Mobile:NEWS 2003年5月19日 02:37 PM 更新

A5305K、回転型端末を使ってみた

世界初となる回転型のau端末「A5305K」は、その独特のスタイルにもかかわらず、使い勝手も良好だ。閉じたまま、基本的な操作ができるところはまるでストレート端末

 「見た目のインパクトではなく、回転には意味がある」と京セラが言う、A5305K。折りたたみ型端末に慣れたユーザーにとって、回転型という新しい形状は使いやすいのかどうか。発売から数日間ではあるが、回転型端末を使ってみた印象をお伝えしたい。

サイドボタンでほとんどの操作が可能

 回転型を意識した操作体系がしっかりできている──。それがA5305K全般に対する印象だ。頻繁に使う機能のほとんどは、回転させて開くことなく閉じたままで操作可能になっている。

 例えば、

  • 電話を取る サイドボタンを押す。あるいは回転させる
  • 着信メールを見る サイドボタンを数回押す
  • 履歴から電話する サイドボタンを上(着信履歴)、下(発信履歴)に押して選択。押し込んで電話
  • 電話を切る 会話中にサイドボタンを押す。メニューから選択
  • 写真撮影 カメラのカバーを開ける。サイドボタンで撮影


側面に見えるのが、サイドキーとBackボタン。カメラには起動スイッチとしても使えるカバーが付く


左は開けた状態で決定キーを押すと現れるメニュー。中央は、閉じた状態でサイドキーを押すと登場するメニュー。右の写真はムービーを着信音に設定したところ。表面に大きな液晶が配置されるA5305Kでは、着ムービーも生きる


着信中にBackボタンを押すと、「応答保留」「着信拒否」などのメニューが現れる。通話中にサイドボタンを押すと、通話を終了することなどができる

 アドレス帳でさえ、待ち受け画面からサイドボタンだけで検索可能だ。1回押すとメニュー表示、そのまま2回目を押してアドレス帳選択。“あかさたな”の行を、サイドボタンの上下で選択して、次にだれに電話するかを上下で選んで押すだけだ。

 届いたメールも閉じたまま、サイドキーを数回押すだけで閲覧できる。自動フォルダ分けされていても、新着メールに自動的にフォーカスが当たるため、とにかくサイドキーを押していくだけでいい。液晶を見る必要さえないのだ。表示されたメールは、サイドキーの上下でスクロールできる。このまま回転させれば、自動的に返信画面になるのだが、閲覧だけなら開く必要はまったくない。


メールが届いたら、サイドキーを押していくだけで閲覧できる。返信したい場合は液晶を回転させればいい

 サイドボタンの脇にあるBackボタンは、1回押すと1段階前に戻る。1秒程度長押しすると、どの状態からでも待ち受け画面に戻る。ちなみに、サイドボタンの長押しで「サイドキー無効」、Backボタンの長押しで「マナーモード設定」が行える。

 多少の慣れは必要だったが、メール以外のほとんどの操作が閉じたまま、サイドボタンで可能だ。この感覚はストレート型端末に近い。何かするのに必ず“端末を開ける”というワンアクションが必要な折りたたみ型と違い、手早く操作できる。それでいて、折りたたみ型並にコンパクトだ。

片手で回転操作が可能

 世に発表された回転型端末は、ほかにもあるが、片手で開くことのできるのはA5305Kだけだろう。左手で持って、親指で押すことで回転させられる。少々勢いを付けて押しつければ、ジッポを開けるように開くことができる。【片手で開ける様子を動画で見るezmovie再生プレーヤーが必要です

 京セラはマニュアルで「開閉は必ず両手で行ってください」としており、推奨はできないが、片手で開けることが可能な点は評価したい。


側面から見ると分かるように、ヒンジは回転だけでなく角度が付くようになっている。イヤホンマイクはカバーが面白い


液晶背面はカーボン風の作り

 問題の1つは右手ではたいへん開けにくいことだ。サイドキーの位置も、左手の親指で操作することを想定しているようで、右手では使いにくかった。

 もう1つは、サイドキーの誤動作がある点だ。サイドキーを上下に動かすと発着信履歴が表示され、液晶を回転させるとそこに電話をかけることができる。片手で端末を開けるとき、サイドキーに触れてしまい、発信履歴の番号に電話がかかってしまうことがある。この点は注意が必要だ。

 ちなみに、端末を開けている状態ではBackボタンは無効に、サイドキーは十字キーの上下と決定キーの役割を果たす。例えばEZweb閲覧中も、サイドキーでスクロールし、サイドキーの押し込みでリンクをたどるといったことが可能だ。

ソフトウェアは??

 A5305Kの内蔵ソフトについてもお伝えしようと思ったのだが、使って感じたことがある。メニューの構成から表示されるグラフィックスまで、日立製の「A5303H」にそっくりなのだ。違いといったら、アクセサリーの画像が異なる点や、回転に関連した設定項目くらい。


上はA5305Kの画面、下はA5303Hの画面。各メニューが酷似しているのが分かる

 そういえば、日立のA5303Hはアプリケーションプロセッサ「SH-Mobile」をauで初搭載した端末。A5305KもSH-Mobileを搭載している。このあたりに関係がありそうだ。



関連記事
▼ 京セラの液晶回転「A5305K」、2万円を切って登場
液晶が回転するau端末「A5305K」が本日店頭に並んだ。カラーは赤のみで、価格は2万円を切っている

▼ 写真で見る、リボルバースタイルの「A5305K」
回転には意味がある──そんな発想から設計された京セラ製のau端末「A5305K」を写真で見ていこう

▼ 「A5305K」の回転は、ストレート端末の究極の進化形
京セラがリリースする「A5305K」は回転する液晶が特徴。リボルバースタイルと呼ばれるこの機構は、必然的な進化を形にしたものだという

▼ リボルバースタイルいきますか──中村獅童も納得の「A5305K」
パンクにも通じる歌舞伎役者のスピリッツを大切にしたい──斬新な風貌と古典を愛する心を併せ持つ歌舞伎役者、中村獅童。A5305Kのイメージキャラクターとしてまさにハマり役だ

▼ au、回転タイプのムービー端末「A5305K」発表
KDDIと沖縄セルラーは、CDMA2000 1x/ムービーメールに対応した新端末「A5305K」を発表した。メインディスプレイ側が180度回転する「ターンタイプ」デザインを採用している

▼ 回転型端末〜液晶が回らなくてはいけなかった理由
ドコモの「SO505i」、KDDIの「A5305K」。いずれも液晶が横に回転する“回転型”の端末だ。デザインの奇抜さばかりが目立つが、“回転”の背景には、回らなくてはいけなかった必然性がある

▼ 特集:auの夏モデル
KDDIが発表した夏モデルは、それぞれが独特の特徴を備えた端末だ。メガピクセル、QVGA液晶、BREW、そしてカメラ付きGLOBAL PASSPORT。最新端末の情報をまとめた


関連リンク
▼ KDDI
▼ 京セラ 携帯電話

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!