Mobile:NEWS 2002年12月25日 07:07 PM 更新

「SH251iS」を選ぶ理由、選ばない理由

シャープ製カメラ付き端末「SH251iS」を1カ月以上メインマシンとして利用してきたが、その出来には満足できた部分と、不満の残るところがある。3D液晶という大きな特徴を除いて考えてみた場合、どうだろうか

 年末商戦──と呼べるものがあったのかどうかは分からないが、「SH251iS」と「N504iS」「P504iS」の3機種は、ドコモのカメラ付き端末の選択肢に入ってくる。iアプリを搭載し通信速度も高速な504iSシリーズに、SH251iSは非常に善戦しているようだ。

 理由の1つは、やはりカメラである。荻窪氏のカメラテストでも評価されていたように(12月13日の記事参照)、SH251iSのカメラは非常に優秀だ。携帯カメラの画質については、「CCDかCMOSか」「11万画素か31万画素か」という議論になることが多いが、実は、こうしたスペックでは決められない要素が多すぎる。

 例えば、多くの端末に採用されている11万画素CCDモジュールは、そのほとんどが三洋電機製のもの(2001年3月の記事参照)。しかし、各社のチューニング次第で画質も速度も大きく異なる。

 シャープのカメラ付き端末は、他キャリアのものも含めれば既に9機種出ている。カメラ搭載機を作る経験値の差が、スペックの違い以上に画質の大きな違いになって出てきているとも言えるだろう。

 また31万画素CCDモジュールを自社製でまかなっている点も大きい(10月2日の記事参照)。供給量を調整できる可能性があるからだ。各端末メーカーは、“携帯に積むカメラをどれにするか”考えるときに、必ず供給量を念頭に置く。販売台数100万台を目指すような端末の場合、カメラモジュールの供給が最大のネックだったりするわけだ。しかも携帯向けCCDモジュールのメーカーは非常に限られる。おいそれと、高スペックのカメラを搭載できない理由はそこにある。

 カメラで先行したシャープだけに、内蔵ソフトウェアのつくりも一歩先を行っている。撮影した画像のサムネイル表示は、今や標準的な機能だが、本当に快適にサムネイル表示が使えるのはSH251iSだけ。これには速度が速いだけでなく、176×220ピクセルというドコモ端末随一の高解像度液晶が貢献している。

 各液晶メーカーは、2002年の春くらいから「カメラ内蔵携帯の普及と共に、液晶の善し悪しがさらに重要になる」と話していたが、SH251iSではその通りの効果を上げた。

動作は機敏だが不満もあるソフトウェア

 逆にソフトウェア面では、作り込みの甘さが見える部分もある。機能としては用意されていても、ガイダンスがないためマニュアルを読まないと操作が分からない機能があり、意外なところで操作につまずく。メールの一覧画面からは「返信」が行えず、メールを表示する必要がある……などがその一例だ。メインメニューも凝ったつくりだが、使いやすさは今ひとつだ。

 メール作成でも、送信履歴から宛先を選べなかったり、返信すると必ず本文が引用されたりと、細かなところで不満がある。返信の場合、書き込むのは本文のところなのに、なぜか宛先にフォーカスが当たった状態で画面が出るのも不可解。細かな点でも、1日に何度も何度も利用する場面で、余計なキー操作が必要になるのは非常にストレスがたまる。“飛び道具”的な機能だけでなく、細かな使い勝手もチューニングしてほしい部分だ。

 もっとも、ソフトウェア全般のレスポンスの良さは、密かなSH251iSのメリット。ほとんどの場面で、操作がすぐに反映されるのは気持ちいい。文字入力時に取りこぼしが出るような端末は論外だが、“電源ボタンを連打しないと待受画面に戻れない”ようでは、カメラもWebもJavaも安心して利用できない。SH251iSでは、処理に時間がかかる場合も瞬時に画面にメッセージを出すなど、ユーザーのイライラを抑える工夫がなされている。

SH251iSは買いかどうか

 P504iSやN504iSに比べても「カメラならやはりSH251iS」とは携帯専門誌編集者の言葉。カメラ以外の機能はPやNに劣る部分もあるが、マルチメディア機能面の完成度は非常に高い。

 もちろん、iモードを活用するには通信速度が9.6Kbpsのままだったり、iアプリに未対応、251iシリーズならではの弱点はある。iモード周りでは、「ラストURL機能がない」「ブックマークや画像メモがフォルダ分けできない」「フレームダウンロードに対応していない」「cHTML4.0に対応していない」などの課題も指摘しておきたい。

 SH251iSが買いかどうかを一律に言うことはできないが、1カ月以上、メインの端末として利用した感想を言えば、かなり満足いく出来だった。購入当初は、3D液晶やカメラなどに目がいき、その後しばらくは独特な操作法に戸惑い、1カ月も経つと意外に快適に使えるようになる。カメラを求めて買い換えることの多い今、SH251iSはなかなかいい選択肢だろう。



関連記事
▼ 「SH251iS」の“使いやすさ”を探る
「3D液晶」など、ほかに例のない“飛び道具”が満載のSH251iSだが、独特の機能はハードウェアだけにとどまらない。ソフトウェアにも、オリジナリティ溢れる便利な機能がたっぷり搭載されている

▼ 撮った画像を3Dに〜「SH251iS」の楽しみ方
単に3D液晶を搭載しただけでなく、さまざまな形で3Dを楽しめるよう多彩なアプローチを用意しているのも「SH251iS」の特徴。例えば、iショットで受信した画像を拡大し、3D表示することも可能だ

▼ 3D液晶搭載のiショット端末「SH251iS」登場
第2世代のiショット端末が登場する。シャープ製の「SH251iS」は世界で初めて「3D液晶」を採用。カメラで撮影した写真を3Dに変換することもできる。液晶は2.2型と大きく高精細で、背面にも1.2型の液晶を搭載した

▼ この冬話題のiショット端末、カメラ機能のベストチョイスは?
この秋から冬にかけて続々と投入されたiショット端末。中でもカメラの機能で注目されるのが「SH251iS」「N504iS」「P504iS」の3モデルだ。それぞれの画質や使い勝手を「カメラとしての機能」にこだわってチェックした

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!