プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

総務省が大手キャリアに「MVNOへの5Gサービスの機能開放」を要請

総務省の谷脇康彦総合通信基盤局長が、大手3キャリアの社長宛に文章を発出。MVNOが速やかに5G通信サービスを提供できるように要請した。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 総務省は12月18日、谷脇康彦総合通信基盤局長名義で「MVNOに対する5Gサービスの提供に係る機能開放について(要請)」という文章を発布した。宛先はNTTドコモの吉澤和彦社長、KDDIの高橋誠社長、ソフトバンクの宮内謙社長の3人で、5G(第5世代移動体通信システム)のサービスについてMVNOへの機能開放を進めることなど3点を要請している。

文章
谷脇康彦総合通信基盤局長名義で出された要請文の一部(PDFファイル

 この要請文では、大手3キャリアの社長に以下の要請を行っている。

  1. 5Gサービスの提供開始と同時に、MVNOにも5Gを使ったサービスを提供できるような機能開放を行うこと
  2. MVNOによる5Gサービスが円滑に行われるよう、必要な情報を速やかに提供すること
  3. MVNO側において対応が必要な場合に、余裕をもって対応できるようなスケージュールで情報を提供すること

 この要請は、総務省が現在進めている有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」での議論を踏まえたものと思われる。

モバイル市場の競争環境に関する研究会
モバイル市場の競争環境に関する研究会の第22回会合の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る