プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

「iPhone 12」で楽天モバイルのSIMは使える? 物理SIMとeSIMで試してみた

楽天モバイルのSIMは、iPhoneでも一部機種で利用できる。では、発売されたばかりの「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」ではどうか。手元にあるiPhone 12 Proで、物理SIMとeSIMを試してみた。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 楽天モバイル(MNO)はiPhoneを取り扱っていないが、APNを設定すれば、iPhone 11シリーズやiPhone SE(第2世代)など、一部のモデルは通信できる。では、発売されたばかりの「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」ではどうか。手元にあるiPhone 12 Proで、実際に試してみた。

楽天モバイル
iPhone 12 Proに楽天モバイルのSIMを挿してみた

 まずは物理型のSIM。結論から言うと、楽天モバイルの説明通りに設定したところ、データ通信も通話も問題なく利用できた。この記事でも設定方法を解説していこう。

 楽天モバイルのSIMを入れただけではモバイル通信は利用できず、2つの設定をする必要がある。まず、SIMを入れたら「設定」の「モバイル通信」にアクセスし、「通信のオプション」で「音声通話とデータ」にて、VoLTEをオンにしよう。初期状態ではVoLTEがオフになっているので、必ず設定する必要がある。

楽天モバイル楽天モバイル 「通信のオプション」からVoLTEをオンにする

 続いて、「モバイル通信」の「モバイルデータ通信ネットワーク」にて、APNを設定する。「モバイルデータ通信」の「APN」と、「インターネット共有」の「APN」のどちらにも「rakuten.jp」と設定しよう。これで設定は完了だ。

楽天モバイル楽天モバイル 「モバイルデータ通信」と「テザリング」の欄にAPNの情報を入力する

 なお、MVNOやY!mobileなどを利用する際に設定したプロファイルが残っている場合、こちらを削除する必要がある。プロファイルが入った状態だと、他社のモバイル通信は利用できないので注意しよう。

 設定が完了すると、ピクトエリアに「Rakuten LTE」と表示される。プランは5G向け「Rakuten UN-LIMIT V」に変更した直後だったが、モバイル通信で5Gの設定項目は現れず。現在のところ、楽天モバイルの5GはiPhoneでは利用できないようだ。

楽天モバイル
「Rakuten LTE」と表示されて通信可能に

 続いて、楽天モバイルのeSIMでも試してみた。もともと使っていた物理SIMからeSIMに変更してアクティベーションを行った後、「モバイル通信」のモバイル通信プランで楽天モバイルの番号を選び、「音声通話とデータ」からVoLTEをオンにし、「モバイルデータ通信」でAPNの入力を行ったところ、問題なく利用できた。物理SIMからeSIMに、ほぼタイムラグがなく切り替えられるのもありがたい。

楽天モバイル
eSIMでもご覧の通り通信可能に

 iOS向けに提供されているコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を使った通話やメッセージの送受信も行えた。

楽天モバイル
「Rakuten Link」も利用できた
楽天モバイル
都内江戸川区の室内で計測。通信速度も申し分ない

 iPhoneについては動作保証対象外となるため、使用はユーザーの自己責任となるが、iPhone 11と同様に楽天SIMでも利用できることは朗報といえそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る