News 2003年10月9日 10:53 PM 更新

坂村教授の講演は「ユビキタス」よりまずは「反論」

講演のテーマは「ユビキタスコンピューティング環境の実現に向けて」と題されていたが、まずは、先日のT-Engineフォーラムにマイクロソフトが参加した件に対する報道への反論から始まった。

 CEATEC JAPAN 2003の初日に行われた特別講演。トップの出井氏に続いて登場したのは「ユビキタス」東京大学大学院の坂村健教授だ。

 「マイクロソフトからストックオプションをもらったのか」から始まって「共通の敵であるLinuxに対抗するための協力か」「ソフトがすべてタダなんて資本主義の国を崩壊させる行為だ、と言ったのですか」などなど、かなりきわどい報道まで、一枚一枚スライドを用意してていねいに反論をする坂村教授。いつも熱烈な講演を行う教授だが、この反論講演はいつにも増してエキサイティングな語り口調で進んでいった。

 当然ながら、これらの報道を否定していくわけだが 特に強く反論していたのが「どうしてTRONが敵を作らなければならないのか」。


いきなり「見ぬもの清し」とだけ書かれたスライドから始まった講演。「私が言っていないことが、記者の感想と交じって報道されていくうちに、私が言ったことになっている」と口調はどんどんヒートアップ。「見なければ気にすることもないのでしょうが」


ひとしきり反論したところで水を飲んでクールダウン。「スタッフに“あまり興奮するな”と言われておりまして」

 マイクロソフトとの提携だけが大きく取り上げられているが、坂村教授が代表を務めるT-Engineフォーラムは、共通の敵と報じられているLinuxのモンタビスタともT-Engineに対応した組み込みLinuxの開発で提携を結んでいる。

 T-Engineと提携しているOS陣営は、Linuxだけでない。このほかにも組み込みJavaでサン・マイクロシステムズやアプリックスなどと提携している。この輪の中に今回Windows CE.NETが新たに加わっただけ。

 そもそも、OSとしての性質がTRONとWindowsとでは違う、というのがOS開発者の坂村教授の考えでもある。このことは、マイクロソフトと提携を結んだときの会見でも述べているが、今回の講演でも「機械相手のOSであるTRONと、人間相手の情報処理OSであるWindowsやLinuxが争うことは技術的に言ってもありえない」と主張している。

 その理由として坂村教授は、「OSの講義のように」リアルタイムカーネルのスケジューリングの違いに焦点をあてて、イベントの発生を常に監視し、発生したイベントの優先順位で処理のスケジュールを行うイベントドリブン方式のハードリアルタイムOS、イベントの発生と関係なく一定時間ごとにイベント処理のスケジュールを行うラウンドロビン方式のソフトリアルタイムOS、といった技術的相違から解説を行ってる。

 ソフトリアルタイムの情報処理系OSはユーザーインタフェースを中心に処理を行うもので、数ミリ程度の応答を扱い、機械制御や通信制御で必要となるマイクロ秒を扱うには技術的な限界がある、というのが坂村教授の考え。マイクロ秒単位の処理を行うにはハードリアルタイムで動作する組み込み系のOSが必須になるのだ。

 「昔は組み込んだリアルタイムOSしか動かすことができなかったが、最近では、携帯電話でRFの制御は組み込み型OS、個人情報の管理はPCと同じような情報処理系OSでという考え方がユビキタスの進化のなかで出てきている。目的に応じてどちらかを選ぶということになるわけだ」と坂村教授は述べ、「TRONとWindowsが戦うとか、TRONとLinuxが戦うとかというのは技術的におかしい」と主張している。


「なんか授業みたいになってしまいますが。私、大学院でOSの講義をしていますから」と言いながら、タスク割り当ての仕組みからTRONとWindows、Linuxの相違を説明する坂村教授


Windows、LinuxとTRONの一連の反論の中で示された、TRONと「ゲストOS」の関係。WindowsもLinuxもハードリアルタイムを要求される組み込みOSに、情報系処理を提供するために実装される「ゲストOS」という立場になる。その意味では、WindowsもLinuxもJavaもT-Kernelから見れば全く同じ関係なのだ


