Mobile:NEWS 2003年1月21日 03:21 PM 更新

今年こそBluetooth普及へ〜Bluetooth SIG

Bluetooth SIGのマーケティングディレクターが来日し、「2003年は本格導入の時期。2004年はコンシューマフェーズになる」と、Bluetooth普及の見通しについて語った

 1998年の発表以来、“今年は……”と言われながら、なかなか普及の兆しが見えなかったBluetooth。しかし2003年は広く浸透し始める第一歩となるかもしれない。

2003年は本格導入の時期

 「なぜBluetoothの技術が採用されるまでに時間がかかったのか、なぜ動きが鈍かったのか。実を言うと、Bluetoothの進化はほかの技術と比較すると遅いものではなかった」。と話すのは、1月21日来日したBlutooth SIGのマーケティングディレクターであるAnders Edlund氏。

 Bluetoothは、複数のデバイスを無線で接続する規格。1種類のデバイスに内蔵されるだけでは使えないため、さまざまな機器に搭載されるのが普及の前提となる。「いろいろなデバイスにBluetoothが入るには時間が必要。量的なベースを確保するにも時間が必要だ」(Edlund氏)。

 Edlund氏は、「2001年に開発フェイズを終了できた。2002年においては、比較的高くはあったがシリコンも提供できた。2003年は生産フェイズに入り、本格導入の時期になる。2004年には新しい面白いアプリケーションがどんどん普及していき、いろいろな消費財に一般に使われるようになる。コンシューマフェーズと位置づけている」と話す。

 2003年から2004年を本格導入の時期と位置づける理由の1つは、チップ価格だ。当初、Bluetoothが普及するための価格目標は5ドルといわれていた。その目標は長く達成できていなかったが、最近になってチップ大手の英CSRが5ドル以下のチップを提供するなど、急速に価格が低下している(2002年5月の記事参照)。

 「チップセットの価格も手ごろなところに下がってきている。値段は普及に大きな影響をもたらす。この価格はこれまで実現できていなかった」(Edlund氏)

「無線LANはライバルではない」と強調

 Bluetoothが遅々として普及しない中、IEEE802.11bを使った無線LANが急速な広がりを見せた。「無線LANがBluetoothの市場を喰う」という意見も多く、携帯電話への無線LAN搭載を検討しているところもある。

 Edlund氏は「802.11bは決してBluetoothと競合する技術ではなく補完的なもの。このような小さなデバイスに無線LANを使うことはできない」と、競合を否定する。Bluetoothは、通信速度を向上させた新規格や無線LAN的な使い方を容易にする「PANプロファイル」などを準備中だが(2002年2月の記事参照)、それでも「無線LANとは競合しない。用途が異なる」と言う。

 高速化などのロードマップについては、Edlund氏は策定中と話すに留め、時期の目処などを明らかにしなかった。

さらなる課題はアプリケーションか?

 Bluetoothが最も普及している地域は、やはりEricssonやNokiaのお膝元である欧州のようだ。既にSony Ericssonの「T68i」など複数の携帯電話にBluetoothが内蔵されている。「欧州が最も普及している。米国は立ち上がりは遅かったが、最近は傾向としてはいい。日本もそうなることを期待している」(Edlund氏)。

 「個人的に携帯電話というデバイスが重要だと思う」とEdlund氏は言うとおり、欧州では携帯電話のヘッドセット接続用途としてBluetoothの普及が始まっている(2002年10月の記事参照)。

 Edlund氏によると、最も使われるのがヘッドセット。次にPCと携帯電話をBluetoothでつなぎ、GPRSを使ってインターネットにダイヤルアップするのに使われているという。しかしインターネットへのダイヤルアップ用途はまだ少なく、「3番目のメジャーな使い方は?」と問うと、なかなか答えが出てこないのが現状だ。

 国内でも携帯電話への搭載がカギを握るといわれるが(2001年11月の記事参照)、赤外線すら活用し切れていない中、Bluetoothをただ載せただけでは用途がない可能性もある。

 とはいえ、苦難の道を乗り越え、Bluetoothはやっと普及の徒についた。Bluetooth SIGもコンシューマに目を向け始め、「5-Minute Ready」プランを推進し始めている(2002年12月の記事参照)。「消費者系の試みとしては、まずWebサイトを立ち上げた。いち早く製品を利用する、アーリーアダプターが対象になると思う」(Edlund氏)。



関連記事
▼ 「5分でOK」を目指すBluetooth
Bluetooth SIGが「5-Minute Ready」というプログラムを発表した。同技術の採用促進が狙い

▼ “Bluetoothの未来”を探る――CEATECレポート
期待されながら、なかなか普及しないBluetooth。しかし、「今度こそ」と思わせる変化が起き始めている。CEATECでのBluetooth関連展示を紹介しながら、その今後を展望してみよう

▼ 盛り返すBluetooth、普及期へ
当初の期待ほど普及が進まずにいたBluetoothだが、IDCから、今後数年間の市場急拡大を予測するレポートが出された

▼ なぜ、今Bluetooth HDDなのか〜東芝に聞く「HOPBIT」
WPC EXPOで披露されたBluetooth HDD「HOPBIT」。サポートするのはFile Transfer Profileのみで、極めてベーシックな使い方しかできない。この製品を、東芝はなぜこの時期にリリースするのだろう

▼ 新プロファイル登場で新市場目指すBluetooth
思うように普及が進まないBluetoothは、携帯電話やPC、PDAだけでなく、自動車、家電への内蔵を目論んでいる。そのためのプロファイルが商用化間近だ。

▼ Bluetoothチップ大手のCSR、次はPCを狙う
英CSRは、Microsoftと共にBluetoothのデスクトップPCへの組み込みを狙う。同社のチップBlueCoreは2世代目の生産が開始され、従来よりも消費電力が半分、価格も大幅に低下した。今年夏以降、Bluetoothは普及に向かって突き進むことになる。

▼ Bluetoothの成否は“日本の携帯”が握る
技術的に問題点をほぼ克服したBluetooth。その牽引役として期待されるのは携帯の通信キャリアだ。「Bluetooth搭載の携帯電話が浸透しなければ、Bluetoothも失敗であったと結論付けられる」と日本エリクソンは期待を示す


関連リンク
▼ Bluetooth.org

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!