Mobile:NEWS 2003年6月18日 05:19 PM 更新

ドコモ、「SH505i」を6月20日に発売

NTTドコモはシャープ製の「SH505i」を6月20日から発売する。100万画素CCDカメラを搭載、QRコードやJANコードの読み取り機能を備える。

 NTTドコモは、シャープ製の「SH505i」を6月20日から全国一斉に発売する。ボディカラーはアトランティックブルー、シベリアンシルバー、ニューヨーカーブラックの3色。


左からアトランティックブルー、シベリアンシルバー、ニューヨーカーブラック

 SH505iは、有効画素数約100万画素(記録画素数約79万画素)のCCDを搭載、メインディスプレイに2.4型26万2144色のQVGA液晶を採用した端末。メイン液晶は3D表示にも対応する。

 QRコードやJANコードの認識が可能なOCR機能を備え、読み取ったデータはPhone toやMail to、Web toで利用でき、電話帳への登録も行える。通話中にスケジュール画面を表示させたり、メール作成中に電話帳画面を表示させてアドレスをコピー&ペーストできるViewキーも特徴。

製品名SH505i
サイズ約50(幅)×102(高さ)×24(厚さ)ミリ
重さ約125グラム
連続通話時間/待ち受け時間約130分/約300時間
カメラ100万画素CCD
ディスプレイ約2.4型26万2144色システム液晶
データ通信速度受信時:最大28800bps、送信時:最大9600bps
ボディカラーアトランティックブルー、シベリアンシルバー、ニューヨーカーブラック


左からアトランティックブルー、シベリアンシルバー、ニューヨーカーブラック



関連記事
▼ 「SH505i」徹底解剖
スペック表を並べてみただけでは「SH505i」の魅力は分からない。同じようなスペックの液晶やカメラでも、3D表示可能なシステム液晶だったり、カメラは放送用に使われるものだったり……。そして、それらのパーツが、刷新された分かりやすいユーザーインタフェースの元に密接に結びついている。

▼ ドコモ、505i向けQRコード作成ソフト公開
505iシリーズのうち、数機種には2次元バーコードであるQRコードの読み取り機能が搭載されている。ドコモは505i向けに、電話帳やブックマーク、メモなどをQRコード化するソフトの提供を開始した

▼ Mobile Weekly Top10:“本音の”505i選び
6機種混線模様の505iシリーズ。まだ全機種が発売されたわけではないが、本音で話すとどれが期待度“大”なのだろうか

▼ 505i、6機種のソフトを比較する
ビジネスシヨウで一般公開された「505iシリーズ」実機を元に、一歩踏み込んで、各機種のメニューや機能を画面で比較してみた。「SO505i」の厚みが増すなど、スペック表も一部変更になっている

▼ “505i”の買い方、選び方
未だ詳細情報は明かされていないが、これまでに得た情報を元に、“どの505iが買い”なのかを探ってみよう

▼ QVGA大型3D液晶の「SH505i」
シャープ製の「SH505i」は、505iシリーズの中でもトップクラスの大きさとなる2.4型液晶を搭載。高精細のシステム液晶で3D表示も可能だ。カメラには100万画素CCDを搭載

▼ 特集:ドコモの505i
NTTドコモが2003年春に発売する「505iシリーズ」は、さまざまな機能が盛り込まれたハイエンド端末だ。6機種すべてにQVGA液晶を標準搭載するほか、メガピクセルカメラを内蔵した端末も複数ラインアップされる


関連リンク
▼ ニュースリリース
▼ 製品ページ

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!