情報系OSを組み込みOSのゲストにしてリアルタイム化するには、(1)完全に並列にして別々に動かす、(2)並列にするがデータは共有する、(3)完全に組み込みOSの上に実装してしまう、の方法が選択できる。求められる応答速度の問題から「情報系のOSをベースにしてリアルタイムシステムを構築するのは不可能」(坂村教授)


そこでT-Engineでは、並列にしながらも、プロセス通信を行う「T-Bus」を使ってデータを共有する方法を採用している。T-Engineから入ってくるイベントの割り込みはT-Kernelが取得し、割り込みスケジューリングやデータの同期通信をT-Bus経由で行う。そのうえでWindows CEが処理するスレッドはWindows CE.NETのカーネルが、T-Kernelが処理するタスクはT-Kernelがそれぞれ担当することになる

 坂村教授が激しく反応したもう一つの「報道」が「GPLは知的財産権を放棄する考え方だ、などと言ったのですか」「Linuxのモデルは国を滅ぼすなどと(マイクロソフトの)古川さんと意見が一致したのですか」「ソフトがすべてタダなんて資本主義の国を崩壊させる行為だ、などといったのですか」という、ソフトウェアのライセンスと「価格」に関する発言。

 坂村教授は「そのような発言は言っていない」と報道を否定(ただし、資本主義の国を崩壊させる云々、については「フリーの意味は“タダ”ではなく“自由”。価格をつけるのもタダで配るのも自由であるということ。みんなが全部タダにしたらソフト産業が成り立たなくなる、という意味で言ったと説明)。

 坂村教授は「オープンな組み込みプラットフォームを作る」というT-Engineの戦略の説明のなかで、「組み込みOSのカーネルでお金をもらうのは難しくなっている。そのため、どこの部分をタダにしてどこの部分をタダにしないのかが、産業として重要になってきている。そして共通にしたほうがいいところと、標準にしなくてもいいところを分けるのが、世界的な流れになっている」と述べている。

 この標準を決めるのは、昔は政府や国際機関であり、今は「勝ったものが標準を決める」(坂村教授)とも言うべきデファクトスタンダード方式。しかし「PCと比べて膨大な数がでる組み込みOSの世界で、特定の企業にロイヤリティーが集中するのは問題である」ということで「今、注目されているのがアソシエーション方式、言い換えればフォーラム方式」が、坂村教授が述べる世界の流れとなっている。

 フォーラム形式では、グループによるディスカッションで「戦うところと戦わないところを線引きして」(坂村教授)出てきたものをデファクトとして世の中に出していくという。坂村教授によると「ボランティア的にやらないとインフラは作れないだろう」

 この一連の説明の中に、T-Engineが果たそうとしている役割「フォーラム方式の組み込みOS標準団体で、カーネルはフリーで配布する。それが世界の流れである」が盛り込まれているわけだ。

 ライセンスについても、T-Engineフォーラムは組み込みシステムを対象としている特殊な事情から「カーネルの変更した場合でもソースを秘密にすることは認めている。バイナリ配布だけでもかまわない」と組み込みOSに特化したライセンスの考え方をしており、これがPCで使うことを想定したGPLとの大きな違いであると坂村教授は説明する。

 このように、WindowsやLinuxとの対決姿勢や、ライセンスに関する一連の報道は、情報系OSと組み込み型OSの技術的相違や、組み込み型OSの特殊な事情から発生したT-Engineフォーラムのライセンスを考えれば、ありえない。というのが、特別講演のほとんどの時間を費やして反論した、坂村教授の真意ということになるのだろう。


反論にほとんどの時間を費やしてしまった教授。メインテーマである「ユビキタス」については駆け足の講演をなってしまった。これまでの講演で繰り返し述べてきた「時間をかけて導入しなければならない」と、最近のユビキタスブームに警告する内容であったが、壇上では動作状態の小型ユビキタスコミュニケータも披露。「12月のTRON SHOWでは会場いっぱいに展示する」(坂村教授)

関連記事
▼ 特集:CEATEC JAPAN 2003
▼ TRONの坂村氏とMS古川氏が手を組んだ「T-Engine+CE .NET」
▼ MSがTRONに協力、T-Engine+CE.NET環境を共同開発
▼ “ひとり勝ち”ではなく“共生”を目指す――MSの「情報家電戦略」

関連リンク
▼ CEATEC2003公式ページ

[長浜和也, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

- PR -

Special

- PR -