Mobile:NEWS 2002年12月11日 10:53 PM 更新

アプリックス、MIDP2.0対応「JBlend」を出荷開始


 アプリックスは12月11日、MIDP2.0対応の組み込み向けJavaプラットフォーム「MIDP2.0対応JBlendアーリーアクセス版」の出荷を開始したと発表した。アプリックスでは、これによって携帯電話メーカーがいち早くMIDP2.0搭載機の開発を進められるとしている。

 MIDP2.0対応JBlendでは、オプションとしてワイヤレスメッセージングAPI(JSR120)、モバイルメディアAPI(JSR135)を提供。高速化技術であるKFTTも実装されている。



関連記事
▼ 今後の携帯標準Java「MIDP2.0」がスタート
今後の携帯Javaの標準仕様となる「MIDP2.0」がリリースされた。現在MIDP1.0を採用している国内キャリアも、折を見てMIDP2.0に移行する見通し。MIDP2.0はどんな特徴を持っているのだろうか?

▼ JBlend搭載携帯が1000万台突破
アプリックスの携帯向けJavaVM「microJBlend」を搭載した端末が1000万台を突破した。Java搭載携帯電話の約半数に当たる。年末には携帯向けJBlendのメジャーバージョンアップを行うことも明らかにした

▼ 「CLDC HotSpot」で携帯Javaが10倍速に──mobidec
Javaアプリケーションを高速に動かす適応型コンパイラ技術「CLDC HotSpot」の提供や、CLDC/MIDPの次バージョンなど、携帯Javaの次の標準仕様が見えてきた

▼ 携帯電話用のJava、機能強化へ
後ろからMicrosoftが攻めてこようとしている。だがSun幹部によると「MIDP」の新版では、携帯電話機メーカーが独自の拡張機能を構築したがるケースは減少するはずだ

▼ 第2世代の携帯Javaは何が変わるのか?
2002年にかけて、国内3キャリアは携帯Javaをアップグレード。第2世代に移行する。改良点はキャリアによってまちまち。差異はさらに拡大した。

▼ 「キラー」無きまま、J-フォンの3Gがスタート
延期を繰り返したJ-フォンの3Gが、12月20日、ついにサービスインする。W-CDMA方式の3Gに加え、GSMとのデュアルモード機も2機種準備。「Vodafone」の名を冠したブランド名も採用し、グローバルスタンダードをうたう。しかし“3Gならでは”のアプリケーションは結局用意されず、順風満帆のスタートとはいえない


関連リンク
▼ アプリックス

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!