Mobile:NEWS 2002年7月19日 08:19 PM 更新

シャープ、携帯電話対応電子ブックビューワ開発へ

シャープが携帯電話用の電子ブックビューワ開発に着手する。また、各種PDA用のビューワを8月をめどに無料公開することも明らかになった

 シャープは携帯電話向け電子ブックビューワソフトの開発に着手する。

 同社SST事業部の谷口実所長が、都内で開催された「デジタルコンテンツ産業研究会」(主催・EC研究会)の講演で明らかにしたもので、「FOMAなどの携帯電話」(谷口氏)が対象になるという。

 また、同氏はこの席上、8月をめどにザウルス以外のPDAユーザーを対象にした電子ブックビューワの無償公開を行うことも、あわせて公表した。


シャープのSST事業部・谷口実所長

 同社は電子ブック事業でNTTドコモと提携。ドコモの行っているPDA向け電子書籍配信試験サービスで、モニターに対してビューワソフト「ブンコビューア」を提供している。無償公開されるのは、この試験サービスで提供されているのと「同じもの」(同氏)だ。

 ソフトの配布場所は、シャープが運営するポータルサイト「シャープスペースタウン」。対象になるのは、Pocket PC版、Palmデバイス版、Windows CE版で、すでに無償提供されているザウルス版とあわせ、国内の主要なPDA用の「ブンコビューワ」が無料で出揃うことになる。

 シャープは電子ブックの普及に力を入れており、コンテンツの充実を図る一環として今春、同社の電子ブックフォーマット「XMDF」のオープン化を表明している(3月19日の記事参照)。今回の無償公開は、この一連の動き沿ったものと見られる。


最新のブンコビューアはマスクやパラパラ動画、サウンド再生などのマルチメディア機能に対応。シャープが英会話学校と共同で開発している電子ブック版英会話教材では「画面をクリックするとネイティブスピーカーの発音を聞くことができる」(谷口氏)


電子ブック事業のマイルストーン。今は「3rd Breakの段階」(谷口氏)。システム液晶搭載も要素として入っている

 谷口氏はまた、電子ブック普及の上で、キーデバイスの1つと見られるシステム液晶(4月24日の記事参照)に言及。搭載デバイスのリリースは、「今年中ないし来年頭」を目標にしていることも明らかにした。


シャープが今秋より量産開始するシステム液晶。文字などのスーパーインポーズに必要なLSIを省いて小型・低消費電力化でき、VGA解像度の画像を表示しながら任意の部分を瞬時に拡大させる

関連記事
▼ NTTドコモ、PDA向け電子書籍配信サービスを今秋より開始
▼ 「今年は電子ブック元年に」――ドコモとの連携でデファクトを目指すシャープ
▼ 電子ブックの2大勢力が新ソフトウェアを展示──東京国際ブックフェア2002
▼ シャープ、システム液晶の電子ブック応用例を参考出展
▼ シャープ、次世代液晶を今秋から量産――液晶新工場も
▼ ドコモのPDA向け電子書籍試験サービスで、上村愛子の自伝を読んでみた
▼ Palmデバイス向け「ブンコビューア」を試す

関連リンク
▼ シャープスペースタウン
▼ シャープ

[後藤祥子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!