし,現在のところ迷惑メールはショートメッセージサービスである「Cメール」宛に届くことが多く,今回対策が行われるEメールには現在ほとんど届いていない。

 KDDIは12月20日に,Cメール宛のEメール送信を中止することで,Cメールへの迷惑メールを防止する(9月18日の記事参照)。Cメール宛に送信できなくなることで,「Cメールに迷惑メールを送っていた業者が,Eメールに矛先を変えるのを見越して先手を打った」(KDDI)というのが,今回の対策の趣旨だ。

メールアドレスの変更も可能に

 また迷惑メール対策の一環として,次世代サービス対応携帯電話では,メールアドレスの変更も可能になった。12月に発売された「GPSケータイ」「ムービーケータイ」(EZwebmultiコース)では,初期設定時にランダムな英数字のメールアドレスが自動割り当てされていたが,このアドレスの変更を1日3回まで可能にした。既に12月1日から実施されている。

 ただし従来の「EZweb@mail」対応機種ではEメールアドレスは,変更はできない。

関連記事
▼ ドコモ,迷惑メールに新対策──宛先不明メールのブロックも
▼ au,Cメール宛Eメール送信を中止──迷惑メール対策
▼ 迷惑メールはなぜ届く?──キーワードは“名簿”
▼ それでも減らない携帯電話のスパムメール
▼ スパムメール対策に乗り出すドコモ──初期アドレスの変更,メール受信料金の見直しも

関連リンク
▼ au(KDDI)
▼ KDDI プレスリリース

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!