> ニュース 2003年10月21日 08:16 PM 更新

“超”高解像度「HR」の本領発揮――富士写、FinePix「S7000」「F420」発表(2/2)


前のページ

 そのほか、外光パッシブ位相差AFとCCD-AFを併用して高速合焦を可能にした「スーパーツインAF」をはじめ、コンテュニアスAF/エリア選択AF/オートエリアAFといった多彩なAF機能、CCD-RAWモード記録、最高1/10000秒の高速シャッターなど、S602のハイスペックを継承している。

 FinePix S7000の主な仕様は以下のとおり。

製品名FinePix S7000
撮像素子1/1.7インチ有効630万画素スーパーCCDハニカムIV HR(原色フィルター)
記録画素数4048×3040/2848×2136/2016×1512/1600×1200/1280×960、動画:320×240/160×120ピクセル
記録方式静止画:JPEG/CCD-RAW、動画:AVI(30フレーム/秒)
レンズ7.8-46.8mm(35mmカメラ換算で35−210mm相当)、F2.8−3.1
電子ズーム1260×960ピクセル時最大約3.2倍(光学6倍ズームと併用して最大約19倍)
感度設定ISO オート/200/400/800相当
ファインダー0.44インチ電子ビューファインダー(23.5万画素、視野率100%)
液晶ディスプレイ1.8インチ低温ポリシリコンTFT液晶(約11.8万画素)
記録メディアxD-ピクチャーカード(16M〜512Mバイト対応)、マイクロドライブ(340M/1Gバイト対応)
電源専用リチウムイオン充電池
サイズ121(幅)×81.5(高さ)×97.0(奥行き)ミリ
重さ500グラム(電池、メモリーカード別)、約600グラム(撮影時)
価格オープン(実売9万円前後)

さらに一回り小さくなったベストセラー機「F420」

 同社定番の縦型スタイル・コンパクト機「FinePix F420」は、今年2月に発表された同社初の“第4世代スーパーCCDハニカム搭載機”「F410」の後継機種。F410と同じ有効310万画素1/2.7インチのスーパーCCDハニカムIV HRを搭載し、35ミリ判換算で36-108ミリ相当の光学3倍ズームを備えるなど、主な仕様はF410と変わらない。


310万画素3倍ズーム搭載コンパクト機「FinePix F420」

 一番の変更点が、ボディサイズ。77(幅)×69(高さ)×26.4(奥行き)ミリ、145グラム(本体のみ)の小型軽量ボディに仕上がっている。従来機(F410)も手のひらサイズの薄型コンパクトボディを売りにしていたが、F420はF410に比べて、幅が8ミリほど小さくなり、高さ(0.4ミリ減)と奥行き(0.9ミリ減)もわずかながら減少。体積比では約20%も小型化したほか、重さも約20グラムの減量に成功した。


従来機F410(上)とF420との大きさの比較。だんだん正方形に近くなってきた

 ボディサイズが小さくなったことで、使い勝手が犠牲になってはなにもならない。だが、F420では小型化しながらも液晶ディスプレイサイズを大型化。F410搭載の1.5インチより一回り大きい1.8インチを採用した。またパネルには、高性能な微反射型CGシリコンTFT液晶を使うことで、視認性を大きく向上させている(従来機は低温ポリシリコンTFT)。


1.8インチ微反射型CGシリコンTFT液晶を搭載したF420(左)と、1.5インチのF410(右)

 そのほかのF410からの変更点は、4種類(人物/風景/スポーツ/夜景)のシーンモードが選べるようになったほか、AVアウト(ビデオ出力)端子を新たに追加。細かいところでは、感度設定でISO160相当が選べるようになった。その他の仕様は、F410とほぼ同じ。

 FinePix F420の主な仕様は以下のとおり。

製品名FinePix F420
撮像素子1/2.7インチ有効310万画素スーパーCCDハニカムIV HR(原色フィルター)
記録画素数2816×2120/2048×1536/1280×960/640×480、動画:320×240/160×120ピクセル
記録方式静止画:JPEG、動画:AVI
レンズ5.7−17.1mm(35mmカメラ換算で38−114mm相当)、F2.8−4.8
電子ズーム640×480ピクセル時で最大約4.4倍
感度設定ISO オート/160/200/400/800相当
ファインダー実像式
液晶ディスプレイ1.8インチ微反射型CGシリコンTFT液晶(約13.4万画素)
記録メディアxD-ピクチャーカード(16M〜512Mバイト対応)
電源専用リチウムイオン充電池
サイズ77.0(幅)×69.0(高さ)×26.4(奥行き)ミリ
重さ145グラム(電池、メモリーカード別)、175グラム(撮影時)
価格オープン(実売4万円前後)


カラーリングはメタルシルバー(左)とホワイトシルバー(右)の2色が用意される

関連記事
▼ 富士写、FinePix2機種――ハイエンド向け「S7000」とコンパクト機「F420」
▼ 「一眼レフの撮影感覚を重視」――富士写、10倍ズームの「FinePix S5000」
▼ 富士写、新ハニカムCCD搭載の「FinePix」2機種を発表
▼ 銀塩フィルムのメカニズムで“白とび”防止――第4世代「スーパーCCDハニカム」
▼ 富士写,スーパーCCDハニカムIII搭載「FinePix S602」を発表
▼ 画素をまとめて高感度に--第3世代スーパーCCDハニカムを搭載した新FinePix

関連リンク
▼ finepix.com
▼ 富士写真フイルム

[西坂真人, ITmedia ]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

前のページ | 2/2 | 最初のページ


Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!