検索
ニュース

ソフトバンクが「Xiaomi 13T Pro」を12月8日発売 25カ月目に返却すると“実質24円”からMNOとして独占販売

ソフトバンクがMNO(通信キャリア)として独占販売する「Xiaomi 13T Pro」の発売日が12月8日に決まった。直営店での販売価格は11万4480円で、MNPまたは22歳以下が新規契約と同時に購入した上で、「新トクするサポート」を適用すると実質24円から利用できる。

Share
Tweet
LINE
Hatena
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ソフトバンクは12月8日、Xiaomi(シャオミ)製Androidスマートフォン「Xiaomi 13T Pro」をソフトバンクブランドから発売する。同社直営のソフトバンクショップおよびソフトバンクオンラインショップでの販売価格は11万4480円で、12月1日から販売予約を受け付ける。

 なお、Xiaomi 13T Pro自体は家電量販店/ECサイトやMVNOでも販売されるが、MNOではソフトバンクが独占的に取り扱う。

Xiaomi 13T Pro
Xiaomi 13T Pro(左からアルパインブルー、ブラック、メドウグリーン)

Xiaomi 13T Proの概要

 Xiaomi 13T Proは、ソフトバンクブランドにおける「神ジューデン」スマホの第3弾として登場する。バッテリーの容量は5000mAh(定格値)で、付属のACアダプターを利用すれば約19分で満充電状態にできるという。

 プロセッサ(SoC)はMediaTek製の「Dimensity 9200+」(Dimensity 9200の動作クロック向上版)で、メインメモリは12GB、ストレージは256GBを備える。microSDメモリーカードには対応しない。OSはAndroid 13をプリインストールする。

 ディスプレイは1220×2712ピクセルの約6.7型有機ELとなる。カメラはアウト側が約5000万画素+約5000万画素+約1200万画素のトリプル構成、イン側が約2000万画素のシングル構成となる。動画は最大で8K(7680×4320ピクセル)で撮影できる。

 モバイル通信は5G NR(Sub-6)、LTE(FDD/TDD)、W-CDMA、GSMに対応する。SIMカードはnanoSIMとeSIMのデュアル構成に対応する。

 他の無線通信はWi-Fi 6EとBluetooth 5.4を利用可能だ。日本向けモデルではおサイフケータイ(モバイルFeliCa)も搭載している。

 本体サイズと重量は、ボディーカラーによって以下の通り異なる。

  • アルパインブルー:約76(幅)×162(高さ)×8.6(厚さ)mm、約200g
  • ブラック/メドウグリーン:約76(幅)×162(高さ)×8.5(厚さ)mm、約206g

MNP購入なら25カ月目に返却すると「実質24円」

 本機は、48回の分割払いと組み合わせる購入プログラム「新トクするサポート」の対象となる。また、MNPによる新規契約(※1)または5〜22歳の新規契約と同時に購入した場合、特定の料金プラン(※2)を選択することで本体価格が2万1984円引きとなる。

(※1)Y!mobileブランド/LINEMOブランドからの番号移行を含む
(※2)ペイトク(ペイトク30、ペイトク50、ペイトク無制限)、メリハリ無制限+、スマホデビュープラン+(ベーシック)

 上記のプログラムと割引を受けた上で、購入から25カ月目に新トクするサポートの特典を受けると、2年間、本機を実質24円で利用できる計算となる。

価格
Xiaomi 13T Proの販売価格(ソフトバンク直営店でMNP/22歳以下の割引を適用し、48回払いとした場合)。新トクするサポートの特典を適用すると「3854円×残月数(最大24カ月)」分の分割支払金が免除される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る