検索
ニュース

ドコモの「ahamo(アハモ)」、気を付けるべき点は?

NTTドコモが“新プラン”として打ち出した「ahamo(アハモ)」。従来のドコモのプランと異なる注意点がいくつかあるので、簡単にまとめる。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 既報の通り、NTTドコモは2021年3月から、Web手続きに特化した中容量(20GB)の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。月額2980円(税別)で5分以内の国内通話定額(対象外番号あり)も利用できる。

 ahamoは「新料金プラン」をうたっているが、これまでのドコモの料金プランとは異なる点も多い。この記事では、現時点で分かっている注意点を簡単にまとめる。

【追記:12月4日10時55分】ドコモメールを始めとするドコモサービスの扱いについて追記しました

ahamoロゴ

申し込みやサポートはWebまたは専用アプリで

 ドコモによると、ahamoは「ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした」プランとされている。そのこともあってか、新規申し込みから各種手続き、サポートまで全ての手続きがWebまたは専用アプリで完結するようになっている。

 これに伴い、ahamoユーザーはドコモショップやドコモインフォメーションセンター(電話窓口)を利用できない。ただし、端末(SIMカード)の紛失・盗難による利用中断や端末の故障など、緊急の用件に関しては専用の電話窓口でも対応する予定となっている。

従来チャネルでは取り扱わない
ドコモショップやドコモインフォメーションセンターではahamoの契約や手続きを受け付けない

契約は「20歳以上」から(利用者は未成年も可)

 ドコモの既存プランでは、中学生(13歳)以上であれば本人名義で回線契約を締結できる。

 それに対して、ahamoは20歳以上でないと本人名義での回線契約ができない。ただし、未成年(20歳未満)を「利用者」として登録することは可能だ。

 20歳未満の子どもにahamoを使わせたい場合は、契約を20歳以上の親権者の名義に変更した上で、利用者登録すればよい。

20歳から
本人名義でahamoを契約できるのは20歳以上となる

FOMAエリアでは使えない 海外ローミングエリアも異なる

 ahamoはドコモの5GエリアとXi(LTE)エリアで利用できる。一方で端末が対応していても、FOMA(3G)エリアでは利用できない

 エリアマップを見る限り、Xiエリアは全国に行き渡っているが、海上エリア(PDF形式)など、ごくごく一部ではあるが、FOMAしか使えないエリアは残っている。ahamoはFOMA単独エリアでは“圏外”となるので注意しよう。

FOMAエリア
海上エリアの一部はFOMAのみ対応している。このようなエリアでは、ahamo(やドコモの5G端末)は圏外となる

 また、海外ローミングについても82の国・地域に限定される。ただし、月間データ容量(20GB)の範囲内であれば追加料金なしで利用できる

 なお、海外での利用日数が15日を超えた場合は通信速度が制限されるので注意しよう。

追加料金なし
海外ローミングの対象は82の国・地域に限定されるが、月間容量の範囲内であれば追加料金なしで高速通信できる

ドコモの既存プランからの移行は「MNP」が必要(サービス開始当初)

 ahamoはドコモの“新しい料金プラン”である。しかし、サービス開始当初はドコモの既存プランからの変更であってもMNP(番号ポータビリティー)手続きが必要だ。具体的には以下の手順を踏む必要がある。

  1. ドコモの既存プランでMNP転出の手続きを行う
  2. 手続き時に発行される「MNP予約番号」を使ってahamoの新規契約を行う

 この場合、MNP転出に伴う各種手数料(MNP転出手数料、契約解除料)は無料となる。ahamoは新規契約の事務手数料を無料としているため、ドコモの既存プランからの変更は手数料が一切掛からない。

 なお、ドコモでは2021年5月にシステムを改修する予定で、それが完了すると既存プランからahamoへの変更がより簡単に行えるようになる

手続き
ahamoはドコモの新プランなのだが、サービス開始当初は他プランからの変更にMNP転出手続きが必要となる。この場合、転出に伴う各種手数料は無料とする

既存の割引は併用不可

 従来のドコモの料金プランと比べると、ahamoは元々の月額料金を抑えている。そのためか、以下の既存プラン向けの割引を併用できない

  • みんなドコモ割(契約回線数に応じた割引)
  • ドコモ光セット割(「ドコモ光」の契約に伴う割引)
  • dカードお支払割(料金の支払いに「dカード」「dカードゴールド」を指定した場合の割引)
  • ファミリー割引

 みんなドコモ割については、割引対象外の契約でも一部プランは回線数に含めているが、ahamoはカウント対象外となる。ファミリー割引の「家族内通話無料サービス」についても、ahamo回線は対象外だ。

 ahamoは複数契約の請求をまとめる「一括請求」に対応しない。ただし、NTTファイナンスが提供する「おまとめ請求」を使えば、疑似的に請求を1本化できる

 関係者によると、先述のシステム改修に合わせて、複数のサービス改善を実施することが検討されているという。続報に期待したい。

ドコモメールは利用不可 dアカウント/dポイントは継承可能

 ahamoでは、ドコモが提供する既存サービスも厳選して提供される。現時点では、同社のキャリアメール「ドコモメール」は提供されないことが決まっている。

 一方で、「dアカウント」や「dポイント」については所定の手続きを経ることでそのまま引き継げる。「d払い」の携帯電話料金との一括支払いにも対応する。

 その他、ahamoに継承できるサービス、継承できない(利用できない)サービスの詳細については、サービス開始時までに公表される予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る