Mobile:NEWS 2003年7月3日 09:27 PM 更新

“着メロ感覚で商品購入”は根付くのか?

「着メロ感覚で物品購入」──。KDDIが電話料金と合算して支払える「プレミアムEZ回収代行サービス」を開始したことで、物品の購入がデジタルコンテンツのように行えるようになる。

 7月3日、KDDIが「プレミアムEZ回収代行」サービスを開始した(6月3日の記事参照)。盛り上がる気配はあったものの、未だに普及に至っていない携帯電話を使ったショッピングサービスに弾みがつくかもしれない。


トップから「ショッピング」をたどると、物品販売のショップが多数並んでいる。プレミアムEZ回収代行が使える店舗は、店名の隣にアイコンが付いている

着メロ感覚で物品を購入

 プレミアムEZ回収代行は、簡単に言ってしまえば、壁紙や着メロを購入するように、物品を購入できる仕組みだ。代金は、着メロ代金のように月々の携帯電話の請求いに合算される。

 商品を選んだら、決済手段としてプレミアムEZ回収代行を選ぶ。続いてあらかじめ設定した4−8桁の数字のパスワードを入力したら手続きは完了だ。まさに“着メロ感覚”でTシャツやらミネラルウォーターが買えてしまう。

 「メリットは大きく2つ。携帯電話料金に載せて物販の代金を回収できる。携帯電話の利便性を物販に生かせる。もう1つは、情報の入手のしやすさ。例えば、ユーザーは送付先住所などをショッピングの際に入力しなくていい」

 そう話すのは、プレミアムEZ回収代行を利用できるショッピングサイトのASPサービスを提供する(3月7日の記事参照)ソフトバンク・モバイルの勝本淳之マーケティングマネージャーだ。

カードを持っていないユーザーも取り込める

 これまで携帯電話を使った物販が難しかった理由の1つは決済だ。PCではカード決済が一般的だが、若年層が多い携帯電話ユーザーの場合、カード決済が使えない。「未成年に課金する方法は、代引きと振込しかなかった」(勝本氏)

 またカード決済の場合、ユーザーが16桁の数字を打ち込まなくてはいけないという面倒もある。インターネットショッピングの初期に言われたように、日本人にカード利用に対する抵抗感があるのも事実のようだ。

 プレミアムEZ回収代行を利用すれば、課金に対する問題のほとんどが解決する。セキュリティについても、キャリア内部で処理が完結するため安心だ。着メロや壁紙の購入に慣れたユーザーは、同じ意識で物品を購入できる。

 物販につきものの“送付先住所の入力”も回避できる。KDDIの場合、プレミアムEZ回収代行を利用すればショップに購入者の住所、年齢、氏名の情報を提供するようになっており、ユーザーはそうした個人情報の入力の手間がなくなる。


決済方法として「auケータイ支払」(プレミアムEZ回収代行のこと)を選ぶと、あとはパスワードを入力するだけで購入が完了する

ショップ側のリスク、ユーザーのリスク

 もちろん、初めての取り組みであるだけに、様子を見ながら調整しなくてはならない部分も多い。

 例えば決済手数料だ。クレジットカード決済を利用した場合、通常手数料は3−4%程度。しかし、KDDIのサービスでは5%程度と少々高い(デジタルコンテンツの代行手数料は9%程度といわれている)。そのため、1000円程度の少額商品のように利幅が薄いと扱いにくい。

 あくまで回収代行であって債券買取ではない点もリスクとなる。携帯電話のデジタルコンテンツでは、未払いが1-2%程度あるという。債券買取であればキャリアが未払いのリスクを負うが、回収代行ではショップ側のリスクとなる。いくらでも複製が利くデジタルコンテンツと違い、1万円の物販で未払いが発生すると大きなダメージだ。

 しかも与信はショップ側ではなく、KDDIが行う。加入月数が3カ月未満の場合と20歳未満は月額1万円まで、それ以外は3万円と限度額を設けるが、有効に機能するかどうかは、試験サービスの結果次第だろう。

 着メロなどと同じように物品が買えてしまうということは、まさに“携帯が財布になる”ことを意味する。パスワードで保護はされているが、携帯を紛失した際のリスクはさらに高まることになる。

 またKDDIが加盟店審査を行うとはいえ、通信目的で使われるはずの個人情報が、加盟店に流れるのもいい気持ちはしないものだ(もちろんプレミアムEZ回収代行の登録時に“承諾するか”と聞かれるし、利便性は非常に高まるのだが)。

モバイルECの起爆剤となるか?

 ソフトバンク・モバイルの勝本氏は、「今回のKDDIだけでなく、9月からドコモも始める。すべてのプラットフォームで物販ができるようになるのではないか」と話す。

 「今年こそは……」と言われながらも、なかなか盛り上がらない携帯電話からのショッピング。各キャリアが、物品に関する請求代行サービスに力を入れることで、市場が大きく拡大する可能性が出てきた。



関連記事
▼ KDDI、モバイルショッピングの回収代行の試験実施
これまでクレジット決済が中心だった、携帯電話による物品の購入に、デジタルコンテンツ同様、キャリアの回収代行サービスが利用できるようになる。KDDIでは来年早々にも本格運用を行う予定。

▼ キャリア課金代行に対応した物販決済ASP〜ソフトバンクモバイル
ソフトバンク・モバイルは7月3日、携帯電話のショッピングサイト向けに決済サービスの提供を開始した

▼ 携帯電話料金と合わせて商品の支払いを〜ドコモが試験サービス
NTTドコモは、iモード経由で購入した商品の支払いを携帯電話の料金と一緒に支払える「請求代行サービス」の試験運用を開始する。半年後を目処に本サービスを開始予定

▼ ドコモ、携帯でクレジット決済可能な「DoCommerce」
ドコモがiモード上でのクレジット決済利用を簡単にするサービスを開始する。クレジットカード情報をドコモが一括管理することで、ユーザはパスワード入力のみで商品購入をクレジット決済できる

▼ ビザとドコモ、504iの赤外線でクレジットカード決済
504i、504iSシリーズに搭載されたiアプリと赤外線通信機能を使い、携帯電話をクレジットカード代わりにする試みが始まる

▼ KDDI、携帯を利用したクレジット決済「Kei-Credit」の試験開始
「携帯内にクレジットカード番号などを記録し、ネットや実店舗で簡単にクレジット決済を利用」──KDDIが予定しているテストの名称と概要が明らかにされた

▼ 携帯が“財布”になるために
携帯電話が財布代わりになるために、通信キャリア各社は取り組みを始めている。携帯とレジとの通信手段では、2次元バーコード、赤外線などが既に実用化されているが、切り札として控えているのが「非接触ICカード」だ

▼ J-フォン、SKY CHECKサービスを終了
ドコモやKDDIが携帯電話でのクレジットカード決済を容易にするサービスを提供し始める中、その先駆けだったJ-フォンの「SKY CHECK」が終了する。

▼ iモードは横断的な「ユーザー認証」を目指す
iモードの次の目標とは何か? 統合的なユーザー認証を計画しているのはMicrosoftの「Passport」だけではない。iモード企画部長夏野剛氏の著書『ア・ラ・iモード』が登場した


関連リンク
▼ ソフトバンク・モバイル

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!