プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース

ドコモの5G必須特許保有数は世界3位、5G規格の標準化活動をけん引

NTTドコモは、5Gサービスの提供に必要な5G標準規格で必須の特許の保有数が世界第3位になったと発表。2020年10月時の世界第6位から順位を上げ、通信事業者の中では首位と評価された。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 NTTドコモは、4月8日に5Gサービスの提供に必要な5G標準規格で必須の特許保有数が世界第3位になったと発表。サイバー創研の調査「5G標準必須特許に関する主要技術・サービスの開発動向について評価・分析」によるもので、2020年10月時の世界第6位から順位を上げ、通信事業者の中では首位となった。

 本調査は情報通信分野の主要プレイヤーが5G標準規格に必須であると国際標準化団体に宣言・報告している特許について、真に5G標準規格に必須の特許であるかを客観に評価し、現実の5G必須特許の保有数を推計したもの。5G必須特許の保有数は5G規格の標準化活動に参加する企業の技術的な貢献度を示すバロメーターとなり、本調査はNTTドコモの技術力が5G規格の標準化活動をけん引していると示している。

NTTドコモ
5G必須特許の保有状況
NTTドコモ
5G標準化主要プレイヤーの技術提案数

 NTTドコモでは通信事業者として最も多い約5900件の技術提案(寄書)を行い、5G標準規格として採用された累計で約1300件の技術を必須特許として宣言。総務省が設立した「Beyond 5G 新経営戦略センター」の会員として知見を蓄え、Beyond 5Gの日本での国際競争力強化に貢献するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る