プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
レビュー

なぜ「Xperia XZ2」より「XZ1」が売れているのか? 比較して分かったこと (2/2)

3キャリアから販売中の「Xperia XZ2」。販売ランキングでは、前モデルの「Xperia XZ1」の方が上位にランクインしている。なぜXZ1の方が売れているのか? 2機種を使い比べてみた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

カメラの違い

 アウトカメラは有効約1920万画素で2機種とも同じ。大きな違いは、Xperia XZ2では4K HDR動画が撮影可能になったこと、960fpsのスーパースローモーション撮影がフルHDサイズに対応したこと(XZ1はHDまで)だが、毎日使う人は少ないのではないだろうか。多くのユーザーが普段最も撮るであろう、静止画の画質が気になるところ。「プレミアムおまかせオート」に設定し、夜景や料理などの写真を撮り比べてみた。

XperiaXperia 左がXZ2、右がXZ1で撮影した夜景。XZ1は周囲の光源の影響か、ややモヤッとしているが、XZ2は締まりのある写りに
XperiaXperia 左がXZ2、右がXZ1で撮影した夜景。どちらかというと、XZ2の方が鮮明に見える
XperiaXperia 左がXZ2、右がXZ1で撮影した料理
XperiaXperia 左がXZ2、右がXZ1で撮影した空

 全体的に、Xperia XZ2の方が明るめに写す傾向があるようだが、他に有意な差は見られなかった。静止画のクオリティーに大きな違いはないと考えていいだろう。

 一方、インカメラがXperia XZ1の有効約1320万画素からXZ2で有効約500万画素にダウンしてしまったのは残念だ。

 Xperiaならではの特徴といえる、側面のカメラキーは2機種とも搭載しており、スピーディーにカメラを起動して撮影できる。

イヤフォンジャックの違い

 スマホで音楽を聴くユーザーに影響が大きいのが、Xperia XZ2で3.5mmのイヤフォンジャックが廃止されたこと。3キャリアのXperia XZ2には、USB Type-C−3.5mmイヤフォン変換アダプターは付属しているので、すぐに手持ちの有線イヤフォンを使えるが、一手間増えるのがマイナスなのは言うまでもない。

Xperia
付属のアダプターを付ければ有線のイヤフォンも使えるが……

 このように、細かな性能はXperia XZ2が優れているが、実際の使い勝手でXZ2の方がマイナスだと感じる部分もある。デザインは好みの問題もあるので優劣は付けにくいが、XZ2の分厚くて重いことをデメリットと感じて敬遠している人もいるだろう。そしてXZ1が値下げされたとなれば、XZ1の方が売れるのもうなずける。2機種のうちどちらを購入するか迷っている人は、価格、デザイン、機能のバランスを見て決めたい。

主なスペック
機種名 Xperia XZ2 SO-03K Xperia XZ1 SO-01K
OS Android 8.0 Android 8.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 845(8コア) Qualcomm Snapdragon 835(8コア)
メインメモリ 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB
外部メモリ microSDXC(最大400GB) microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約5.7型フルHD+ HDR TFT液晶 約5.2型フルHD HDR TFT液晶
解像度 1080×2160ピクセル 1080×1920ピクセル
バッテリー容量 3060mAh 2700mAh
アウトカメラ 有効約1920万画素CMOS(メモリ積層型) 有効約1920万画素CMOS(メモリ積層型)
先読み撮影 ○(笑顔検出対応) ○(笑顔検出対応)
スーパースローモーション撮影 ○(フルHD対応)
3Dクリエーター ○(インカメラも対応)
インカメラ 有効約500万画素CMOS 有効約1320万画素CMOS
ボディーカラー リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンク、リキッドブラック ブラック、ウォームシルバー、ムーンリットブルー、ビーナスピンク
サイズ 約72(幅)×153(高さ)×11.1(奥行き)mm 約73(幅)×148(高さ)×7.4(奥行き)mm
重量 約198g 約156g
防水 IP65、IP68 IP65、IP68
指紋センサー ○(背面) ○(側面)
3.5mmイヤフォンジャック
ワイヤレス充電

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る